2011年04月05日

【植垣康博&山平重樹】赤軍派と革命左派の違い

昨日、新大久保のネイキッドロフトのイベントから。

革左=革命左派=マジメ=党派的
赤軍派=いいかげん=義理と人情=無頼派
この水と油のような2つの組織が合同するということ自体が間違いであった。

植垣氏「革命は真面目にやってはダメ。祭りなんだから。革命というものは起こすものではなく、起きるもの。その時にどういう行動をするか」
posted by 死ぬのはやつらだ at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンバレ左翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>革命は真面目にやってはダメ。祭りなんだから。

これ、なんかすごく納得できます。
そして、革命には美の要素も必要である、とも思います。
Posted by pulin at 2011年04月06日 05:53
 ヤフー掲示板で見た投稿です。

>福島原発の放射線漏れで大騒ぎになっています。そのうちに大量の放射性物質が東京まで流れてきて、東京も危険になるかもしれないと心配されていますが、天皇ご一家が東京にお住まいになられている限りそういう心配はないでしょう。

 天皇陛下は元々国民の事を深く思いやられて、何事も国民を第一にお考えになっておられます。

 従って、仮に東京に飛んでくる放射性物質が危険な値に近づいても、天皇ご一家は殆どの都民が安全地帯に避難するまで、宮城に踏みとどまって国民をお励ましになられることでしょう。

 また、毎年夏にご静養にいらっしゃる那須御用邸は、福島原発から100kmほどの距離にあり、東京と福島との距離の半分ほどですが、おそらく今年の夏も那須御用邸にご静養においでになって、放射性物質の危険性がない事を身をもってお示しになられる事でありましょう。

 天皇はいつでも国民とともにありです。ご自分だけ安全地帯に避難される事は、太陽が西から昇る事はあっても、絶対にないでしょう。

 多くの人に読まれるようにこの文章を拡散することをお願いします。
Posted by 井上 at 2011年04月06日 11:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/194436057
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。