2007年02月28日

アカ教師に告ぐ

卒業式で「君が代」のピアノ伴奏を拒否した教師は、国賊となったのである。

一、今カラデモ遅クナイカラ学校ヘ帰レ

二、石原都知事ニ抵抗スル者ハ全部逆賊デアルカラ射殺スル

三、オ前達ノ父母兄弟ハ国賊トナルノデ皆泣イテオルゾ
戒厳司令部

上記のビラが飛行機より帝都上空から撒かれた。

そして、以下の内容がラジオ放送された。




訴えは退けられたのである。既に最高裁判所により、君が代伴奏命令は『合憲』とされたのである。
お前たちは自分の思想を正しいものと信じて、誠心誠意活動して来たのであろうが、既に最高裁判所の判断によって、お前たちは学校に復帰せよと仰せられたのである。此上お前たちが飽く迄も「日の丸・君が代」に抵抗したならば、夫は国家に反抗することとなり、国賊とならなければならない。
正しいことをして居ると信じていたのに、それが間違って居ったと知ったならば、徒らに今迄の行懸りや義理上から何時までも反抗的態度を取って、日本に叛き、国賊としての汚名を永久に受けるような事があってはならない。
今からでも決して遅くないから、直ちに抵抗をやめて「日の丸」の下に復帰する様にせよ。そうしたら今までの罪は許されるのである。
お前達の父兄は勿論のこと、国民全体もそれを心から祈っているのである。
速やかに現在の思想を棄てて帰って来い。

戒厳司令官 石原慎太郎


君が代伴奏命令は『合憲』

教諭の敗訴確定

 東京都日野市立小学校の入学式で、君が代伴奏を拒否したことを理由に戒告処分を受けた音楽科の女性教諭(53)が、「伴奏を指示した校長の職務命令は、思想・良心の自由を保障した憲法一九条に違反する」として、都教育委員会に処分の取り消しを求めた訴訟の上告審判決が二十七日、最高裁第三小法廷であった。那須弘平裁判長は「職務命令は原告の歴史観や世界観を否定するものではない。思想・良心の自由を侵害せず合憲」とする初判断を示し、教諭側の訴えを退けた。教諭側敗訴の一、二審判決が確定した。

 判決は五裁判官のうち、那須裁判長(弁護士出身)と、上田豊三(判事出身)、堀籠幸男(同)、田原睦夫(弁護士出身)の各裁判官計四人の多数意見。藤田宙靖(ときやす)裁判官(学者出身)は反対意見だった。

 国旗掲揚と国歌斉唱をめぐっては、教諭が処分の取り消しを求めたり、起立や斉唱の義務がないことを確認するための訴訟を全国で起こしており、初めてとなる今回の最高裁判決は、こうした訴訟に大きな影響を与えるとみられる。

 判決はまず「教諭は、君が代が過去の日本のアジア侵略と結びついており、伴奏したり、子どもに歌わせたりできないという思想を持っているが、伴奏を求める職務命令は教諭の歴史観や世界観を否定するものではない」と指摘。その上で「入学式や卒業式で君が代斉唱は広くおこなわれており、ピアノ伴奏は教諭らに通常期待されている。伴奏を命じることは特定の思想を強制したり禁止するものではなく、児童に一方的な思想や理念を教え込むことを強制するものでもない」とした。

 教諭は一九九九年四月、当時勤務していた日野市立小の入学式で、校長の職務命令に背いて君が代の伴奏を拒否。斉唱はテープ伴奏で行われた。都教委は同年六月、命令に従わなかったことを理由に教諭を戒告処分にしたため、教諭は二〇〇二年一月、処分取り消しを求め提訴した。

 一審東京地裁は〇三年十二月、「公務員は職務上、思想、良心の自由が制約されることがある」と請求を棄却。二審もこの判断を支持したため、教諭側が上告した。日の丸・君が代をめぐる教諭による訴訟は、少なくとも東京、福岡の両高裁、東京、横浜、広島の三地裁で係争中。原告の総数は八百人を超える。昨年九月には東京地裁が「君が代斉唱の強制は違憲」とする判決を出していた。(2007.02.28東京新聞)


我々は、この判決を忘れないでおこう。そして、最高裁判所裁判官国民審査の際は、藤田宙靖(ときやす)裁判官以外は、全員に×をデッカクつけてやろうじゃないか。

そして、今度から卒業式の「君が代」は↓でいこうぜ!!



posted by 死ぬのはやつらだ at 09:30| Comment(8) | TrackBack(5) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国歌はこのバージョンがいいっすねえ。
Nステとニュース23の動画が見たい!
Posted by 死神 at 2007年02月28日 17:29
帝都東京の司令官に刃向かおうとしている
浅野某も戒厳令下において斬殺すればよろしいのでしょうか?閣下(笑)
同じような視点で書かれておられるので、
私のほうが恐縮しております。
2.26事件を題材にされてるのは見事であります。
勝手ながらリンクも貼っております。

