2010年07月28日

【判決】千葉法相に死刑を命じる



民主党政権で初の死刑執行=法相自ら立ち会う−1年ぶり、篠沢死刑囚ら2人・法務省

 法務省は28日、宇都宮市の宝石店に放火し、女性店員ら6人を殺害した強盗殺人事件で死刑が確定した篠沢一男死刑囚(59)と、埼玉県熊谷市の4人殺傷事件で死刑が確定した尾形英紀死刑囚(33)について、刑を執行したと発表した。死刑の執行は昨年7月以来1年ぶりで、民主党政権下では初めて。
 死刑廃止論者だった千葉景子法相は同日の記者会見で、死刑執行に自ら立ち会ったことを明らかにした上で、東京拘置所の刑場を今後公開し、法務省に存廃を含めた死刑制度を考える勉強会を立ち上げる意向を示した。同省によると、法相が死刑執行に立ち会うのは初めて。
 勉強会は外部有識者からの意見も聞いた上で、結果を公表する方針。千葉法相は「死刑について広く国民的な議論が行われる契機にしたい」と述べた。
 千葉法相は、死刑執行の理由について「いずれも残忍な事件で、十分な審理を経て死刑が確定した」と述べた。前回から1年となるこの時期に執行したことには「さまざまなことを考えた結果だ」とした。
 法務省によると、未執行の死刑確定囚は107人となった。
(時事通信2010/07/28-12:57)


千葉景子と云えば、成田闘争で武装闘争を展開したアカとして有名だが、そのアカも垢だったようで…今回の死刑執行で垢すりもツルツルに終わったようだw 法相として日本初の死刑執行立ち合いによって言い訳としたかったのがミエミエだぁ。

驚くべきことに千葉は法相就任直前まで「死刑廃止を推進する議員連盟」に所属していた。国営放送7時のニュースでは、自眠党の大島幹事長が「落選した方が死刑執行に判を押したことに違和感を感じる」、
死刑廃止を推進する議員連盟の亀井代表が「千葉さん、あなたまでもか」と発言していたが、どちらの意見にも大いに同意する。

自眠党長期政権の時代から歴代法相のポストには、派閥の長とか国会の名物男などという権力パワーのある者ではなく、「この人誰?」と思ってしまうようなどうしようもないバカか存在感のない人物を据え置くということになっている。法務官僚のいいなりになる人物が望まれるからだ。なぜ政治家は法務省のいいなりになるのか。もし、それに反すればいつでも東京地検特捜部が伝家の宝刀を抜かれる恐怖が待っているからだ。そのことを自民党は田中角栄逮捕の時に学んでいるし、民主党も執拗に小沢起訴に執着する法務省=検察トップからの嫌がらせにダメージを受けている。

千葉法相なんぞ、今回の参院選で落選した人物。法務省でも使い勝手の良い法相として死刑執行なんぞお手の物だったのだろう。

千葉法相には清く自殺を望む。自己の思想をねじ曲げても死刑を執行したからにはそれなりの覚悟があったはずだ。
覚悟の際は、日本の死刑制度にならってロープを使用した首吊りを強く希望する。
タグ:死刑
posted by 死ぬのはやつらだ at 19:48| Comment(3) | TrackBack(2) | 犯罪報道と死刑制度・裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
死刑制度には反対の私ですが、やつらだ裁判長の判決を支持します(笑)。ただ大島幹事長の「落選した民間人が云々」という批判については、ハンコを押したのはまだ議員の任期中だったと千葉さん自身が説明しているので、的外れだと思います。

それより大島幹事長の「死刑執行を法務相が見にいくとはどういうことか!意味分らん!」みたいな発言の方が意味が分んなかったですよ。ハンコだけ押して後は人殺し役人に任せっきりだった歴代の自民党法務相の無責任ぶりに、やっぱり無自覚だった事を自白したようなものです。

Posted by やきとり at 2010年07月29日 11:52
自分は今のところ死刑廃止論者ではないので、まあこれも仕方ないと思っていますが、
千葉法相が問題提起をしたかったのなら、数人の処刑をチマチマやるよりも、
いっそ現存死刑囚の全ての執行を命じてから、
そのことで世論に問う様なやり方でも良かったかも?
Posted by pulin at 2010年07月29日 16:34
ブレブレまくりの菅政権。
可視化可視化と参院で必死に喚いていた景子タン。
小沢容疑も秘書逮捕も濡れ衣どころかフレームアップの無理くり捜査で事件と呼ぶには程遠い。冤罪の温床が眼前で展開されながら可視化のカの字も言わなくなったばかりか、とうとう死刑もおkとは立会いしたからそれがどうだってんだという果てしない疑問と誤魔化しの言い訳はやっぱり所詮左は権力に取り込まれると現実から超現実、ウルトラ国家主義者に転向する歴史は連綿と続くのかと納得せざるを得まい。
なんでかというと俺が驚いたのは北海道庁爆破事件で冤罪を訴えている死刑囚大森勝久が在特会も吹き飛ぶほどのゴリゴリ右翼のそれも一番質の悪い田母神レベルの国家主義者に転向していた事実をつい最近知ったことであった。
既出でそんなこたあとっくに知ってらぁって人にはすまないが俺的にはかのサイト(大森被告発言の管理サイト)の香ばしさは眩暈を呼ぶにふさわしい、それほどの芳しさだったものでw
Posted by 無産者 at 2010年07月29日 17:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157739707
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

政治ブロガーぢゃ無いちろが、  ぽり・そしをテーマにする時。
Excerpt: そおゆう時は、ぽりやそし、の何かに不満があるか、変えたい時か、なんか、だと想う。感受性は人一倍在っても思考力は からっきし(爆)。 無知の知、ならぬ、無知の無知。なんだけど、世界や社会を 自分が住んで..
Weblog: ちろの はねっかえりブログ
Tracked: 2010-08-02 10:23

奥秩父三次遭難の悲劇と千葉法務大臣の悲劇
Excerpt: 7月24日午後埼玉県秩父市大滝の奥秩父山系笠取山(1953メートル)ブドウ沢で、東京都の山岳会「沢ネットワーク」の8人パーティーが沢登り中に1名が滝つぼに転落死亡。 翌7月25日午前8時半に下山した..
Weblog: 逝きし世の面影
Tracked: 2010-08-05 08:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。