2010年01月20日

【鈴木宗男】 東京地検特捜部は仕分け対象、取り調べ可視化法案を早急に可決せよ!

日曜日の日にサンプロを見たんですが、田原さんだからこそ、この問題を扱ったんだなと見ておったんですがね。
そこでみなさん、私も8年前、メディアスクラムといいますかバッシングでねスズキほど悪いやつはいない、と叩かれましたね(笑)。
私はこうして発信する機会があるからよいけれども、一般の人が狙われたら終わりですよ。狙われたらみなさんね、どうにもならないですよ。このことをもっと緊張感を持ってやって欲しいのです。
特に検察の暴走です。私のときだって、ムネオハウスで捕まると言われていたんですよ。あのとき、偽計業務妨害罪で捕まらないと言ったのは田原さんただひとりなんですよ。他のメディアは全部、検察のリークにのって偽計業務妨害罪で捕まると言っていたんです。
ただあの日には、三井環さんと云う人が(検察の)裏金問題を告発しようとして捕まったんです。
三井さん逮捕の話題を封じ込めるために、うちのミヤノという秘書を捕まえたんです。これは何も偽計業務妨害していないんですよ。
検察は自分たちの弱みがあれば、どこかで話題をそらす、という意図でやっていますね。


緊急シンポ!「『新選組』化する警察&検察&官僚がニッポンを滅ぼす!」にて、ムネオはマイクを通さずともハッキリ聞こえる大声で熱く語った。検察なにするものぞと。

続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 22:01| Comment(3) | TrackBack(2) | 警察・検察 日本最大の犯罪集団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

小沢一郎が2月5日〜6日に逮捕!?

週明け月曜日から、マスゴミによる小沢叩きがエスカレートしている。

きのう、行われた緊急シンポ!「『新選組』化する警察&検察&官僚がニッポンを滅ぼす!」にて田原総一郎が暴露している。
民主党石川議員の拘留期間が切れた時点で、小沢の自宅と関連事務所に強制捜査が入るという情報をマスゴミは検察から情報を得た。
そこで何を見つけるのか、ということもマスゴミは掴んでいる。
今日から一斉にマスゴミが小沢批判を強めたということは、そのような検察からのダダ漏れ情報を確実にモノにしているからだ。
マスゴミというのは、単純に云いますと強い者の味方なんです。
小沢が強かった自民党時代には、一切、小沢の批判をしなかった。今回の一斉捜査が行われる前は、現場のやり方に検察トップは同意していなかった。ところが上も下も一体となって小沢憎しで必ず捕まえると決めたことで、一斉捜査となった。
完全にマスゴミと検察は一体化している。
ただ、今回の事件は検察にとって、そうとう不利な状況だ。もし有利ならば、小沢の自宅事務所を強制捜査するはずだ。なぜ西松建設から入ったのか? これには裏がある。西松建設から入れば、収賄のようなものが出てくるはずだと検察はにらんだ。ところが西松建設の事件は完全な空振りだった。検察のメンツは丸つぶれで、名誉回復のためにも、なんとか小沢を逮捕できないかとなった。
今回、もし水谷建設から小沢が5千万貰ったことが明らかになっても収賄にはならない。当時民主党は野党であり、小沢に職務権限が無いから。また、脱税にもならない。小沢を脱税で起訴するなら、もっと高額なカネを母親から貰っていた鳩山兄弟を起訴しなければならないからだ。

15日の朝、民主党石川議員が取り調べ担当検事から云われたひと言が噴飯ものだ。
「こんかいのリークは酷いな」と云っていたそうだ。
posted by 死ぬのはやつらだ at 01:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 警察・検察 日本最大の犯罪集団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

