2011年01月29日

【安田好弘弁護士】大逆事件で検察が得た地位と利権

「大逆事件百年後の意味」院内集会に逝って来た。
参議院議員会館に入るのは初めてのことだったが、予想されたとおり恐ろしく金がかかっている建物だった。警備は厳重で、ゲートを通りID証をぶら下げていなければ入館できない。もちろん爆弾やピストルを持ち込むことはできなかった。

自民党、公明党、共産党以外の国会議員も参加し、多くの人たちのリレートークが話された。その中で、安田弁護士の話を紹介する。


1989年、国連で死刑廃止の採択が可決されました。それから23年経ちました。世界の2/3以上の国と地域で死刑が廃止されています。しかし日本では依然として死刑が続いています。たとえば1人の法務大臣がこの大逆事件で処刑された12人以上の人に死刑を執行している、というようなことが現在も行なわれています。裁判員裁判が始まってまだ2年も経たないのに、すでに3件もの死刑判決が出ているわけです。
日本では依然として死刑が続いています。その執行方法も、この大逆事件とまったく同じ方法で行なわれているのです。刑法というものをご覧になればわかると思うのですが、第2章の刑法第73条が完全に欠落しております。そこには大逆罪が書いてあったんです。

天皇、太皇太后、皇太后、皇后、皇太子又ハ皇太孫ニ対シ危害ヲ加ヘ又ハ加ヘントシタル者ハ死刑ニ処ス

死刑罪です。共謀も死刑となります。そしてこの大逆罪はいまの最高裁大審院しか裁判が行なわれませんでした。1回の裁判で死刑しかない裁判が適用されたんです。
じゃあなぜ日本で死刑が廃止されないのか。それは日本には他の国と違って、死刑廃止に反対する強力な政治的集団があるからなんです。その強力な政治集団とは何か、それは法務省の検察です。彼らは徹底して死刑廃止に反対する。じゃあなぜ彼らが死刑廃止に反対するのか。いろいろと言われております。ひとつは天皇制を維持するためだ。あるいは自白強要という手段を放棄しないためだと言われております。しかし、私はそのルーツはこの大逆事件にあると思っています。大逆事件をデッチ上げた下手人の1人が当時の検事総長だった松室致ともう1人が平沼騏一郎大審院次席検事だったわけです。この2人は大逆事件をデッチ上げることによって多大な報酬を得ました。枢密院の議長にもなりました。もちろん法務大臣にもなりましたし、日本大学や法政大学の総長にもなったわけです。
しかし彼ら個人だけが大逆事件によって報酬を得たわけではないんですね。実は検察庁はこれによって大変な報酬を得たわけです。大逆事件を契機として裁判所構成法という法律を変えるわけです。どのように変えたかというと、事務総長を司法大臣と大審院院長と同格に吊上げたわけなんです。それだけじゃない、検察の絶対的優位的な地位といわれているのですが、検察が司法行政を支配するようになったわけです。つまり彼らは大逆事件、死刑というものによって彼らの絶対的な地位を得たわけです。しかしその地位は、敗戦によって変わることはありませんでした。現在もなおその地位は生きているわけです。ご存じのとおり法務省ではキャリアと言われる国家公務員の試験を受けた人はせいぜい出世しても課長止まりなんです。それ以上はすべて検察官が独占しているというのが現状なんです。私の友人に言わせればNo11までが検察だといっています。法務検察行政は彼らの手の中に握られているわけです。彼らの現在の優位的地位利権というのは死刑、大逆事件での死刑を政治的プロパガンダに使いたかった、ということの成果として彼らの利権と地位があるわけです。彼らは政治に口を出します。国会議員を次々と恫喝しかつ逮捕して政治をひっくり返しようとまでしているわけです。ある特捜部長は「額に汗して働く人たちが優遇される社会を作るのが検察だ」としているわけです。しかし私たちは検察のような役割を与えたはずは無いわけです。
私はとにかく検察を政治の場から排除する、司法を法務行政から排除すること、検察は検察の仕事だけをする。これが死刑を廃止する流れに対応し、2度と大逆事件のような事件をおこさせない道だろうと思うわけです。私たちが本当に大逆事件の意味を理解するならば、いまの日本における検察の役割を根本的に見直すことだと思うわけです。
是非皆さん、いま検察改革と言われていますけれども、このようなまやかしの改革に終わってはならないと思うわけです。検察を政治の場から放逐すること、検察を法務司法行政から排除すること、これが是非実現されることが私達の民主的な司法が実現されることだと思っています。
ラベル:検察
posted by 死ぬのはやつらだ at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪報道と死刑制度・裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

店員じゃないぞ、耳かき風俗嬢殺害事件 死刑でなくて良かったなぁ

t2009080432mimikaki_b.jpg

11/2東京新聞から……。
叫ぶ遺族「納得できない」
傍聴席で目を真っ赤にして被告の背中を見詰めていた遺族の一人は、「こんなことってない。納得できない」と泣き叫び、裁判所職員に支えられるように退廷した。
判決後、江尻美保さんの父親は弁護士を通じて「悔しくて涙も出ませんでした。人間を二人殺してこんな判決でいいのかと思います。だいたい何人殺せば死刑になるというのでしょうか。検察官にはぜひ控訴していただきたい」とするコメントを発表した。


被害者の女性は風俗嬢だろう、親として自分の娘が風俗嬢であった事実を直視できないのだろうな。
被害者のいる風俗店に一年間も通い続けた被告が、勘違いして恋愛感情をもってしまいストーカーとなるのも覚悟で働けよ。
稼ぎが良いことの裏には、暴行されたり殺されたりするリスクもあるっての考えろって。
世の中、そんな甘いもんじゃないぜ。

人殺しただけで、なんでもかんでも死刑にするなら、裁判所はいらないんだ。

もし、死刑にするなら、国民全員参加の死刑執行だろうが。死刑に賛成しておきながら、自分は手を汚さないってのは卑怯だな。
裁判員制度があるのなら死刑執行制度をつくって、くじ引きで絞首刑台のボタンを押してもらおうじゃあないの。おまけに糞尿を垂れ流してクタバッタ死刑囚の後始末も頼みますよw
posted by 死ぬのはやつらだ at 22:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 犯罪報道と死刑制度・裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

耳かき店じゃないだろう耳かき風俗店だ



遺族もよく出廷したって、被害者は耳かき風俗嬢。
よく親も恥ずかしく思わずに法廷で死刑求刑したな。
ひざまくらで耳かきするのだから、勘違いの変態やキチガイだってくるのは当たり前。風俗店で働くのならストーカーが来るのも覚悟だろうが。
俺だって、女衒商売していたときには金属バットで武装していたぞ。
ラベル:死刑
posted by 死ぬのはやつらだ at 07:52| Comment(17) | TrackBack(0) | 犯罪報道と死刑制度・裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

【判決】千葉法相に死刑を命じる



民主党政権で初の死刑執行=法相自ら立ち会う−1年ぶり、篠沢死刑囚ら2人・法務省

 法務省は28日、宇都宮市の宝石店に放火し、女性店員ら6人を殺害した強盗殺人事件で死刑が確定した篠沢一男死刑囚(59)と、埼玉県熊谷市の4人殺傷事件で死刑が確定した尾形英紀死刑囚(33)について、刑を執行したと発表した。死刑の執行は昨年7月以来1年ぶりで、民主党政権下では初めて。
 死刑廃止論者だった千葉景子法相は同日の記者会見で、死刑執行に自ら立ち会ったことを明らかにした上で、東京拘置所の刑場を今後公開し、法務省に存廃を含めた死刑制度を考える勉強会を立ち上げる意向を示した。同省によると、法相が死刑執行に立ち会うのは初めて。
 勉強会は外部有識者からの意見も聞いた上で、結果を公表する方針。千葉法相は「死刑について広く国民的な議論が行われる契機にしたい」と述べた。
 千葉法相は、死刑執行の理由について「いずれも残忍な事件で、十分な審理を経て死刑が確定した」と述べた。前回から1年となるこの時期に執行したことには「さまざまなことを考えた結果だ」とした。
 法務省によると、未執行の死刑確定囚は107人となった。
(時事通信2010/07/28-12:57)


千葉景子と云えば、成田闘争で武装闘争を展開したアカとして有名だが、そのアカも垢だったようで…今回の死刑執行で垢すりもツルツルに終わったようだw 法相として日本初の死刑執行立ち合いによって言い訳としたかったのがミエミエだぁ。

驚くべきことに千葉は法相就任直前まで「死刑廃止を推進する議員連盟」に所属していた。国営放送7時のニュースでは、自眠党の大島幹事長が「落選した方が死刑執行に判を押したことに違和感を感じる」、
死刑廃止を推進する議員連盟の亀井代表が「千葉さん、あなたまでもか」と発言していたが、どちらの意見にも大いに同意する。

