2006年07月11日

【ミサイル騒動】制裁決議の次におこる悲劇

北のミサイル発射演習のニュースは、イタリア対ドイツの試合の最中で知った。

まあまあ、それからの報道の酷いこと。弾頭がないのに着弾と報道した朝日新聞。テレビでは、北海道稚内沖などと報道されていたが、落下したのはロシア沿岸。テロ朝テレビでは、金英男さんを金正男と表示、日本の報道記者と会見などと、失態を演じていた。

情けないのが、拉致シンゾーの会見。日刊ゲンダイの記事によれば、シンゾーはまず早朝6時18分から1回目の会見を行い、3度にわたり、北朝鮮から何らかの飛来物が……≠ニ未確認飛行物体として発表していたが、その時、米CNN放送は、3発目はテポドンです≠ニ具体的に伝えていた。2回目の8時20分の会見の時には、4発目、5発目が発射された≠ニ言っていたが、その最中に6発目が発射されていた。記者からどこから発射されたのか≠フ質問に対し、シンゾーは確認中≠ニ言うだけであったが、米CNNはすでに東海岸から≠ニ報道していた。
米帝は3日前から、ミサイル発射の情報をつかみ、緊急警備体制に入っていたようだ。

日米安保条約は、有効に機能していたのか? 重要な情報を、友軍の米帝からほとんど知らされていないことが暴露されたことになる。

弱小独裁世襲社会主義国家の北朝鮮に対する、制裁決議案が日本政府によって国連安保理に提示されたが、それをやるなら、北の3日後に発射されたインドの中距離大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試験発射はどうなるのか?
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/07/10/20060710000019.html

米帝にヘイコラしておれば、制裁されないダブルスタンダードは許されない。当然、インドにも制裁決議がスジだろうが……。

もし、制裁決議が通った場合、拉致被害者の全員が処刑されることはかなりの確率で行われるだろう。すでに死んでいると、北の公式発表ではなされているのだから。

家族会に、その覚悟ありや??




posted by 死ぬのはやつらだ at 22:09| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | 北の国から 韓国・北朝鮮・在日朝鮮人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本海−世界が認める名称

 この広報動画は、「日本海」という名称が確立した歴史的経緯や、この名称に関する国際機関の見解等、いわゆる「日本海呼称問題」の全般像について紹介するものです。政府としては、「日本海」の名称の正統性について、引き続き国際社会に訴えていきます。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/nihonkai_k/meisho_douga.html
Posted by 日本海−世界が認める名称 at 2006年07月14日 16:47
インドはミサイル発射凍結なんて条約も宣言も、やっていないでしょう。
北朝鮮は平壌宣言で、ミサイル発射をしないって、約束しました。
(因みに日米のミサイル発射については言及していないから、日米が発射しても違反にはならない)

だからインドは良くて、北はだめなのです。

ついでに言えば、制裁決議をしなければ、拉致家族が帰ってくると、お思いか?

制裁をすれば家族が処刑される危険があるなんて、『救う会』は百も承知。それを覚悟で主張されているのだ。

もはや藁にもすがる思いの家族会。『経済制裁』と言う毒か薬か分からない物でも飲みたい、と言うお気持ちなのです。

それを、悪戯にふみにじるな!
Posted by さざなみ at 2006年07月18日 06:20
中国も嫌々ながら北朝鮮への決議に賛成したようですね

インドのミサイル発射に決議案を出さない中国。
なんででしょうね?
なんでだと思います、管理人さん?
この場合、中国にもスジを通せというのがスジですよね?
Posted by 道夫 at 2006年07月19日 00:04
ふざけんなよ

一体何様のつもりで家族会に対して上からもの申してるんだよ
Posted by nanndaka at 2006年07月19日 00:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

強硬姿勢の裏側
Excerpt: 死ぬのはやつらださんの記事を読んで背筋が寒くなった。 もし、制裁決議が通った場合、拉致被害者の全員が処刑されることはかなりの確率で行われるだろう。すでに死んでいると、北の公式発表ではなされている..
Weblog: Tomorrow is Another Happy
Tracked: 2006-07-12 12:55

強硬姿勢の裏側
Excerpt: 死ぬのはやつらださんの記事を読んで背筋が寒くなった。 もし、制裁決議が通った場合、拉致被害者の全員が処刑されることはかなりの確率で行われるだろう。すでに死んでいると、北の公式発表ではなされている..
Weblog: Tomorrow is Another Happy
Tracked: 2006-07-12 12:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。