2007年07月24日

『報道規制』 警視庁記者クラブが報じない事件とは!?

マスゴミは真実のみを客観的に伝える…そんなのは嘘だっての皆さんは先刻ご存知だと思うが。
その根源が先進諸国でも例の無い記者クラブ制度。こんな現状で、「北の国」の報道規制を批判してもダメだべや。

以下、コンビニでエロ本の棚にならぶ漫画実話ナックルズ9月号の記事「警察官不祥事が報じられないワケ!!」より。


●ホームレスの変死は記事にならない
理由は、ホームレスの変死を記事にしたら、社会面がホームレスの記事で埋まってしまうから。それぐらい多くのホームレスが変死しているってこった。たとえ殺人でも警察発表のベタ記事で終了。
これは、ホームレスだけに限らない。不良同士のケンカもそう。いちいち取り上げていたらきりがない。

●ホテルの自殺は絶対にNG
東京のホテルじゃ、自殺とか日常茶飯事。しかも高級ホテルでだ。ところが、高級ホテルは年間の新聞広告がデカイ。警察発表で他殺の可能性があってもホテル名は出せない。

●マルセーの案件はご法度
報道規制で最も多いのが精神障害者が容疑者となっている事件。警察ではマルセーと呼んでいる。
精神科の通院歴があれば、実名は勿論のこと事件そのものがなかった事になる。

●もちろん最大のタブーは警察の不祥事
警官の贈賄に覚醒剤常用、児童買春、痴漢に盗撮、そして裏金…ありとあらゆる悪事を警察は行っているが、これらの犯罪が日の目を見るのはごく一部だ。なぜなら記者クラブを出入り禁止にされたくないからね。警察に嫌われたら最後、いわゆる「特オチ」を覚悟しなければならなくなる。記者が一番困るのは、他の新聞が報道しているのに自分とこだけが警察からの情報を聞けず、報道に乗り遅れてしまう「特オチ」を出すことだ。
その責任は重大で、読売新聞の記者は坊主頭にされ、中日新聞なら左遷となるから恐ろしい!
特オチされた記者は、週刊誌にネタを流すことで、その憂さを晴らすというケースもあるようだ。

●報道の優先順位
事故よりも事件。男による殺人よりも女が関わる殺人。男が男を殺すより、女が男を殺す事件。成人女性より幼女。単独犯行よりは複数。単発で行う犯行より連続する事件。「報じるバリュー」ってのが問題となる。つまり、いかにして一般大衆が喜ぶような事件となるかが重要視されることとなる。

誰も興味の無い記事は読まれない、部数も減る。よって、この国では過去も現在も、海外に関する報道がトップとなることはマレとなっている。

ああ、素晴らしき哉、大新聞社のエリート記者たちよ……


ラベル:マスコミ 警察
posted by 死ぬのはやつらだ at 21:03| Comment(6) | TrackBack(1) | 犯罪報道と死刑制度・裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
分かっていましたが、改めて納得と言った所です。一般大衆はこういう報道を見て「未だ下がいる」と納得させること。江戸時代以来何ら変わっていません。海外事情は一部のエリートのみ知る。
Posted by ゴルゴ十三 at 2007年07月25日 07:56
 報道の自由の擁護を目的としたジャーナリストによる国際NGO、国境なき記者団がおこなった世界報道自由ランキング(昨年)でロシアは168か国中147位。ちなみに日本は51位……
 もっともっと低い気がするけどなー。
Posted by 本間康二 at 2007年07月25日 12:44
実は大新聞系列でも「記者クラブ」の問題について批判的に取り上げたところがあります。
それはAERA。すげー意外ですが。もう15年以上前の話ですけどね。
当時、マスコミ界に衝撃が走ったとか。
しかしその後、スタッフが大幅に入れ替えられ、編集長の首がすげ変わり、
タイトルロゴまで変わって、AERAはすっかり骨無し雑誌になってしまいましたとさ。
やれやれ。
Posted by ちょっと失礼 at 2007年07月25日 14:19
記者クラブを廃止したのが、当時長野県知事だった康夫ちゃんでしたね。

道警の裏金問題を追及した社会部は解体され、全員栄転となりましたとさ……
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2007年07月27日 18:35
警視庁捜査1課担当の元記者です。
私もコンビニでたまたまナックルズの記事を読みました。正しいところ、間違っているところ、何が問題なのか分からないところ(それがマスコミの傲慢なところと叩かれそうですが)ありました。

●ホームレスの変死は記事にならない
これは正しいです。新聞は紙面、テレビは尺(時間)に限りがあるので、ホームレスの変死は確かに扱いが小さくなりますね。でも、当然といえば当然ではという気がしあす。これに少年犯罪が絡むと扱いは大きくなります。

●ホテルの自殺は絶対にNG
これは嘘ですね。基本的には自殺自体の報道がNG。ただ、有名人や話題性のある自殺や、他殺の可能性がある場合には報道します。沖雅也(新宿某ホテル)や新井将敬(品川某ホテル)の自殺も当然報じました。それにホテルの広告なんて大した額じゃないですし。

●マルセーの案件はご法度
これは事実。ただ、漫画のようなシチュエーション(マルセイが人を刺して逃走中)のような場合は、警戒を促すために警察も積極的に情報提供しますし、こちらも報道します。

●もちろん最大のタブーは警察の不祥事
微妙だなー。神奈川県警の不祥事を時事通信の社会部がえぐりだして、新聞協会賞を取っているのでタブーとはいえない。ただ、この問題を担当したのは警察担当記者ではなくて遊軍。いわゆる担当を持たない記者。警察担当記者は事件にばかり目がいっているので、あまり警察不祥事に関心がないという側面もあるし、いつもお世話になっている人たちのことをあまり書く気になれないのも事実。

それから特オチが怖いのは本当。警察不祥事というよりは、捜査が微妙な段階でマスコミが報道したことにより、ホシが自殺したり、逃亡を図られたりした場合には、その社は課長への取材が出入り禁止。そうなると特オチの可能性も。でも、通信社の記事配信を受ければ特オチはありえない。
中日は知らないけど、読売の坊主は“ここ最近”はない模様。ただ、いまは東北の某支局で行われていると聞いている。

●報道の優先順位
これは当然でしょ。

それから漫画にあった、キャリアに話を聞くなんていうのも嘘。「踊る大走査線」じゃないんだから、1課にキャリアなんてほとんどいません。確かに規制線を張っている警察官に聞くなんてありえませんが、普通、取材のネタ元はノンキャリ現場叩き上げの管理官や係長です。

Posted by KC庁元記者 at 2007年07月29日 03:52
KC庁元記者殿
貴重なご意見ありがとうございます。これからもよろしゅう。
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2007年08月01日 18:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

小泉氏から安倍氏へ
Excerpt: このエントリーのコメント欄でpokopongさまが、「たぶん、コイズミ後継は小沢一郎が最適で・・・」といっていたことに触発されて、コイズミからアベという推移は何なのかを考えてみます。 http://..
Weblog: みんななかよく
Tracked: 2007-07-25 16:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。