自眠党長期政権の時代から歴代法相のポストには、派閥の長とか国会の名物男などという権力パワーのある者ではなく、「この人誰?」と思ってしまうようなどうしようもないバカか存在感のない人物を据え置くということになっている。法務官僚のいいなりになる人物が望まれるからだ。なぜ政治家は法務省のいいなりになるのか。もし、それに反すればいつでも東京地検特捜部が伝家の宝刀を抜かれる恐怖が待っているからだ。そのことを自民党は田中角栄逮捕の時に学んでいるし、民主党も執拗に小沢起訴に執着する法務省=検察トップからの嫌がらせにダメージを受けている。

千葉法相なんぞ、今回の参院選で落選した人物。法務省でも使い勝手の良い法相として死刑執行なんぞお手の物だったのだろう。

千葉法相には清く自殺を望む。自己の思想をねじ曲げても死刑を執行したからにはそれなりの覚悟があったはずだ。
覚悟の際は、日本の死刑制度にならってロープを使用した首吊りを強く希望する。
ラベル:死刑
posted by 死ぬのはやつらだ at 19:48| Comment(3) | TrackBack(2) | 犯罪報道と死刑制度・裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

酒鬼薔薇事件にまつわる流言飛語!?

きのう、ある集まりで食事しながら雑談していると、話の流れは忘れたが、ある人が「酒鬼薔薇が地域にいるという回覧が姉の家に回ってきた」というトンデモナイ話ポロッとした。
その人は具体的な地名を挙げたが、ココでは伏せておく。

もし本当だとしたら、法務省関係者か警察関係者による意図的な情報リークということも考えられる。
事件当時も、『FOCUS』には、少年の犯行記録ノートや神戸市教育委員会の指導要録など、本来なら外部に流出するはずのない資料が次々と掲載されるなど、この事件は法務関係者による情報流出が以前より問題となっている。

また、そのような回覧が回ってきても、なんら疑問に思わない地域住民の民度の低さは救いようがない。
posted by 死ぬのはやつらだ at 21:19| Comment(5) | TrackBack(0) | 犯罪報道と死刑制度・裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

師走らしい風景


タクシーの1日の売上なんぞ、たかが知れたものだぞ。
posted by 死ぬのはやつらだ at 04:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 犯罪報道と死刑制度・裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

死刑囚が結婚相手を募集しているぞ

現在最高裁に上告中の死刑囚が結婚相手を募集しているので、これはまたとないチャンスと考える女性はドンドン応募してほしい。

〒814−8503
福岡県福岡市早良区百道2−16−10
福岡拘置所

北村孝紘



実は、コンビニのエロ本コーナーに置いてある漫画実話ナックルズが本人に面会して頼まれたことなんじゃワレッ!

続きを読む
ラベル:死刑
posted by 死ぬのはやつらだ at 19:08| Comment(7) | TrackBack(0) | 犯罪報道と死刑制度・裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

裁判員しながら覚せい剤 あると思います!


のりピー容疑者に覚せい剤容疑で逮捕状とはビックリマンモスw
最高裁が7000万円の血税を使い作成した映画「審理」は覚せい剤容疑者の酒井法子を主演としていたのが悲惨だ。
実はこの映画、最高裁のHPで観る事ができたのだが、現在は削除されているw
http://www.saibanin.courts.go.jp/news/video.html

それにしても、今回の裁判員初判決だが、不安は的中して厳罰化が加速した印象をもった。
問題なのは量刑理由の冒頭に遺族の処罰感情挙げたことだ。
これまで処罰感情は量刑理由の最後の方で触れられていたが、今回の判決では冒頭に置かれた。裁判員が遺族感情を重視したからだろう。
いままでなら慣例で検察側の求刑に対し「8掛け」と云われてきたが、今回はほぼ検察の主張通りになった。
おかげで検察側はバン万歳。
東京地検の青沼隆之特別公判部長は「合格点。準備、努力が報われた」と手放しで喜んでいる始末だ。
遂に日本は、眼には眼を…などという古代の稚拙な法体系に逆行してしまった。しかも裁判員制度という世論の後押しでだ。

新聞の見出しを見ると良い、
「市民の判決」成し遂げた

その市民が曖昧にしたことがある。
殺意の程度を立証する事実として、検察側は「被害者を刺した後、ナイフを持って被害者を追い掛けた」と主張し、弁護側は「歩いて帰った」と真っ向から対立していた。
これまでの判決では、双方の主張を併記した上で、片方の主張を退けた理由を説明したが、今回は触れられることなく、検察側の主張を採用した形になっている。
被害者側の落ち度も触れられずじまいで、一方的に検察の主張を鵜呑みにした判決ではなかったか?
容疑者のオッサンが控訴するのも当たり前だ。一方的に殺したのが悪い、被害者は何もしていないことになっているのだから。


一般の人にすれば、殺人者=人でなし、という素朴な感情があり、被害者の遺族が法廷で主張できるとなれば冷静な判断なぞ無理なことだというのが立証された形であろう。
残念ながら、この国では加害者家族は裁判所で主張ができないことになっている。一方的に被害者遺族だけが主張できるのだ!!!