【男6人怪死事件】 千葉県警がまた失態

ワイドショーと週刊誌が大騒ぎしているこの事件。
すでに容疑者の実名がネットでは話題となっている。

男を騙して金を巻き上げるという手口は、いつの時代も古今東西どこにでもある話で、被害者も加害者もどっちもどっちだと云うのが俺の正直な感想だ。

警察のリーク情報によれば、容疑者は複数の出会い系サイトに「あなたに尽くします」などと結婚を前提とした交際をほのめかし、男性と情交、大金をせしめるという古典的な手法だ。

被害者のブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/odyy8924/32899464.html
を読むと痛々しい記述が読み取れる。
実は41歳のトマちゃんは婚活中でしてwつか今日相手のご家族と会うのです。ここ最近ずっと相手と新居を探したり新生活のことを話し合ってるんです。今夜から2泊3日で相手と婚前旅行に行きます。

婚前旅行などという言葉は久々に聞いたな。41歳にして女性は初めてだったのだろう。ミリタリープラモの腕前は相当なものだっただけに残念な結果となった。


まっ、そんなことより、問題は裏金も発覚している千葉県警だ。
千葉県警と云えば07年に英国売春婦殺人の容疑者市橋達也を逃がし、今年はストーカー殺人の仲田敬行がナイフを持ち歩いている情報を知りながら逮捕せず殺人事件となったことが記憶に新しいところだが、今回も千葉県警の失態が原因だったのだ。
10/30付日刊ゲンダイによれば、07年8月松戸市の70歳の男性が死亡した。このとき男性は容疑者の口座に7400万円を入金している。
このとき千葉県警がきちんと捜査し逮捕しておればと悔やまれる。それだけではない、今年5月野田市の80歳の男性が火災で亡くなった事件。容疑者は火事が起きた同日の午前中に男性のキャッシュカードで現金180万円を引き出し、男性はその日の午後に焼死している。千葉県警は監視カメラの映像から現金を引き出した容疑者を割り出し事情聴取をしている。ところが容疑者の「被害者にお金を引き出すよう頼まれた」という証言を信用し、180万円の行方もわからないまま釈放しているのだ。日頃、自白強要で有名な警察がどうしたのか、という皮肉な結果となっている。

千葉県警のバカさかげんは想像を超えている。裏金作る人間だけが出世し、一般職員は給料から手当てを天引きされ上司のマンション購入代に消えているとすれば、そうとう士気は落ちてやる気がなく、仕事も適当になってしまっているとしか考えられないのだ。
タグ:警察
posted by 死ぬのはやつらだ at 23:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 警察・検察 日本最大の犯罪集団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

ヘタクソな職質、練習し直そうよw



「バカ警官」「ボケナス」「バイバーイ」

よく公務執行妨害にならなかったねぇ。奇跡の映像だ。
タグ:警察
posted by 死ぬのはやつらだ at 21:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 警察・検察 日本最大の犯罪集団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多摩川花火大会でさぁw

DSCF3727.JPG
多摩川の花火、はじめて逝ったけど、恐ろしい人手で圧死するかと思った。
調べたら、観客数は60〜70万人だってさぁ!!

どうりで、バカが多く出没するわけだ。
DSCF3706.JPG
花火の写真を撮るのに、一生懸命フラッシュ焚いているのも多かったなぁw

ところで、会場には機動隊が多数動員されていた。
60〜70万人もわけのわからない大衆が集まれば暴動になると危惧しているのだろうか?
DSCF3726.JPG
写真は警視庁機動隊本部と称されたテントの模様だが(ピンボケでスマン)、幹部連中は高見の花火見物というのが実態だった。

かわいそうに、休日出勤手当もピンハネされ、裏金処理で幹部連中の懐に入ってしまうのだろうかねぇ?
タグ:社会
posted by 死ぬのはやつらだ at 11:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 警察・検察 日本最大の犯罪集団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

靖国の警備 ごくろうさまです

きょうは、敗戦記念日。
国民会議が靖国神社の境内で似非愛国者「田母神」の講演やるってんで、お盆休み返上で機動隊員の皆さんは警備に駆り出されていました。
せめて休日出勤手当は裏金にしないでキチンと貰ってくださいね。漆間の懐に入ると思うと「やってられない」でしょうから。

DSCF3605.JPG
【問題】ところで上の写真ですが、何をやっているところでしょうか?






