2006年12月08日

爆裂都市

映画の暴動である。

まさか、これが陣内って思う人も多いと思う。ルースターズの大江は、この映画撮影中に狂っていったし、いまや作家の町田町蔵もキチガイで出演。金髪レスラー上田馬之介に臓物投げ込みスターリン! 泉谷しげるに戸井十月、コント赤信号も「兄きーっ」と決めている。

まあ、とにかく、これ見てぶっ飛ばないのはインポ野郎と断言しよう。

陣内、ここに出演しているグルーピーとうまくやったべな。
posted by 死ぬのはやつらだ at 22:43| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画/邦画・アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやぁ懐かしいっすね。
僕は15年前レンタルビデオでこれを見つけ、早速ダビング、繰り返し見てました。スターリンが絶好調の頃、メンバーも黄金期のミチロウ、シンタロウ、TAM、イヌイ・ジュンというラインアップで。ミチロウの台詞にはやはり東北訛りが抜けてない。
普通に喋る大江と池畑も楽しいし、陣内の化粧顔も圧巻。80年代インディーズの愛好家にはたまらない一本ですな。
ちなみに先日、DVDが出てたので衝動買いしました(笑)
Posted by 市川電蔵 at 2006年12月09日 18:02
当人たちは「昔のコトです。」とコメントしそう・・・・。
Posted by 破門闇八朗 at 2006年12月10日 19:28
そのDVD、東映が石井監督に連絡なしに勝手に発売したもので、監督は憤慨しております。
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2006年12月11日 00:45
町田町蔵といったらこの替え歌。同名のトンデモ右翼ガールズ・パンク・バンドを揶揄したものだ。
Posted by 大橋 at 2006年12月11日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。