今回、裁判員に選ばれた61歳のオッサンの裁判後の発言が象徴している。
「遺族の気持ちを考えると、少しでも早く結論を出すことが、国ができるせめてものことだ。記憶が鮮明なうちにやった方がいい。4日間は適切だったと思う」
冗談じゃない。人の一生を左右することを単純に短ければ良いなんてふざけるなと云いたい。
このような主張を多くの国民が国民が持っているとすれば、この国の60年以上にわたる民主主義はなんだったのかと云いたい。

少なくとも、俺は、こんな爺に裁かれたいとは思わない。
ラベル:裁判員制度
posted by 死ぬのはやつらだ at 21:54| Comment(11) | TrackBack(3) | 犯罪報道と死刑制度・裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

茨城・土浦9人殺傷に死刑判決はあり得ない!

去年3月のJR荒川沖駅でナイフを振り回し切りつけた無差別殺傷事件。
もう忘れられたべなぁ。


週刊朝日6/12号に被告人との手紙による100問100答が載っている。

Qなぜ事件を起こした?
自殺のためです
Qなぜ自殺しなかった?
A事件そのものが自殺のプロセス。自分で自分を直接殺せないから、間接的に殺すんです
Q無差別に狙った理由は?
A純粋なる殺人のため、差別は存在しません。だから無差別なんです。ガキだろうがジジィだろうがオンナだろうが、死刑になるための生贄になってくれれば、誰でもいいんです

これ読む限り、死刑制度のおかげで1人が殺され7人がケガを負わされたんだよ。
死刑の所為で殺されたんだ。

死刑を希望して人殺しをした人間に死刑判決を下すというのはどうだろうか?
犯人の望みを叶えるための死刑制度なのか?



Qセックス経験はあるの?
A夢でなら

とりあえず、オきンコしていれば無差別殺人しようと思わなかったかもなぁ。
オきンコしたくて、無差別殺人で死刑になろうなんて思わなかっただろうさ。
ラベル:死刑
posted by 死ぬのはやつらだ at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 犯罪報道と死刑制度・裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

DNA鑑定で17年半収監 裁判官や警察に検事に死刑を



科学は正しいという「妄信」がなかったか? あくまでも科学捜査の結果は、犯人と断定する決定的な証拠にはならない。
しかも、菅家さんが逮捕された時のDNA鑑定精度は100〜150人に1人の確率だった。
しかも、このような精度の低いDNA判定を証拠とされたものが173件あまりで、その中で死刑執行をされた者がすくなくとも1人いる


1人でも殺せば「死刑」なんだと訴える人間は、この事件をどう考えるのか?
もし、菅家さんが死刑の判決を受けていたらどうなっていたのか?
無実の罪で国家権力により虐殺されていたのだ


毎日12時間以上の取り調べ。
白状しろ、お前がやったのはわかっているんだ
体を揺すぶられ、肘鉄砲をくらわされた拷問だった。

俺は、この事件に関わった警察、検察、裁判所の関係者は少なくとも全員懲役17年半に値すると思うがどうよ?


91年の逮捕から17年半の長い拘置・服役生活を送ってきた菅家さんは、無罪が確定すれば、名誉回復のための手続きを取ることができる。刑事補償法は無罪判決を受けた場合、拘置や懲役の日数に応じ1日1000〜1万2500円の補償金を支払うと規定している。
たぶん菅家さんには満額の1万2500円/日が払われるだろう。トータルで7000万円ぐらいにはなるはずだが、これは年額に換算すれば450万ほど。
これは全国の平均賃金よりも遥かに安い金額だ
国家賠償法で菅家さんは訴えると思うが、過去、これによって警察や検察の責任を認めたことは皆無なのだ。

残念ながら、これが自由と民主主義を守る我が日本政府の現実だ

そして、時効制度によって、幼女を殺害した真犯人はのうのうと生きている可能性がある。


当時、DNA鑑定をセンセーショナルに報道したマスゴミの責任も問われるものと考える。
posted by 死ぬのはやつらだ at 16:46| Comment(9) | TrackBack(1) | 犯罪報道と死刑制度・裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。