答えを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 23:31| Comment(3) | TrackBack(2) | 警察・検察 日本最大の犯罪集団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

また日本一の不祥事県警がやってくれたわw

別人逮捕、神奈川県警公表せず 傷害容疑の男性釈放

2009年7月27日浅卑新聞

横浜市旭区で6月、男性3人が被害に遭う傷害事件があり、神奈川県警旭署が傷害などの容疑で逮捕した同市泉区の男性(26)を、「逮捕状請求の根拠がなくなった」として2日後に釈放していたことが26日、捜査関係者への取材でわかった。事実上の誤認逮捕とみられるが、同署は朝日新聞の取材に「証拠隠滅や逃亡のおそれが無く、在宅捜査に切り替えた」と説明し、公表もしていない。

 捜査関係者や朝日新聞が入手した同署作成の資料によると、6月18日午前2時半ごろ、飲食店駐車場で都内の20代男性3人が、乗用車から降りてきた20代半ばの男3人から暴行を受けた。同署は目撃証言などから容疑者の車を特定。緑色Tシャツの男が運転しており、被害者に車の所有者の男性の写真を見せたところ、この男と特定できたとして、同26日に男性を逮捕した。だが、男性が「車は知人に貸していた」などと容疑を否認したため再捜査した結果、近くの別の防犯カメラに映っていた緑色Tシャツの男は、男性とは体形などが違っていたことから同署は同28日朝、男性を釈放したという。

 資料では釈放理由を「男性を緑色Tシャツの男と特定して逮捕状を請求した根拠が無くなった」とし、「(男性と)緑色Tシャツの男は別人」「本件に関与していない可能性が高い」と記している。その一方で、報道機関の取材があった場合には、「疑いが晴れたわけではなく継続捜査中で、釈放は逃走、証拠隠滅の恐れがないため、と対応する」と明記されていた。


2日拘留されて、その損害金はイクラ?

問題は、「被害者に車の所有者の男性の写真を見せたところ、この男と特定できたとして、同26日に男性を逮捕した」の部分。
目撃証言が、いかに不確実で曖昧なものだということを示していないか?
毒入りカレー事件も目撃証言だけだろうが。
しかも死刑だ。

タグ:警察
posted by 死ぬのはやつらだ at 10:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 警察・検察 日本最大の犯罪集団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

メモ 日本一悪い奴ら こいつら全員死刑だぁ

寺崎巡査部長(捜査令状無しで室内を調査、警察庁長官賞)
橋本警部
茂串清
手塚一郎警部補
福島康敏県警技官(血液鑑定)
警視庁科警研技官 向山明孝(DNA型鑑定人)
科警研技官 坂井活子(DNA型鑑定人)
橋本文夫警視(県警捜査第一課長強行班長)
吉村武夫警視(県警刑事調査管理課)
上山滋太郎(司法解剖担当)
福島章(精神鑑定人)
田中寛(足利署長)
川田正一(捜査1課長・瑞宝双光章を受章)
森下昭雄(刑事部長)
http://cid-cb22209f5f8b016c.profile.live.com/details/
http://s03.megalodon.jp/2009-0604-1857-38/blog.goo.ne.jp/moririn317/e/9bfa919fe6b1e528292a2b207d2e4903
久保眞人裁判長(宇都宮地裁)
高木俊夫裁判長(東京高裁)
亀山継夫裁判長(最高裁)
池本寿美子裁判官(宇都宮地裁)
タグ:死刑
posted by 死ぬのはやつらだ at 11:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 警察・検察 日本最大の犯罪集団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

