2006年12月08日

放火テロの右翼が最後に食べた蕎麦屋はココ

http://hojinasi.exblog.jp/2559387/
あづま食堂

山形県鶴岡市神明町4-11 地図

全焼した加藤代議士実家の前! 「鴨汁麦きり」が旨そう。



ラベル:山形 右翼 テロ 蕎麦
posted by 死ぬのはやつらだ at 22:13| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | ネトウヨに負けるな右翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
文字ばけ?
Posted by 草井雲竹斎 at 2006年12月08日 23:59
僕は学生時代この街に住んでました。加藤事務所(精三会館)の近くにある運転代行でバイトしてましたんで、この食堂も知ってますが、当時は古臭いとこでしたがね。
そのうち訪れてみたいんですがね、思い出の鶴岡市。
Posted by 市川電蔵 at 2006年12月09日 18:06
市川電蔵殿、代行のバイトしていたんですね。

運転代行って、東京や横浜にあるのかいな? 見たことありませんが。

札幌にはたくさんありますね。なんせ居酒屋に駐車場が当たり前の土地柄。

ちなみに山形県って、昭和40年代は貧しくて、ラーメンがご馳走だったらしいですよ。来客には出前ラーメン振舞っていたそうです。

Posted by 死ぬのはやつらだ at 2006年12月11日 00:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。