2008年05月06日

昭和5年で時が止まった駅 鶴見線「国道」

近年の鉄道ブームによって、脚光を浴びている(?)鶴見線に乗ってみた。

DSCF0619.JPG
鶴見線の始発駅は鶴見駅。他のJRの駅と比べると広告がなくて、殺風景な感じを持つ。
良くいえば、ドームが古いヨーロッパの駅のようだが…


DSCF0621.JPG
始発駅でもあり、終点でもあるので、車両止めがある。


DSCF0632.JPG
目的の国道駅だ。
だいたい、駅の名が「国道」ってのが!!
開業当時は埋立地が出来たばかりで、周囲になにもなかったらしい。当時から駅横を走っていた第1京浜国道からとったとか……


DSCF0627.JPG
ガード下が住居になっているのだ。
「阿片窟」のようなコワーイ雰囲気。それもそのはず、黒澤の映画「野良犬」の舞台になっている。


DSCF0630.JPG
いつまでやっていたのか? らしさ漂う不動産屋の看板


DSCF0628.JPG
ギャーッ!!


DSCF0624.JPG
DSCF0626.JPG
こういう場所に、一番似合う「共産党」だ。
ここから特高にしょっ引かれて拷問で獄死した人がいるかもww。


DSCF0623.JPG
ホームに上がる階段から見える風景。


DSCF0625.JPG
やっているのだろうか、それとも連休で休みなのか?……


DSCF0629.JPG
外壁の窓は、昭和モダニズムを感じさせます。

気がつかなかったのですが、駅の正面には、大戦中に米軍による機銃掃射で受けた銃弾の後が生々しく残っているそうです。


ラベル:横浜 共産党 昭和
posted by 死ぬのはやつらだ at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 新・日本紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
神奈川に住んでいますが、こんな路線

があるとは知りませんでした。




Posted by 名無し at 2008年05月07日 02:44
俺も鉄道ブームで知ったしだいです。
ちなみに鶴見線は全駅無人駅です。
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2008年05月07日 17:03
私の父が単身赴任してる先の最寄駅

(栃木の田舎)ですら駅員が一人

いるのに。神奈川県に無人駅があるのが

驚きです。
Posted by 名無し at 2008年05月07日 22:36
俺も無人駅に驚きました。

あと、この鶴見線は、米海軍厚木基地へジェット燃料を輸送するのにも使用されております。

Posted by 死ぬのはやつらだ at 2008年05月08日 07:56
鶴見線といえば、片側が海になっている海芝浦駅が絶景じゃない?

国道駅周辺は、あさりの剥き身屋さんが多かったと思う。
Posted by kuroneko at 2008年05月11日 14:57
>国道駅周辺は、あさりの剥き身屋さんが多かったと思う。

あたりは、どこにでもある風景がつづき、風情も何もありませんでした。
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2008年05月11日 21:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。