2006年07月18日

日本マスゴミが報道しないWカップでの醜悪な人種差別

wallpaper_800x600.jpg

Wカップでは、「武士道」で馬鹿騒ぎの惨敗ニッポンであったが、このドイツ大会を通して、人種差別反対キャンペーンがあったことは、日本のマスゴミは伝えていない。

肌の色が「黒い」というだけで、フランス国内で人種差別にあってきたアンリ選手(今大会での活躍は素晴らしかった)の願いで反人種差別キャンペーンが大会前に欧州のテレビで流された。
http://www.nike.com/standupspeakup/en/home.jsp?page=home

週刊金曜日によれば、FIFAは今大会で、反人種差別キャンペーンを実施してきたが、決勝トーナメント1回戦のフランス対スペイン戦で「競技場にバスが着くと、猿の鳴き声でチームの黒人選手が罵られた」(仏ドメネク監督)ほか、観衆から移民系選手に対する中傷が絶えなかったため、準々決勝の2日間を「反人種差別の日」と指定。試合前に選手たちが宣言文を読み上げていた。

FOOTBALL AGAINST RACISM IN EUROPE
http://www.farenet.org/

posted by 死ぬのはやつらだ at 04:13| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(1) | 叛差別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジダン選手の事件に関しても示談はないと思われ。
Posted by 亜凡怠夢 at 2006年07月18日 12:21
週刊金曜日を読んでいる人、初めてみました。

先日たまたま見た毎日新聞の社説ではその黒人選手の件について触れていましたよ。

たしか、「日本代表がこのような差別に晒される日はまだ遠いだろうが」みたいなことが書いてありました。さもありなん、惨敗ニッポン。
Posted by Ts at 2006年07月18日 14:14
日本人は単一民族だと思っているから、こういうアホが絶えないんですね。
Posted by 今村 at 2006年07月18日 22:24
人種差別キャンペーンはTVで何度か目にしましたが・・・
まあ大々的ではありませんでしたけど,
伝えていないという程ではなかったかと.
Posted by お名前: [必須入力] at 2006年07月19日 00:56
全くフランスって国は口ではえらそうなくせに酷い差別する国ですね。本当に嫌な国です。
Posted by 日本はまだましかなぁ at 2006年08月10日 00:44
それでも日本よりは数倍マシなのがフランスですね。
福祉や年金制度など、貧乏人が住みやすい。
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2006年08月11日 18:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20954044

この記事へのトラックバック

2006W杯
Excerpt: 世界最大のスポーツイベント、W杯。ブログでも盛り上げませんか?
Weblog: 共通テーマ
Tracked: 2006-07-18 20:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。