2006年12月02日

実相寺昭雄 死す

「ウルトラマン」シリーズ演出、実相寺昭雄さん死去

 「ウルトラマン」シリーズなどで知られる映画監督、実相寺昭雄(じっそうじ・あきお)さんが29日深夜、東京都文京区の順天堂大医学部付属順天堂医院で死去した。69歳だった。通夜、葬儀の日取りは未定だという。

 関係者によると、実相寺さんは入院中で、容態が急変したという。

 実相寺さんは東京都生まれ。早稲田大第二文学部仏文科を卒業後、KRT(現TBS)入社。66年の「ウルトラマン」をはじめ、「ウルトラセブン」「怪奇大作戦」など特撮作品を演出。奇抜なアングル、存族的な照明を取り入れ、テレビ界に新風を吹き込んだ。(夕刊フジ)


俺は子供の頃、「ウルトラマン」から始まり、「ウルトラセブン」「怪奇大作戦」とリアルタイムで見た世代だ。

所詮ガキ向けと、いつのまにかバカにしていたが、レンタルビデオが出始め、バンダイのビデオで見なおして、その考えを改めた、実相寺が演出したものは、ガキ向けの体裁をした、実存テレビ番組であったと。

続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 04:19| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 墓碑銘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。