漆間の裏金問題をもみ消した功労で警察庁長官となった安藤氏

警察庁長官に安藤隆春次長が就任へ

2009年6月22日浅卑新聞

 警察庁の吉村博人長官(60)が辞職し、後任の第22代長官に安藤隆春次長(59)が就任する人事が22日の閣議で承認された。次長には片桐裕官房長(58)が就く。26日付。

 長官の交代は国会会期明けの8月ごろが通例だが、衆院選を控え、早期に庁内の態勢を整える必要があるとして会期中の交代となった。

 新長官の安藤氏は東京大卒。72年警察庁に入り、群馬県警本部長、警察庁官房長などを経て07年8月から現職。

 次長の片桐氏は東京大卒。75年に入庁し、京都府警本部長、警察庁生活安全局長などを経て08年8月から現職。

朝日の記事読んでも何もわからないが、この安藤氏、「自民党に捜査は及ばない」と発言した漆間が警察庁長官だった当時から次期長官と噂されていた人物。
それもそのはず、安藤氏は漆間が愛知県警本部長だった時の捜査費不正支出問題で国会での追及をノラリクラリトかわし、漆間に貢献した人物。あの毒入りギョーザの捜査責任者でもあった。
http://tazaemon.iza.ne.jp/blog/entry/494262/

そして、驚くべきことに群馬県警本部長から転じて、橋本龍太郎首相の秘書官を2年半勤めている。
自民党権力とベッタリの男である。
その男が衆院選前に警察庁長官となったのには裏があるだろう。
今日の日刊ゲンダイによれば…
警察庁長官は、総選挙で全国の都道府県警本部に対して選挙違反の摘発や、情報集約を指示できる最高ポスト。通常は国会閉会後に発令されるもので、会期中の交代は異例です。警察庁は『衆院選に備えて早めに庁内態勢を整えるため』なんて説明しているが、選挙違反に絡んだ民主の醜聞を狙った前倒し人事ではないかとみられているのです。

自民党の指示で警察庁長官が民主の選挙情報を随時報告。
これから何が起きてもおかしくない大変な状況だ!
タグ:警察 自民党
posted by 死ぬのはやつらだ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(2) | 警察・検察 日本最大の犯罪集団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

また裏金集め? けん銃110番報奨制度

DSCF3155.JPG

覚せい剤密輸の裏に道警!? 疑惑の告発者を直撃!

