2007年10月08日

米帝が擁護するスー・チー女子は希望の星なのか?

a33.gif

今回のミャンマー連邦でのデモ騒動。

日本人って同胞が殺されないと、海外での悲劇に興味を持たない、ということが露呈したな。

ブッシュが、事件が起こってすぐに非難声明をだした。

なぜだ?

いままで、多数の独裁政権を南米や中東で支持し、支援してきた米帝が、なぜミヤンマーだけ非難するのか?

週刊新潮10/11号に元ミヤンマー大使の興味深い手記が載っていた。



書いたのは元ミヤンマー大使の山口洋一氏。95年から3年間、ミヤンマー大使を務め、退任以降もほぼ毎年訪問しているという。

手記の内容をまとめてみると、

●報道される反政府デモの数字は誇大。実際スー・チー女子自宅前の集会を日本のメディアは3000〜4000人と伝えていたが、大使館職員に数えさせると、実際は500〜600人。メディアは反政府運動の規模を数倍、酷いときは10倍も誇大に報道している。

●スー・チー女史は、アメリカから、資金的、物質的な援助を受け、さらに政治的な指示を仰いでいることは、広く国民に知られている。イギリス植民地時代の苦い経験から、ビルマ国民ほど外国勢力との結託に嫌悪感を抱く国民はいない。

スー・チー女史は、私が大使時代、アメリカの国務長官だったオルブライトと朝な夕なに連絡を取り、軍政に抵抗するよう指導され、アメリカの政府や支援団体から資金や物資の提供も受けていたのです。
かつて、ミヤンマー政府は国内外の記者を集めた会見の席で、スー・チー女史宛にアメリカから違法に運ばれてきた通信機器を国境で差し押さえたことを発表しました。が、この事件は国外で殆ど報じられることはありませんでした。


日本では、中国がミャンマー連邦とガスパイプラインの契約を交わしたことだけが報道されているが、すでにアメリカのユノカル社とフランスのトタル社がガス・パイプラインを取得している。ユノカル社といえば、思い出した人もいるだろうが、あのアフガニスタンでガス・パイプラインの利権を獲得した会社だ。この投資には10億ドルを投資している。
アメリカのカリフォルニア州とフランスでは、このパイプライン建設に強制労働が課せられてとして、ユノカル社とトタル社は、強制労働させられた村人に訴訟を起こされた。両社は強制労働への関与を否定していたが、和解。数百万ドルが支払われたと言われている。
これら外国企業の投資は、イギリス領のタックスヘブンであるバミューダ諸島を通して行われているといわれている。
ちなみにイギリスのミャンマー投資はEUで一番となっている。ミャンマーを訪れる観光客もイギリス人が一番。ミャンマーとの貿易額は年間70億円。これもEUで一番の額となっている。

そして我が日本からの直接投資は2億1千5百万ドル(1988年〜2006年5月までの累計)。

我々の血税で軍政を支えていることを忘れてはならない。




【ミャンマー基礎情報】http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/myanmar/data.html


posted by 死ぬのはやつらだ at 22:22| Comment(6) | TrackBack(2) | 独裁者天国 アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山口というアホはミャンマーで3年間だけ働いてミャンマーのことをすべて分かるように書いていた。そいつは間違いなくミャンマー軍事政権から金をもらって書いたものだ。スーチーさんの国民民主連盟は1990年選挙でビルマ全国85%支持を得たという結果を見るだけで、ビルマの国民がスーチーさんのことをどれだけ好きか分かります。長井記者を殺したのはビデオの映像を見て分かるはずです。ビルマ国民をそういう風に殺してることは当たり前のことです。国民民主連盟のメンバーたちがこの前のデモで一般の国民にデモに参加するようにお金を払っていたとありますが、国民はそんなにお金を持ってないです。
ミャンマー軍事政権のトップの娘の結婚式のDVDを見たことない?沢山ダイヤモンドなど着けていた。軍事政権のトップは独裁者だ。ミャンマーには自由、民主主義がないことを分かってるのにその記事を載せたことはおかしい。その記事を載せた週刊新潮の皆さんも頭のどこかが壊れてると思います。
実は山口洋一はミャンマー軍事政権の独裁者タン・シュィの娘と不倫してることをあなたたちは知らないです。
是非私のコメントを載せてください。

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Posted by アウン・ミャッ・ウィン at 2007年10月18日 02:47
>海外での悲劇に興味を持たないのはどの国の人間も同じだろう

と思っていること自体が外国に興味ない証拠かもね。
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2007年10月18日 06:56
>実は山口洋一はミャンマー軍事政権の独裁者タン・シュィの娘と不倫

これ、本当だったら興味深いネタだね。

Posted by 死ぬのはやつらだ at 2007年10月18日 06:59
>スー・チー女史は、私が大使時代、アメリカの国務長官だったオルブライトと朝な夕なに連絡を取り、軍政に抵抗するよう指導され、アメリカの政府や支援団体から資金や物資の提供も受けていたのです。

「強き光あるところに濃き影あり」
(ゲーテ)
Posted by ストライカーボルト at 2007年10月26日 01:21
スーチーがどういう人物であるかどうかはさておき、その人物をビルマの民衆が選挙でもって選んだことと、それを軍政が軍事力でもって阻止しているという事実にもっと目を向けたほうがいいと思う。

どんなニンゲンでも、叩けばホコリが出るもんだしな。

てか、合州国がスーチーの肩を持つのは、たんに他の国で評判を落としていることの巻き返しの道具として使っている面もなきにしもあらず。
利権のほとんど発生していないビルマについてはやりやすいんだろう、きっと。
Posted by シミット at 2007年11月10日 19:41
天然ガスパイプラインの利権はでかいよ。

お忘れなく。

Posted by 死ぬのはやつらだ at 2007年11月11日 18:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

You can't fool all the people all the time.
Excerpt: ビルマ軍部、デモ現場で亡くなった日本人記者の“真実隠蔽” ある日本人ネチズンが「長井記者のカメラを返せ」とインターネットに掲げた写真「空のビデオテープ」、「核心部分が抜けた死体剖検報告書」。取材..
Weblog: 薫のハムニダ日記
Tracked: 2007-10-12 13:09

What's Going On in Burmese?
Excerpt: ミャンマー軍部、韓国大使館のインターネット遮断 市民は銃口を避けて“ゲリラ・デモ” 今のミャンマー(ビルマ)は世界から孤立した“島”のようなものだ。 ミャンマー軍事政権は、軍部統治に抵抗..
Weblog: 薫のハムニダ日記
Tracked: 2007-10-12 13:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。