2006年01月04日

戦争屋 英首相チャーチル

第二次世界大戦時、イギリスのチャーチル首相が、インドの独立運動を率いたマハトマ・ガンジー氏を死に至らせようとしていた事実が、保管されていた文書により明らかになりました。

フランス通信がロンドンから伝えたところによりますと、1日日曜公表されたイギリスの保管調書によれば、チャーチル元首相はガンジー氏が拘留所で、ハンガーストライキを行なってもそれを止めてはならないとの命令を出していたとされています。

またこの中では、第二次世界大戦中、ガンジー氏が、イギリスの植民地主義政策に反対し、インドの独立運動を創始したことを理由に身柄を拘束されていた際、チャーチル元首相は、彼を他の囚人と同様に扱い、ハンガーストライキが継続された場合、そのまま死に至らせるよう命じた事実が明らかにされています。

http://www.irib.ir/Worldservice/japaneseRADIO/news.sun.htm

ことし元旦の、イラン国営放送のニュースである。

これは、なんら驚くに値しない記事だ。チャーチルは第1次大戦後、アフガンとクルドの治安回復の為に毒ガスを使用している。当時のインド総督からは反対があった。それにチャーチルは激怒する。

未開人たちに毒ガスを浴びせるのは気分がよくないという心境は理解できん。それが多くのイギリス人の命を救うのだぞ。これは優れた科学の成果なのだ。」

そして、チャーチルの最大の犯罪は、ヒトラーの第三帝国を支援したユダヤ資本ロスチャイルドの代理人となって、ヒトラーとの戦争を仕掛けたマッチポンプの張本人ということである。
続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 10:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 世界の支配者ロスチャイルド家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。