2006年05月27日

亀井静香よく言った「国民のほとんどはアホ」[週刊金曜日]

まさにその通り。この国の国民はアホでありバカなのである。まあ、大衆というものは、そもそも、そんなものだと思ったほうがよいのかもしれんがね。

ヒトラーは偉大ですよ。その大衆を煽り騙して、選挙で選ばれたのだから。ゲッペルス万歳!
 そもそも(凶暴罪)法案を強行させようとする小泉政権の体質に問題はないのですか
「これは書いてもらって構いませんが、全部ではないが国民のほとんどがアホだということです。小泉さんの怖いところは、そのことを政治的な武器に使っていること。面白い味付けをすれば国民が飲んでくれるんですよ。そういう状況を見据えて、昨年の郵政解散のように何でもやってしまう。
国民がしっかりしなくては、民主政治が衆愚政治になってしまいますよ。独裁政治になってしまいます。一部の良識ある人の声や権利が民主主義の名のもとにかき消されてしまう。いま現実にそういう状況でしょう。選挙で自民党が勝ったから好き勝手にやっている。
国民のほとんどがおかしくなっている状況。それは占領政策のために日本人の魂を失っているのが根本原因です。人間とは何かを考える力がなくなってきている。一方ではアメリカの占領政策を請負人のように実行することが保守本流となり、他方ではソ連や中国のイデオロギーを導入して革新と称してきた人たちもいる。
しかも、日本は市民革命を経ていませんから、本当の意味で個人の権利とか自由とは何かを考えた経験が少ないのです。日本人のDNAに基づいた人間の生き方、自由や権利を考える層が非常に脆弱である。それが今の状況です。
たおやかな心を大切にする精神を失ったから、嫌いなやつはどんどん捕まえてしまえ、とばかりに共謀罪のような法案が出てくるわけです」
昨年の郵政民営化を巡っては、権力内部にいる自民党議員でさえ、あれだけの圧力を受けた。そのうえ共謀罪新設となればどうなることか。自民党内部でも反対や疑問の声はあがらないのでしょうか
「小泉さんのやることに反対して何の得もない。いまの国会議員というのは、ポスト争いや自分の議員バッジを守る観点でしか対応しなくなってしまった。
見てご覧なさい。郵政法案のときに反対した人たちは、選挙後にシュンとしてしまっています。あのとき郵政民営化法案に反対した人たちでさえ、出される法案に全部賛成してしまっている。
まして、あのとき自民党内の議員は、ほとんどが郵政民営化法案に反対だったのです。だけど、保身のために賛成に回ったでしょ。そういう人たちが共謀罪に関して、党議決定に反対することなどありえない。期待できない。腐っている
強行採決されたなら、国会戦術も含めて野党と世論で盛り上げていくしかないです。国民が、どの程度目覚めるかもカギになります
歴史を見れば、変革とか改革は常に少数派によるものであって。多数派は現状維持です。だから、いま少数派だからといってがっくりするのは間違い。少数派が未来を変えるのは宿命であり、どんなに苦しい闘いでも自信を持って進むべきです


ゲバラを尊敬し、死刑反対を訴える、元警察官僚の亀井静香よ、なかなか泣けること言ってくれるじゃありませんか。

フランスのCPE法案が可決された後に、学生デモとそれを支援する労働者によるゼネストによって、それは覆されたのは記憶に新しいことですが、それも、国民の支持がなければ、あっさり政権交代が可能な2大政党制があってのこと。自民湯の一党独裁が安泰な限り数を背景として、どんなアフォらしい法案も通ってしまう現状を早く破壊しなければどうにもならんぞ。
政権奪取のためには学会も説き伏せようとする、オザワの手法に俺は大賛成する。

共産や社民はもちろんのこと、共謀罪に反対する国民新党よ、民主党に合流せよ。

【亀井静香HP】
http://www.kamei-shizuka.net/


posted by 死ぬのはやつらだ at 21:46| 東京 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生、ゲッベルス(笑)。

http://www1.neweb.ne.jp/wb/soutou/monku.swf
Posted by とよあしはら at 2006年05月27日 22:55
支配されたがる理由。

支配されたがる人々は国家に「格好の隷属民」と思われていることに薄々気付いているのではないでしょうか。悔しいのですよ、きちんと国家の間違いを問いただせる真の愛国者を見ると。

出木杉くんを見て「嫌な奴!」「クラスの敵!」というジャイアン、スネ夫、のび太なんですよ。だから秘密道具を借りるのです。「教育基本法改正」とかいう強制横並びアイテムをね(笑)。
Posted by 勝利者 at 2006年05月27日 23:20
亀井マンセー!
基地外というものは自分が狂っていると自覚することがないように、コイズミを支持する国民の大半はおそらく自分が馬鹿で阿呆だということを自覚していないのでしょう。
無論あちきは自分がそれほど賢くないのは自覚しておりますが。
今回の亀井の発言は彼が(おそらく)本物の政治家であると確信。ま、野党であるからこそ言わしめた発言かもしれんが。とりあえず彼の勇気に乾杯。
Posted by 亜凡怠夢 at 2006年05月28日 09:51
亀井静香さま
いっしょに「市民革命」やりましょう!
Posted by GO at 2006年05月28日 20:06
 そういえば、サイゾーって月刊誌の今月号の宮台真司の連載にて及川健二ってライターが 
  
 「今回の学生デモや労働者によるゼネストに、在仏の日本人は『フランス人は権利を主張しすぎだ』との反応」

 というような意味のこと言ってた(及川川氏はフランスに留学中故の情報)。
 確かに「国民(もちろん日本人)のほとんどはアホ」だ!!
Posted by 破れかぶれ at 2006年05月28日 22:51
興味深い、勘違い在仏日本人のサイト

http://malicieuse.exblog.jp/

とくにムスリムに対する露骨な差別は読んでいて怒りが沸いてきますぜ。

白人と結婚して、白い猿になったと勘違いしているようです。
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2006年05月29日 16:40
国民のほとんどがアホなのは事実として、アホを大量生産したのはどこのどなたなんじゃ〜
亀井さん犯人知ってるんでしょ。

アメ公の植民地から抜け出せないのは、アホの拡大生産(アホがアホな教育をおこなう事ですべての国民がアホ全体主義となる事を言う)が続いているからではないかのー

で、アホ化植民地からの脱却の為には小沢一郎と言えども連帯する。
プロレタリアに国境なし、プロレタリアに祖国なし。
古いな〜、歳がバレそう。
Posted by 第三身分 at 2006年05月30日 23:43
とよあしはら殿、ありがとうございました。ゲッベルスってのが本当なのですね。

ティーガー戦車をティーゲルと言っていたのに匹敵しますな。
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2006年06月01日 16:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。