最高裁にクラスター爆弾ですね。
Posted by JUNK at 2007年02月28日 20:46
そういや、二二六でも本当のワルはその後も高い地位にいたままだったんやなかった?
Posted by 阿保屋 at 2007年03月01日 00:00
「き〜み〜が〜あ〜よ〜お〜は〜〜」を
「わ〜〜〜が〜あ〜よ〜お〜は〜〜」と歌うのが好きです。

我が世は 千代に八千代に 以下略。

卒業式で大声でこう歌ったら、思慮深き都教委の方々はどう判断されるんでしょうかねえ。
三十二文字中の二文字を変えただけですが、まさか百パーセント原曲通りじゃないと歌ったとは勘定しない、とか?
そうなると、伴奏途中でピアノを間違えたらどうなるんだろう?
ブラスバンドの演奏で音を外したり、リードミスやらかしたら、まさか退部とか?
Posted by レビア at 2007年03月01日 03:15
私も音楽やってた頃があって、君が代演奏のデキで上手下手がわかるという法則がありました。
私なんかパンクでニート入ってましたから退部は愚か非国民!?
Posted by 死神 at 2007年03月01日 22:29
当然、生徒や教師に歌うことを勧め、その歌いっぷりを監視監督する都教委のみなさまがたは、完璧な音程完璧なリズムをもって、君が代を熱唱なされることができるのでありましょう!
まさか国歌をきちんと歌えないようなやからが教育委員会に属し、学校行事を監視するような役目につくはずはありますまい!
ダムの採点機能でチェックだ! 女医サウンドでも可!
Posted by レビア at 2007年03月02日 00:20
いやあ、面白いです。
オマエタチノ…のくだり、実に愉快なパロディー。サイト主さんのセンスを感じます。
でも…今はまだ愉快、面白いで済んでいますが、この判決を機にますます学校現場で日の丸、君が代強制が強まることが予想されます。その意味、歴史は全く教えずにです。
つい10年くらい前だったらこんな判決は絶対出なかった。それはこの国の確実な右傾化を現しています。今ですら皇族に関する批判はネットで総攻撃に遭って(なぜか雅子さんに対しての批判はネトウヨで頻出)黙らずを得ない状況にあります。ここもそうでしょうが、リベラル系サイドはネトウヨの標的に遭い、良識ある発言はほとんど封じられている状況です。
逆にネトウヨサイトに書き込むと、2度目から書き込み禁止。嫌なんだろうな、まともな意見が。
その意味でリベラルサイトを守っていきましょう。良識派はどんどん書き込もう!
Posted by リベラル応援団 at 2007年03月02日 05:49
ポンニチ政府とそのシンパが「日の丸」と「君が代」にこだわり続ける事は例えていうならドイツが未だに「ナチス」を標榜しているようなものかと。
Posted by 亜凡怠夢 at 2007年03月02日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

君が代伴奏命令
Excerpt: 君が代伴奏命令は合憲、教諭の上告棄却…最高裁初判断 歌を命令したり禁止したりするのは人間に対する冒涜である。 (追記)大切なことを忘れていた。 我々は、この判..
Weblog: ++つぶやき手帳++
Tracked: 2007-02-28 20:08

日野市の小学校で98年に君が代伴奏拒否をした教員、名誉回復ならず
Excerpt: http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/20070228k0000m040095000c.html 君が代伴奏拒否:卒業、入学式シーズン目前の判決..
Weblog: 月よお前が悪いから
Tracked: 2007-02-28 20:59

予想された判決ではありますが・・・
Excerpt: 君が代のピアノ伴奏命じた校長の命令は合憲 最高裁判決(朝日新聞)  東京都日野市立小学校の99年の入学式で「君が代」のピアノ伴奏をしなかったとして戒告処分を受けた女性音楽教諭が、都教育委員会を相手に..
Weblog: 非国民通信
Tracked: 2007-02-28 23:27

誰のための卒業式なのか〜君が代斉唱自体への疑問はないのか?
Excerpt:  朝日新聞によると、【東京都日野市立小学校の99年の入学式で「君が代」のピアノ伴奏をしなかったとして戒告処分を受けた女性音楽教諭が、都教育委員会を相手に処分取り消しを求めた訴訟の上告審判決が27日、あ..
Weblog: 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士
Tracked: 2007-03-03 04:20

多みんぞくニホン、ナチス、自由民権運動
Excerpt: 2007.3.3.01:50ころ おばんどす。 本日お送りするのは、以前、  オ
Weblog: 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
Tracked: 2007-03-03 15:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。