2010年04月20日

映画「第9地区」



http://d-9.gaga.ne.jp/#

これはよくあるSF映画「宇宙人による地球侵略」ではなく、地球人による徹底した「異人種虐待」を描いた素晴らしい映画だ。
南アフリカ、ヨハネスブルグ上空に漂流した宇宙人たちは、スラム街に押し込まれ「エビ野郎」として最悪の生活環境で暮らしている。
ある日、国連側は民間軍事会社「MNU」に彼らを強制移住させる計画を依頼する。異星人のスラム小屋を戸別訪問し「強制移住の許可」をもらう仕事を任された主人公はマッチョではなく、ヘタレのダサイ男だった。
前半はモンティパイソンに通じる笑いもある、映画「クローバーフィールド」のようなセミ・ドキュメンタリー方式で、執拗なまでに「世界中で起きている民族対立と人種差別」を彷彿とさせる内容で、ハラワタが煮えかえるようなストーリーが続く。

そして、後半は、スカッとするアクションの連続で、目まぐるしく展開してゆく。

軽く「アバター」を超えた本年度いまのところ最高の映画だ!!
タグ:映画
posted by 死ぬのはやつらだ at 23:19| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画/洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロッケト弾をキャッチしたシーンには泣けたぜ
今年最高に同意
Posted by 加藤 at 2010年04月21日 12:41
ぼくも今年一番、楽しめた映画でした。続編見たい気もします。
Posted by T at 2010年04月23日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147185183
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

なぜバカ頭(B層)のちろが、ぽり・そし方面の発言をするのか
Excerpt: 以下は、あるブログコメ欄での、ちろ発言です ============== タイトル  うん! そう想います。長いものに巻かれて黙っちゃったら、もう何も動かなくなっちゃう・・・。自由がせき止められたら、..
Weblog: ちろの はねっかえりブログ
Tracked: 2010-04-26 17:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。