2006年05月22日

自衛隊が米軍と共に国際貢献するならば、その隊員の妻に自決の覚悟ありや?

もしかすると、憲法9条が改正され、自衛隊が正規軍となったとき、米帝の属国である我が日本は、国際貢献の錦の旗のもとに、米帝による先制攻撃に参戦するだろう。

その時、日本に残された妻は、自決する覚悟があるだろうか?

陸上自衛隊の妻はどうか知らないが、大日本帝国陸軍の妻には、その覚悟があったのである。

日本が、日露戦争後に手中した南満州鉄道と沿線の土地・鉱山の権益。特に露天掘りの可能な撫順(フーシュン)炭鉱の良質な石炭は満州の宝であった。この撫順炭鉱で、満州事変の翌1932年、村ごと皆殺しの虐殺事件が起こされた。いわゆる、平頂山事件である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%A0%82%E5%B1%B1%E4%BA%8B%E4%BB%B6

この虐殺のきっかけとなったのは、撫順炭鉱匪賊事件であった。1932年9月16日、午前1時5分、撫順炭鉱揚柏堡坑の事務所・派出所・宿舎が数百名の匪賊(日本軍による蔑称)に襲撃された。彼らは抗日義兵。炭鉱守備隊長の川上清一大尉ら主力部隊は討伐出動中留守だったため、井上清一中尉が責任者となった。井上中尉の匪賊追撃は失敗し、匪賊に協力したとみなされた平頂山村民に報復が行われた(911の後、アフガンを攻撃した米帝を思い出す)。翌日の17日午前10時過ぎ、崖下に追い詰められた1000人以上の村人が、機関銃で皆殺しとなった。遺体は灯油で焼かれた末、爆破した土砂で隠された……

井上中尉は、なぜ虐殺をしなければならなかったのか?
それには理由がある。新妻のために手柄なくして凱旋できぬ立場であったからだ。そのためには、罪のない村人を虐殺することは、彼にとって必要だった。

井上中尉は、新婚早々に満州に出陣することとなった。新妻の千代子さんは、1931年12月12日、「出征する夫の手柄を期待し、後顧の憂えをなくし、戦場の夫を守る御霊となる」つまり、「家庭に心残り無く戦死覚悟で手柄を立ててください」と遺言して、大阪市住吉区の自宅で自害して夫を見送ったのである。
この不幸な事件は、軍人の妻の鏡として、新聞号外が出され、千代子婦人の母校は臨時休校で葬儀に全員参列し、生地の長滝村では追悼式を行い顕彰碑を建立した。
さらに、千代子婦人の自殺を契機に、大日本国防婦人会が大阪で結成され、戦場に行く夫を支える女性の銃後の士気が高められていった。烈婦の死で送り出された井上清一は、なんと中国人虐殺凱旋後に再婚し、広島暁部隊で中佐に昇進。その後、1944年8月、パーキンソン氏病で亡くなっている。息子は、広島で被爆死している。

さて、イラクその他の海外にて、夫が国際貢献されているであろう、自衛官の婦人に問いたい。

夫が家庭に心残り無く戦死覚悟で国際貢献をしてもらうために、自決も辞さない、愛国心にあふれた気持ちをお持ちなのか?

言うまでもないことですが、愛国心とは、「国を愛する心」などというあまっちょろいものではありません。

国体護持のために、命を捨てることであります




posted by 死ぬのはやつらだ at 01:21| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | 大日本帝国と戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もし万が一、私が有事だろーが災害派遣だろーがなんだろーが、私は仕事なんで躊躇せず行く、但し(今のところその可能性は微塵も考えていないですけど)死んだなら妻にはさっさと再婚するよう言ってあります。
ただし、靖国には決して入れるな、もしあんな明治時代創設の新興宗教カルト施設に私が合祀されるようなら、私の母親からカネふんだくってもイイから国と神社本庁相手に裁判起こせと言ってあります。
あんな所に祭られてネトウヨみたいな輩に「神」と呼ばれるなんて、想像しただけでも虫唾が走ります。化けて出るぞ〜!!!
Posted by 海上自衛官ですが at 2006年06月25日 19:26
>国体護持のために、命を捨てる
勝手に言葉を作るなよ!

国体護持なんて言葉からも、あんたの思想の古さがわかるけど、散々、国家を貶してるけど、そういう人間が権力を握った途端にやる事は大体見えてるんだよ。独裁か無能政治かだよ。
まあ、今のサヨクは両方やるよ。つまり、暴君政治ってやつ。唯我独尊的な考えしか持てない人間が、自らの無能を理解できず、暴力で権力を握っている、どこかの将軍様を日本でも体現してくれるよ。

愛国心が無ければ、国を捨てるのも楽でいいよ。自分の故郷も家族も全て捨てて、有事となれば他国に行けばいい。
だけど、人間が社会生活を営む動物である限り、どこかの共同体に属さなければいけないんだよ!愛国心っていうのは、その共同体に対する尊敬の念であってそれ以上でもそれ以下でもないよ。
別に愛国心を持てっては言わないけど、愛国心を否定したところで、無能さが露呈するだけだから止めておきなよ。
君は言いたい放題言っておきながら、国家からの恩恵は空気を吸うかの如く受けるいる人間ってことで、哀れみさえ覚えます。
だけど、他国の人間の人権は騒ぐけど、自国の人間の人権は無視っていうその態度だけは、どうしても許せないけどね。
Posted by ネット右翼ですが何か? at 2007年01月29日 18:30
ネット右翼ですが何か? 殿、何度も言いますが、日本の愛国心とは「国体護持」のために死ねるかってことです。 甘ったれたことを言わないでください。 少なくとも俺は「陸上自衛隊」での体験入隊を2度しております。 「愛国心」のある、あなたが、34歳以下なのであれば、少なくとも「予備自衛官」には登録して下さい。 「国体護持」のためによろしくお願い申し上げます。
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2007年01月30日 03:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

あなたは「平頂山事件」を知っていますか?
Excerpt: それは日本軍が中国の一般市民約3000名を虐殺したとされる事件
Weblog: 大津留公彦のブログ2
Tracked: 2008-09-13 00:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。