この記事へのコメント
彼の親爺の河野洋平も、昔自民党が野党に転落して脱党者が相次いでいた時に総裁となって自民党を支えた。
そして自民党の政権復帰に尽力しながら自らは総理の座を望まなかった。

そんな父に似て彼も自民党ー保守の良心だと思いますね。

親爺は偏狭な右派から売国奴ばわりされて攻撃をうけた。
河野太郎も同じように攻撃して孤立させるなら自民党も保守も終わってますね。
Posted by グレコ&ロ-マン at 2011年05月14日 10:06
河野洋平の政治的後継者である牧島可憐(かれん)・自民党神奈川17区支部長も立ち位置を考えると阿部知子、福島瑞穂の後釜として社民党で良かった気がします。阿部知子は藤沢市片瀬山在住のエスタブリッシュメント。
湘南台で小児科診療所=医療法人のオーナー。
ライバルの神山洋介議員(私と同い年)が松下政経塾OBで凌雲会、前原の子分なので許しがたい。広末涼子の従兄、三村和也(同い年で東大法学部卒の元経産省官僚)も。
河野洋平、加藤紘一、白川勝彦らは今なら社民党ですね。
白川勝彦氏なら「人権派」弁護士とレッテルを貼られることが無いので私も債務整理で3年前から(事務所ができて間もなく)お世話になっています。もし刑事事件の被疑者(加害者)になった場合も。


Posted by ゴルゴ十三 at 2011年05月14日 22:43
簡単に言えば自民党のイメージアップ要員なんでしょう、結果として。

河野もそれをわかってて自分の役割を演じているのかも。父親も似たタイプですが、ある野党政治家から「あんたのおかげで自民党が票を伸ばすなら、あんたは結果として国民を騙していることになる」と言われ、離党を決意したのだとか。

太郎にそれができなければ、父親以下でしかないですね。

私は冷めた目で見ています。
Posted by aoshimada at 2011年05月15日 22:37
> 簡単に言えば自民党のイメージアップ要員なんでしょう……

 はげしく同感。
 バカなハリウッド映画が真似しそうな、プロパガンダの初歩の初歩!
 これの政党版が民主党(笑)。
 いま、その引き立て自民党と喧嘩してるカッコしてるけど、日本民族滅亡の危機に瀕して、命懸けで政党の本分……というより「どうせ死ぬなら最期くらいはカッコ良く」(笑)とあざとく目ざめたであろうことを、暁に祈る!
Posted by 本間康二 at 2011年05月16日 01:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200934148
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

福島第一、飯舘村の汚染濃度はチェルノブイリの26・5倍から5・5倍
Excerpt: 文部科学省が初めて公表した東京電力福島第1原発から半径80キロ圏内の地表の放射性物質による汚染地図。 福島第一原発から北西方向に放射性物質の汚染が広がり、計画的避難区域外の居住域でも高濃度の汚染..
Weblog: 逝きし世の面影
Tracked: 2011-05-14 10:20

東電メルトダウン発表で、メディアの「安全」宣伝もダウン
Excerpt: 『福島第一原発1号機は底抜けらしい』 福島第一原発で一番事故対策が進んでいると言われていた1号機ですが、1時間当たり8トンもの大量の水を入れても本来の燃料棒の水位に達しないような致命的な破損の程度..
Weblog: 逝きし世の面影
Tracked: 2011-05-16 10:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。