2006年09月16日

天皇制と対峙しない偽善障害者乙武を討て!

偽善障害者乙武のブログが炎上している。
http://sports.cocolog-nifty.com/ototake/2006/09/post_f549.html

この偽善障害者は、障害者の存在を否定する天皇制を批判しないことで存在している。

過去にわたって、歴代の天皇で障害者がいないのはなぜか?

皇室典範で、障害を持つ者が事実上天皇に即位できないことを、なぜ批判しないのか?

五体不満足をネタにマスゴミに持ち上げられている偽善障害者乙武は、その事を弁明する義務があると考える。



ラベル:障害者 天皇制
posted by 死ぬのはやつらだ at 16:45| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 叛差別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか違うんじゃないか?彼に義務を課す権利がどこにあるというのだ?
怒り狂う対象をちょっと変えてみたらどうなんだ?もし、お前が乙武氏を殴ったら、今度はお前をぶん殴ってやる!
お前は一体どこを叩いているというのだ?こんな言い方が共感を呼ぶと思っているのか!ふざけんな!
Posted by パルタ at 2006年09月16日 19:31
>お前が乙武氏を殴ったら、今度はお前をぶん殴ってやる!

余りにも稚拙かつ皮相なところで息巻くお前をぶん殴ってやる!
Posted by 敢えて匿名で at 2006年09月16日 20:49
きっとあなたは皇室典範の第一条第三章のことを言っているのだろうが、事実上天皇に即位できないって言うからには、それなりの前例なりソースがあるんだよね?
だいたい何度読み返しても
「障害者の存在を否定する天皇制を批判しないことで存在している。」
の一文は日本語的に意味不明
Posted by 丸 at 2006年09月16日 22:47
乙武氏自身が、
「ボク障害者だけど、そんなコト関係なく生きてゆけるよ」というポーズをとりながら、
実は障害者であることを最大限利用した生き方をしてるもんな…
まあそういうやり方を許す我々も我々だが。
(最初の著書「五体不満足」をベストセラーにさせちゃう時点で)

しかし肝心のブログは正直何が言いたいのか
分からんレベルだな。
子供の障害の有無にまで思いをめぐらせてのことなのか、
それとも単純に「直接の知り合いでもない人」の子供の誕生まで、
自分のことのように喜ぶ人への違和感からなのか。

まあ今の彼のありようを成立させているのも、
そういう「世間」なわけだが。
Posted by るるい at 2006年09月16日 22:51
ひょんな事で、たどりついた。
ここは・・・と、しばし考えた。

ひとつだけ。
「ネジ式」じゃーないが、
腕にネジつけ、生きて、
根源をさぐりあて、
たった一本の根さえ抜くことが出来れば・・それは崩壊する、と思うのだが・・。
それまで、いろんな「個」へ向かっても、
おそらく、解はないでしょう。
<迷いこんできましたが、右も、左も、いきどまり、です。>
Posted by 階段の下 at 2006年09月16日 23:53
一つだけはっきりしている事はやつらだ氏は差別と偽善に対して猛反対だという事。
無論私も同じですが。
Posted by 亜凡怠夢 at 2006年09月17日 19:31
>「ボク障害者だけど、そんなコト関係なく生きてゆけるよ」というポーズをとりながら、障害者であることを最大限利用した生き方

乙武氏のスタンスは、障害を隠すのではなくポジティブに捉えようというものだろうから、結果的に障害の側面が前面に出るのは矛盾ではないのかもしれません。
本人が前面に出そうとせずとも、嫌でも目立つということもあるでしょうし。

問題なのは、乙武氏のように障害(「障害者」ではなく)をポジティブに捉えない人間(障害者含む)は悪、偽善者、といった固定観念が形成されてしまったことかな、と思います。
下手をすると、障害に苦しんでいる人を放置する方向に繋がりますから。
自分は乙武氏の著書を読んだことはありませんし、これは乙武氏本人というよりも読者たちの責任なのでしょうが。
Posted by 観客 at 2006年09月19日 00:22
>この偽善障害者は、障害者の存在を否定する天皇制を批判しないことで存在している。

氏のかってじゃないのか?

>過去にわたって、歴代の天皇で障害者がいないのはなぜか?

どうでもいいことじゃないか。

>皇室典範で、障害を持つ者が事実上天皇に即位できないことを、なぜ批判しないのか?

ご皇室の自由じゃないか。

あんたは人のうちの長男に障害があるって理由で、家を継がせなかったら、批判するわけか?

自分の気分で障害のある人や、家族に障害を持つ人の気持ちに少しも配慮する事無く、
すき放題なことを書いてるんじゃないよ。

何の権利があってご皇室やおとたけ君を批判しているのか。
何様のつもりだ。

お前の人を批判する精神のほうが異常であり、障害になっていることに気づけ。
Posted by キューピー at 2007年08月11日 17:57
>>皇制批判……
> 氏のかってじゃないのか?
>>歴代の天皇で障害者がいないのは……
> どうでもいいことじゃないか。
>>障害を持つ者が事実上天皇に即位できない……
> ご皇室の自由じゃないか。
> あんたは人のうちの長男に障害があるって理由で、家を継がせなかったら……

 いちいちわたしも同感だ。
 ただ、こんなことでもなければ、行くこともなかった乙武サイト。そもそも問題のリンクには、マックの低バージョン、エクスプローラーではアクセスできずフリーズしたし……。
 しかし、やっと見つけて最新のページに行って読んだが……。

 あなた、これ面白い?
 彼の生活がどこから見えてくる?
 頭には、彼の姿、障害が見えてくるのに、この文章はなんなんですか? 以前にくどいほど書いてあるから省略しているのかと思った。7月30日、25日、3月26日、21日……やっと出てきた。

 タイトルは「教師になります」
 4月より、東京都杉並区が……
 私のような障害を持った人間を教員として雇うことに対しては……
 それだけ。
 なんなの、これ? わたしは自分が障害者としても、あんな障害を持つ人がどう工夫して、奥さんはどんな役割で、さらに周囲はどんな手助けをして……そういう姿が見たかったのに。
 なんなの、この人。
Posted by 本間康二 at 2007年08月11日 20:17
障害者による、天皇制批判って、俺の知っている限り、本間さんだけだ。

先月だっけ、天皇と皇后さんが苫小牧の知的障害者に慰問?に訪れた映像を6チャンネルの「皇室アルバム」(俺はこのシニカルなお笑い番組のファンだ。ほぼ毎週正座して観ている)で観た。

嫌な表現だが、両陛下が何もわからず接している障害者に微笑んでいる様子が、かなり痛いものに思われた。

Posted by 死ぬのはやつらだ at 2007年08月12日 20:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック