2004年04月23日

「自己責任」はどうした!「自国の歴史に誇りをもとう」という輩に限って、不埒者が多い矛盾

<国民年金>中川経産相ら3閣僚が保険料を未払い

年金不払い国会議員問題に取り組む

「年金不払い国会議員を知ったとき、この政治家では日本を誇りに思う子供は育たないと危機感を持った」年金不払い国会議員問題に取り組むことになったきっかけを昭一議員はそう振り返ります。昭一議員は、超党派の国会議員で組織した「年金不払い国会議員を考える超党派の会」の会長を務めました。
 昭一議員の立場は一貫しています。「日本のためにがんばろうという健全な精神を養う政治家を」「年金未払い議員に年金改革を叫ぶ資格なし」ということです。
 日本の未来を託す子供たちには、年金の歴史に誇りと愛情を抱くようになってほしい。そうした願いから昭一議員は今後も活動を続ける気持ちを固めています。
本当に、戦前戦中の日本帝国の「復活」を願う外道に多いな、嘘つきや言動不一致の輩が。

例えば中川はこうへたれ言ってるぞな。


歴史教科書問題に取り組む

「子供の教科書を読んだとき、この教科書では日本を誇りに思う子供は育たないと危機感を持った」。歴史教科書問題に取り組むことになったきっかけを昭一議員はそう振り返ります。昭一議員は、超党派の国会議員で組織した「歴史教科書を考える超党派の会」の会長を務めました。
 昭一議員の立場は一貫しています。「日本のためにがんばろうという健全な精神を養う教科書」「教科書の採択は教育委員会の手で公正に」ということです。
 日本の未来を託す子供たちには、自国の歴史に誇りと愛情を抱くようになってほしい。そうした願いから昭一議員は今後も活動を続ける気持ちを固めています。

http://www.tfcc.or.jp/govem/nakagawa.html

------------------------------------------

国民に保険料支払いを求める政府の閣僚から未納者が発覚し、保険料の引き上げを盛り込んだ年金改革関連法案に反対する野党側は「21年間払っていない中川氏は悪質。政府は法案を出す資格はない。(未納の)閣僚を辞めさせるか、法案を出し直すかだ」(野田佳彦・民主党国対委員長)と批判。同日午前の衆院厚生労働委員会は、民主党が中川氏らの出席と答弁を求めたため、たびたび中断した。

 また、福田康夫官房長官は小泉純一郎首相と自身について「60歳当時は納付している」と述べたが、
!260歳以前に関しては「答えは差し控える」と回答を拒んだ。

茂木敏充沖縄・北方担当相も「少なくとも(93年7月に)国会議員になってからは支払っている」と述べ、以前に未加入の期間があったかどうかは「コメントはここまでにさせてください」と答えなかった。

 ◇国会議員は「自営業者」扱い

 国会議員は「自営業者」扱いになり、国民年金に加入することになる。以前は適用除外や任意加入の時期があったが、
!2国民基礎年金が創設された86年4月以降はすべての国民が強制加入となり、国会議員にも保険料の支払い義務が生じている。

 国民年金保険料は、未納率が02年度に前年度比8・1ポイントも上昇し、37・2%に達している。政府は今国会に提出した年金関連法案に、現在月額1万3300円の国民年金保険料を、来年4月から毎年280円ずつ引き上げ、2017年度に1万6900円で固定する案を盛り込んでいる。

 しかし、国会審議でも国民年金の「空洞化」が問題となり、民主党が閣僚らの保険料支払い状況について報告を求めていた。【堀井恵里子】

!2小泉首相、問題視せず

 小泉純一郎首相は23日昼、3閣僚が国民年金保険料を納めていなかったことについて
!2「今後、直せばいいでしょう。みんなうっかりして(家族に)任せていたんじゃないですか」と問題視しない考えを示した。
首相自身に未納分がないかと聞かれ「ありません」と否定した。首相官邸で記者団の質問に答えた。(毎日新聞)
[4月23日14時37分更新]
------------------------------------------
近間で祭だわな。 投稿者:bamobamo1  投稿日: 4月23日(金)12時59分27秒

中川、青嵐の息子、麻生、これまた金満、イシバ、モデラーの取り合えずの3人、国民年金支払っていなかったとよ。中川なんか議員になってから、この方ぜんぜんみたいだな。5年しか訴求できないはず。内閣のほかの香具師も欠落期間あるみたいだな。国民叩く前に、テメーの事自浄しろってことで。


posted by 死ぬのはやつらだ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 自民湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

【アンマン=横田一成】
カタールの衛星テレビアルジャズィーラは15日夕(日本時間午後夜)、
「サラヤ・アルムジャヒディーン(聖戦士の部隊)」を名乗るイスラム武装集団に拘束されていた邦人3人が解放されたと報じた。

拘束されていたのは非政府組織(NGO)代表の今井紀明さん(18)=札幌市西区宮の沢2条2ノ3ノ24、
フォトジャーナリストの郡山総一郎さん(32)=東京都杉並区高円寺南5ノ37ノ19―101、
ボランティアの高遠菜穂子さん(34)=北海道千歳市上長都1058=の3人とみられる。

3人はイラク・イスラム聖職者協会の保護の下にあり、健康状態は良好と言う。
解放場所は首都バグダッド。
Posted by 通りすがり at 2019年04月28日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。