2010年04月07日

陸上自衛隊広報センターで観た事業仕分け対象兵器『軽装甲機動車』

左翼車イス障害者によって荒らされた施設だが…。
http://anarchist.seesaa.net/article/143824671.html

こんな素晴らしい絵が展示されていたりして…。
DSCF5742.JPG

ヘイタイサン アリガトウ

ボクラハ オトナニナッタラ テロリストニナッテ イキョウトヲ バクハシマス

ヘイタイサンハ テロリストノ ミカタデスヨネw


【軽装甲機動車】
DSCF5738.JPG
上記の絵でも出てきた、イラクに派遣された陸上自衛隊が装備していた車両だ。
コマツが製造している。陸自では装甲兵員輸送車として運用している。ところが陸自にはすでに96式装輪装甲車、73式装甲車といった装甲兵員輸送車があり、1個分隊(10名)ほどの隊員が搭乗できる。ところが、コマツ自慢の『軽装甲機動車』は定員が4名、半分しか乗れない。

「軽装甲機動車」は固有の武装を有しておらず、戦闘に際しては運転手も車両に鍵をかけて下車して戦う。つまり車両自体は無人状態で放置される。鍵は小銃で撃てば容易に破壊できるので、放置された車両が敵の手に渡る可能性も高い。96式や73式なら、車載の銃で、隊員たちを支援することができるが、「軽装甲機動車」を使用している部隊は、こうした火力支援を受けられない。装甲車が随伴できないため、弾薬や食料などの補給もできない。車両に鍵をかけて置き去りにして前進するので、装甲車から遠く離れた場合、自分たちの足で戻らなくてはならない。96式などの兵員輸送車に比べると運用の柔軟性はかなり低い。筆者の知りうる限り、他にAPC(装甲兵員輸送車)としての運用をしている軍隊はない。
(中略)
しかも「軽装甲機動車」にはもうひとつ深刻な問題がある。装甲が薄いのだ。96式や73式は7.62ミリ弾に耐えられるが、「軽装甲機動車」は5.556ミリ弾までにしか耐えられない。
(中略)
北朝鮮は7.62ミリ弾の小銃を使用しているし、中国の人民解放軍も小口径ライフルに移行中ではあるが、多くの歩兵はいまだ7.62ミリ弾を使用している。人民解放軍の小口径弾の5.8ミリ弾は自衛隊が使用している5.56ミリ弾より強力なので、「軽機動装甲車」では防げない可能性がある。また、今後自衛隊が派遣されるであろう世界の紛争地域でもっとも普及している小銃は7.62ミリのカラシニコフであり、機関銃も同じである。
当然ながら「軽機動装甲車」が7.62ミリ弾で射撃を受けた場合、弾丸が貫通する。つまり、例えば北朝鮮の工作員や特殊部隊と戦闘になったら敵の機関銃はもちろん、小銃弾でもスカスカ貫通することと予想される。(清谷信一著『防衛破綻』より)


こんな役立たずの装甲兵員輸送車が3200万円也

他の装甲兵員輸送車よりも1/4の価格だから安いと思うかもしれんが、実際の戦闘で役に立たないものは1円でも高い!

この感覚が大事なのだ。
いままでノーテンキな市民運動趣味派は「9条守れ」と言うだけで、自衛隊の装備が買う値のものなのかどうかということは、サヨク特有の自衛隊員の人命軽視の思想により検討してこなかった。またその一方でネトウヨは自ら自衛隊員および予備自衛官に志願することなく傍観を決め込むことによって、血税の無駄遣いを見過ごしてきたのだ。猛省を求む。



posted by 死ぬのはやつらだ at 23:52| Comment(11) | TrackBack(1) | 防衛問題 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イラクの武装勢力は日々IEDを強化しており、米軍の装甲車両の強化をあざ笑うかのように今日もIEDにより宙に吹っ飛んで舞っています。

ストライカーやエイブラムスも舞ってるんだから自衛隊のこんな玩具みたいなのじゃどうにもなりませんな。

米軍基地にはイラクの武装勢力の攻撃でオシャカにされた武装車両の残骸が列を成して放ってあります。

その膨大な数の動画を以前見ましたが、それを撮っている人物が自嘲気味に溜息をついている声が入っていたのが印象に残ってますね。

IED自体は第二次大戦でフランスのレジスタンスがナチに対してやったローテクらしいですが、一番有名なのはIRAが使ったことでしょうね。

俺は軍ヲタじゃないんで、門外漢に多言は厳禁ですのでこれでお開きということで。

Posted by 無産者 at 2010年04月08日 02:29
小松も仕事まわして欲しかったんだろうな〜?
\3200万なら市販すれば物好きが買える値段かも知れませんね。
Posted by ローレライ at 2010年04月08日 04:39
うへ〜・・・!
ワープアちろの10年分以上の年収が・・・おもちゃに使用されてるとわ・・・
♪言葉に、出来ない・・・(爆&泪)。

