2008年05月14日

マスゴミは連赤事件をどう伝えたか

事件当時の浅卑新聞より…

DSCF0603.JPG
発掘された金子みちよの遺体と断言している点に注意。

推測するに、遺体発掘の現場は意図的に公開され、若者の連合赤軍への嫌悪感を増幅させる役目を新聞各社は結果的に担うこととなった。




DSCF0604.JPG
写真は、金子みちよが埋められていた穴。わざわざ警官が指を指している点に注意。
冷酷な独裁者、森」と断言している点に注意。


DSCF0606.JPG
警察は遺体の発掘現場に森と永田を同行させた。
「ふるえとまらず 森」「横向きダンマリ 永田」
このときの見出しにあるように、森は自殺することにより世間的に許され「良い人」となり、永田は「非情な人間」という汚名を1人で背負うこととなる。


DSCF0608.JPG
「チョッピリ女らしさをみせてきたといわれる永田洋子」
あまりにも偏見に満ちた表現だ。これのどこがアカイのか? 
朝日が、体制側の新聞であったことの証拠だ。
腰縄がハッキリ写っていることにも注意。


DSCF0609.JPG
我が子が無事保護された新聞記事を留置所内で見せられた山本保子。
このような写真が堂々と掲載されたことが信じられない。と言いながらブログでUPしているのだがw
警察とすれば、してやったりでニンマリだったろう。


DSCF0610.JPG
DSCF0611.JPG
DSCF0612.JPG
これでもか、これでもかと、永田への蔑視に満ちた記事が延々と続いていた……

週刊文春(写真中)のジャネット・リンの写真に注目。「トルコ初体験都市広島」ってのもイイネ。女性自身(写真下)の「小円遊夫妻が蒸発離婚」ってのも凄いなw



その中で、ほっとした広告が……
DSCF0613.JPG
泉谷しげる 23才。すでにハゲの前兆が見られる。
posted by 死ぬのはやつらだ at 20:26| Comment(12) | TrackBack(1) | マスゴミ/メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
朝日が左翼なんてウヨの妄想を真に受けているだけ。新聞は「売らんかな」で成り立っていることは、冷静に考えればわかることですよね。そんな中でもいい記者は朝日にも読売にも産経にもいる。それだけのことと思っております。

それにしても、朝日の一面広告で泉谷しげる大プッシュというのも、時代性もあるのでしょうがすごいですね。下が少し欠けていますがエレック社の広告でしょうか?
Posted by 宇宙人 at 2008年05月15日 17:53
ライラちゃんはきちんと育てられたようで、よかったですね 
 
Posted by 蟹型円盤 at 2008年05月15日 19:42
ブル新はブル新です。常に反革命です。

ところで、いくら殺されても、一人も殺すな、の後藤田警察庁長官の命令は功を奏しました。一人でも殉教者が出ていればその後の展開は替わったものになったかも。
Posted by イカレポンチ at 2008年05月15日 20:00
>下が少し欠けていますがエレック社の広告でしょうか?
そうエレックの広告です。全面広告とはスゲー時代やね。

>一人でも殉教者が出ていればその後の展開…
そう。連合赤軍は無傷で逮捕が基本方針。すでに、ベースでの「総括」もわかった上での作戦。
世論はまんまと騙されました。
坂口同志が、外に向けてメッセージを出していれば……と思ったりもします。
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2008年05月15日 20:14
こうしてみると犯罪報道は昔も今も日本マスコミ(他の国も大同小異ですが)の有力コンテンツですね。犯罪報道見直しも期待できません。
新聞社・ニュースサービス・NHKは新卒は原則事件記者ですし、民放も記者職はまず事件記者からスタート(女子アナ上がりの記者も同様)。

この社会にしてこのマスコミあり。
Posted by ゴルゴ十三 at 2008年05月16日 10:08
7年後に三菱銀行で人質事件起こした梅川サンはあっさり射殺されたわけだが
Posted by ike at 2008年05月16日 15:24
そうです。新米は事件記者として警察番。警察の垂れ流しを疑いもせず垂れ流すだけですから。簡単な仕事ですね。

梅川事件、射殺の次の日から何もなかったように銀行が営業されていたことが思い出されます。
中では行員同士で辱めを受けていたというのにね。
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2008年05月16日 21:28
>7年後に三菱銀行で人質事件起こした梅川サンはあっさり射殺されたわけだが

現実世界でもですけれど、この時期(70年代末〜80年代初頭)のtv「刑事ドラマ」でも、やたらと警察側が発砲しまくり、犯人は逮捕ではなく射殺が原則なのではないかと思わせるものが多数放映されてましたね(「大追跡」「大都会シリーズ」「大激闘(マッドポリスシリーズ)」「西部警察シリーズ」他多数)。

警察権力に歯向かう者は殺す、という権力側の意思を一般国民(視聴者)に刷り込む意図でしょうか?
Posted by 傍観者A at 2008年05月17日 06:36
この頃から、石原軍団という銃撃戦シリーズが蔓延。
犠牲者はいつも警察でしたね。
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2008年05月17日 19:45
リンチの遺体は群馬県警が「見つけた」と言われているが、長野県警が前日?に発掘し、再度埋め戻したと当時地元の警察とパイプのある人間が話していたのをきいたことがある。
発見現場は群馬だから、長野県警が見つける訳にはいかなかったのだろうが。

リンチ殺人が報じる前までは、連赤救援の街頭カンパは結構集まった。今だったら無理だろうが、当時はそんな時代だったと思う。
Posted by 日和見 at 2008年05月18日 16:19
>、長野県警が前日?に発掘し、再度埋め戻した

それは酷い話!

>リンチ殺人が報じる前までは、連赤救援の街頭カンパは結構集まった
実は、朝日新聞の社説も、あさま山荘事件の件は、罪は許さないが、若者がこうせざるを得ない日本の社会状況も批判しておりました。それが「総括」が暴露された時点でガラッと論調が批判一辺倒に変わりました。
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2008年05月18日 17:27
さらば革命的世代 - トピックス - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/topics/politics/7581/plt7581-t.htm

産経の連載も垂れ流しているサヨクの低迷は学生運動の内ゲバに始まるというのは嘘で、総評が降参して連合に入ったナショナルセンター再編こそ最大の原因だと思います。

60年反安保闘争敗北後に反代々木派が学生運動組織から政党に脱皮できずに学園闘争に突入したことも大きいですが。
参考>旧ブント指導者だった経済学者・青木昌彦スタンフォード大学名誉教授
日本経済新聞「私の履歴書」2007年10月連載
Posted by リストマニア at 2008年06月15日 16:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

若者に見放されたゴミメディアの新聞、読まない理由は「ネットで十分」
Excerpt: 1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/10/14(日) 17:51:43.41 ID:xz/WIe0H0 ?2BP(1000) 毎日、新聞(朝刊)を読んでいる人はどのくらいい..
Weblog: 【2ch】ニュース速報嫌儲版
Tracked: 2012-10-15 00:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。