2007年06月07日00時01分 / 提供:日刊サイゾー
日刊サイゾー
 3月14日に開かれた国連麻薬委員会において、警察庁によって「北朝鮮に、覚せい剤工場が少なくとも3つある」との報告がなされたと、同17日に各全国紙が報じた。
 同庁の報告によれば、過去に摘発された7件の覚せい剤事犯の容疑者の供述や、押収された計約1500kgの覚せい剤の成分を分析した結果、3工場の存在が確認されたのだという。
 これらの工場で精製された覚せい剤は、さまざまなルートで日本国内に密輸入されている。その結果、北朝鮮や国内外の裏社会の資金源となると共に、多くの中毒患者を生み出しているのだ。
 ところが、こうした覚せい剤の密輸を、北海道警察が黙認していたという衝撃的な疑惑が持ち上がっている。それを告発しているのは、ノンフィクション作家の曽我部司氏。その内容は、先頃発売された著作『白の真実 警察腐敗と覚醒剤汚染の源流へ』(エクスナレッジ)に詳しく、膨大な取材量から、疑惑の信ぴょう性は高いという印象を受ける。曽我部氏の見解は次のようなものだ。
拳銃押収の実績は、ほかの検挙実績よりも高く評価され、捜査費の分配も多くなる。このため、道警は犯罪者を捜査協力者に仕立て上げ、拳銃のヤラセ押収を行った。その代わりに、盗難車の密輸出や、覚せい剤の密売・密輸入が目こぼしされ、ついには道警元警部・稲葉圭昭が自ら覚せい剤を暴力団関係者に密売するまでに至ったんです。この02年の稲葉事件がきっかけで、その背後の闇が見えてきたんです
 その闇とは、こうだ。北朝鮮で精製された覚せい剤が、ロシアマフィアを通じて北海道に密輸入され、暴力団を通じて全国に流通されている。その量は年間で数トンになるという。一方、2005年の国内の覚せい剤押収量は124・5kg。すでに流通したものを摘発するのでは追いつかないというのが実情だ。となれば、密輸入の阻止、という水際での対応が効果的なわけだが、これを警察当局は、前述の理由で目こぼししてきたのだという。
 これが事実であれば大問題であるが、道警を中心とした警察の裏金問題では大々的な追及キャンペーンを展開したマスコミは、なぜか飛びつかない。稲葉事件は、一警察官の逸脱した行為、という解釈で落ち着いている。だが、ここには、マスコミによる、警察への目こぼしが存在すると、曽我部氏は指摘する。
「道警が、記者クラブを締め付ける方向に向かったんです。マスコミは、稲葉事件についてこれ以上追及すると、ほかの事件に関する道警の情報を得難くなると考えたんでしょう。市民生活とは一見無関係なため、ニュースバリューがあるとも思っていないんです」
『白の真実』は、警察批判を結論とするわけではなく、さらに取材を進め、北海道に蔓延する覚せい剤密輸入の構造を次第に明らかにしていく。
「警察官の中には、密輸を検挙したいと感じているものの、組織が動かないためにそれができないでいる人が大勢いる。そうした人たちの期待もあると思う。この本が出版されることによって、覚せい剤密輸の摘発に向けて組織が動かざるを得ない状況に持ち込むのが、自分の仕事だと思っています」
 では、同書の内容を、道警はどうとらえているのだろうか? 道警広報課に問い合わせると「その本が出版されたことを知りませんし、その作家の方が書かれた本について何かコメントする、という立場にはありません」という回答であった。曽我部氏は、道警関係者にも多数取材を行っており、同書は道警内では波紋を呼んでいるともいわれているが……。
 道警関係者によると、「この本に書かれた情報を参考に捜査資料をつくっている捜査員もいる」という。また、警察ではなく、海上保安庁や検察が、近く密輸犯を摘発するという情報も道内では流れだしている。事件が表立ったとき、マスコミは、表層の報道にとどまるのか、密輸に絡む道警の闇にもメスを入れるのか。報道機関としての真価が問われる。     (逸見信介)


稲葉が捜査すると、なぜか拳銃が面白いように摘発されてしまう。
ヤクザを脅して拳銃を指定したコインロッカーに入れさせたりしていたんだよねぇ。

拳銃一丁挙げると、報償費が100万円出るという慣習が警察にはあるといわれてきたんだそうです。それくらい銃社会を警戒してるわけですね。でも、現場の捜査員には、数万円だって。残りは、ネコババされて署長やら幹部の裏金になるんだって。おれらの血税だぜ。
 さらにすごいのは、1993年に自主減免制度ができて、これは、拳銃を自首してもってきたら、そいつの罪を問わないという制度だそうです。拳銃の検挙数を増やそうという意図なんだろうけど、これが腐敗に拍車をかけたと。たとえば、こんな具合。
(1) Aという人間が拳銃5丁を持って自首する
(2) Aは罪に問われず、拳銃5丁のみ挙がる
(3) 拳銃5丁に対して500万円の報償費が出る
(4) 500万円はネコババされて裏金になる
(5) うまい仕組みなので、ヤラセ捜査が始まって幹部が潤う

 これじゃ、一所懸命やってる現場の人間はやってられないよね。
 北海道警の原田さんが告発を決めたのは、拳銃の報償費がらみがあまりにひどいからだったそうです。

http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/09/07/514651

ポスター刷って、裏金作りの全国展開ってわけだわなw
タグ:警察
posted by 死ぬのはやつらだ at 17:06| Comment(2) | TrackBack(1) | 警察・検察 日本最大の犯罪集団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。