9条バカでごめんよ!
けど、↑ こ〜ゆ〜ニンゲンが生きて行けないニホンは、ヤだ!
・・・って、思うのもホントの事ダカラ・・・。

ウソ言えないし、合わせる事も(この部分では)デキナイや・・・。
不肖の、ブログ妹。意見が違っても、他で兄ちゃんと握手!できるよね?!
Posted by ちろ at 2010年04月08日 12:04
Topのアヤシいプロパガンダ絵画が、誠にナイスです。
笑顔の貼り付いた子らが、クローンみたいに全員同じ顔なのが
共産圏臭を紛々とさせて実に味わい深い(笑)。
そういや、イラクへ征った陸自部隊の給水車は、車体表面に
「キャプテン翼」のイラストが貼ってあったとか。復興支援の
一環で、TVシリーズ('01版)のアラビア語版が日本政府から
無償提供されていたのに合わせたんだとかで。これならイラクの
良い子たちへの宣撫策謀もばっちりっスね。
Posted by Meifumadoh at 2010年04月09日 01:33
JCJ機関紙部ブログです。
ある集会で聞いた話を思い出しました。イラクの子どもの絵をNHKが番組で紹介して、その絵についている子どもの言葉、「日本の皆さんありがとう」みたいな部分も伝えたんですって。ただ、その先の「ぼくは大きくなったらアメリカと戦いたい」という部分はカットされていたのだそうです。
Posted by JCJ機関紙部ブログ at 2010年04月11日 10:03
>イラクの武装勢力は日々IEDを強化しており、米軍の装甲車両の強化をあざ笑うかのように今日もIEDにより宙に吹っ飛んで舞っています。

映画『戦国自衛隊』の川中島合戦のシーンを思い出した。

>笑顔の貼り付いた子らが、クローンみたいに全員同じ顔なのが
共産圏臭を紛々とさせて実に味わい深い(笑)。

結局、作者には彼らの「顔」が見えない(見ようともしない)のだろう。そのまなざしが、「オリエンタリズム」と同種のものであることは想像に難くない。
Posted by ストライカーボルト at 2010年04月13日 19:56
清谷氏といえばレオパルト2のグローサーを追加装甲と言ってみたり、よくネタにされる軍事専門家ですね

スポールライナーの件で清谷さんが防衛省技術研究本部に喧嘩を売ったでござるの巻
ttp://obiekt.seesaa.net/article/122555932.html

「軽機動装甲車では7.62mm弾は防げない」なんて話は(清谷氏以外では)聞いたことありませんし、96式(14.5トン)と軽装甲機動車(4.4トン)では重量が10トンも違うように運用方法が違います
値段も96式は1億円以上、軽装甲機動車は約2600万円
装甲車を全て96式並の装甲にするなんてそれこそ税金の無駄です

そもそも、世界中の民兵に大量に出回ってるAK-47の弾が「スカスカ貫通する」装甲車を自衛隊が採用するハズないでしょう
その装甲車に乗るのは、自衛隊員自身なんですから
Posted by tori at 2010年04月14日 05:21
 絵の大きさが知りたいなあ。

 構図や色づかいがわたしたちとは違う感性だけど、どこの国の人が描いた絵でしょう。
Posted by kuroneko at 2010年04月14日 08:57
ソースが当てにならなすぎですよ・・・
いくらなんでも清谷はだめでしょ清谷は。
Posted by lplp at 2010年04月27日 18:46
自衛隊は犯罪暴力組織だから、さっさと死ねwww

隊員もさっさと死ねよ。
Posted by あほ at 2010年11月25日 11:48
>自衛隊は犯罪暴力組織だから、さっさと死ねwww

つまり、戦争が起こってほしいということかな。戦争が起きれば、自衛隊員さんは真っ先に死ぬんだから。
Posted by kuroneko at 2010年11月28日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

今度は、見極めようね。財力も、権力も持たない生活者の味方になる政党を 政治家を。 巨大メディアを鵜呑みにして、自分で自分の首絞める選択は、くれぐれもしないように・・・(マジで願う w)!
Excerpt: えっと、政界では、うぞうぞと、票を求めてなにやら結集しやがってマス。巨大メディアの皆様たちは、舌舐めずりして、仕掛けるだろう。今回の台風の眼は?どこだ?誰だ? ・・・冷徹な眼で 見据えていよう。私達は..
Weblog: ちろの はねっかえりブログ
Tracked: 2010-04-08 20:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。