2007年01月27日

チェイニー副大統領VS米多数党院内総務ペローシ民主党議員

ペローシ議員が勝利したのだが、その内容は……

現政権を笑い飛ばせるCBSテレビがあるだけ米帝はマシかも。
それにくらべて、安倍政権を笑うことすらしない日本の報道番組。

テレビ局職員のみなさん。映画「グッドナイト&グッドラック」をお手本にしてチョ。
http://www.eigaseikatu.com/title/15033/
posted by 死ぬのはやつらだ at 17:40| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 悪の帝国アメリカ・日米安保という虚構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっと古い話ですが、この記事を読んで飯沢匡の「武器としての笑い」(岩波新書)を思い出してしまいました。
日本人の“笑い”とは昔からどのようなものであったのか、大変興味深く読める本です。
安倍シンゾーの唱える“美しい国”が良ぉ〜く判ります。
Posted by 亜凡怠夢 at 2007年01月29日 20:27
偶然ですが、年末に古本屋で飯沢匡「武器としての笑い」(岩波新書)を買いました。

黒柳徹子が、ブーフーウーの作者飯沢匡の妾で子供までいたことを知ったときは驚きました。
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2007年01月30日 01:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック