2009年11月21日

俺が選ぶ「日本映画・オールタイム・ベスト・テン」

キネマ旬報社は20日、雑誌「キネマ旬報」創刊90周年(1919年創刊)を記念して「日本映画・外国映画オールタイム・ベスト・テン」を発表した。映画評論家や作家、文化人の投票を集計した。

<日本映画>

(1)東京物語
(2)七人の侍
(3)浮雲
(4)幕末太陽傳
(5)仁義なき戦い
(6)二十四の瞳
(7)羅生門、丹下左膳餘話 百萬兩の壺、太陽を盗んだ男
(10)家族ゲーム、野良犬、台風クラブ

(毎日新聞)


なんだかなぁ。
浮雲、仁義なき戦い、太陽を盗んだ男、なんてぇのは同意するが…ちょっと違うんだなぁ。
俺なりの今現在の心境から来るベストテンを選考してみたぞぃ。

<日本映画>

(1)仁義なき戦い
(2)江分利満氏の優雅な生活
(3)兵隊やくざ
(4)不知火検校
(5)太陽の墓場
(6)砂の器
(7)野獣の青春
(8)“エロ事師たち”より 人類学入門
(9)狂った果実
(10)実録・連合赤軍

20080627015211.jpg20061021031520.jpgimage005.jpgkajitu.jpgtdv-16048d.jpgYouth_of_the_Beast.jpg
ラベル:映画
posted by 死ぬのはやつらだ at 20:44| Comment(11) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

【映画秘宝】2005ベスト&トホホ10で選ばれた死んでほしい奴

hiho0603.gif

中学生感覚でベスト10を選ぶ映画雑誌 映画秘宝3月号に、恒例企画年間ベスト&トホホ10が発表されたぞい。続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 04:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

『男たちの大和/YAMATO』 長渕の勘違いな唄に佐藤監督も当惑

日本一読まれない週刊誌、週刊金曜日1/6増刊号。今号は記事が充実。買いでっせ!

対談 佐藤純彌X森達也
『男たちの大和/YAMATO』は反戦映画か!?より

『男たちの大和』あとは、あなたが観て判断を 森達也

『男たちの大和』完全本のために僕が書いた原稿から、東映のチェックによって、以下の文章が削除を要求された。

日の丸をバックに「close your eyes」などと無邪気に唄う半裸の男も、本当は必要ない。「それでも この国を たまらなく 愛しているから」などの浮ついた歌詞は、佐藤純彌の渾身の思いを妨げるだけだ

まあでも、東映を頭ごなしに批判する気はない。この文章に換えて、僕は東映の宣伝戦略を批判する文章を書き、それは掲載を了解されたからだ。その意味では、東映の懐はなかなか深い。
「この国と愛する人を守るために彼らは死んでいった」とのフレーズが意味することは、「米軍への降伏は、この国と愛する人の破滅を意味する」と、彼らは信じていたということだ。
もしもそうならば、靖国に眠る英霊たちは、今この国の繁栄に目を丸くするに違いない。大和と共に沈んでいった男たちは、自分たちの映画のテーマソングのタイトルが「敵性言語」であることに、呆れて声を失うに違いない。
『男たちの大和』完全本には、パンフレットから引用する形で、作家の阿川弘之が、こんな文章を寄稿している。

この映画の観客は、彼ら乗組員が身につけていた規律、勇気、礼儀正しさ、国家への忠誠心、正確無比な言葉遣いを学ぶだろう

この映画のどこをどう観れば、「国家への忠誠心」などを学ぶのだろうと呆れたが、考えたらこのパンフは、佐藤監督が編集を終える前に、すでに印刷されている。テーマ曲も同様だ。要するに長渕も阿川も、完成された映画を観ずに書いたのだ。
所詮はその程度。佐藤監督も実は、こんな視点には当惑している。ただし対談におけるその箇所は割愛した。東映サイドから削除を要求されるだろうと予測したからだ。だからこの付記は蛇足。でも書きたかった。
いずれにせよ、映画はもう公開されている。あとは、観客、つまり観たあなたたちの判断だ。
posted by 死ぬのはやつらだ at 01:44| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。