2010年02月10日

【昭和12(1937)年】東京見物

DSCF5274.JPG

大日本雄弁会講談社発行の絵本『東京見物』だぁ。

東京市の人口 587万人。1時間に16人が出征出生。
タクシー11,580薹(だい)それに比べて乗用車3,433薹。

《東京の名所》
麹町區 二重橋 桜田門 楠公銅像 帝國ホテル 海軍省 東郷元帥邸 帝国議事堂 陸軍省 靖国神社 丸ビル 東京驛
神田區 廣瀬中佐銅像 ニコライ堂 鐡道博物館
芝區 肉弾三勇士銅像
赤坂區 乃木大将邸
澁谷區 忠犬ハチ公銅像
下谷區 西郷銅像 帝室博物館 動物園
淺草區 淺草観音 淺草仲見世 淺草映畫街 地下鐡
本所區 國技館 震災記念堂
板橋區 豊島園
蒲田區 羽田飛行場
東京府南多摩郡 多摩御陵

それでは、とうきゃうを けんぶつ して みませう。

DSCF5275.JPG
DSCF1554-thumbnail2.JPG
宮城二重橋
おそれおほくも天皇陛下のおいであそばれる宮城の二重橋であります。あまりのおごそかさに しぜんとあたまがさがります。だれでも 二重橋のちかくで 宮城を をがむことができます。
品性のない街宣右翼もをがむことができます。非国民の共産党員もをがむことができます。


DSCF5276.JPG
帝國議事堂
日本のくにの だいじなことが ここでさうだんされるのです。かいヰんしきには 天皇陛下が おでまし あそばれます。
こくみんは だまって したがえばよいのです。


DSCF5278.JPG
丸ビル
丸ビルは東京驛のまへにあって 日本一大きなたてものです。八かいのほかに ちかいもあります。へやのかずが八百五十もあって みんなくゎいしゃや おみせになってヰます。一日に 六萬人の人がではいりします。さいきん 覚せい剤をきゅういんしたり 大麻をきゅういんするわるいひとがおおくすむビルは六本木にあります。


DSCF5279.JPG
歌舞伎座
このごてんのような りっぱなたてものは かわらこじきのやかたです。中には 二千五百人もはいることができます。


DSCF5282.JPG
西郷銅像
上野公園にある西郷隆盛の銅像です。隆盛は 明治のはじめ くにのために 大そうてがらをたてたえらいかたです。
注)歴史的には皇軍に反旗を翻した逆賊でありますが、日本政府は日清戦争という我が国初の対外近代戦という難局にあたり、当時も国民の絶大なる支持を得ていた西郷の名誉を回復させた次第。銅像を軍服ではなく着物にすることで、政府の面子を保ったのだ。


DSCF5286.JPG
廣瀬中佐銅像
日露せんさうのとき りょじゅんかうで めいよのせんしをとげた廣瀬中佐の銅像です。 たってヰるのが廣瀬中佐で したは杉野兵曹長です。萬世橋のちかくにあります。うしろは鐡道博物館です。
注)廣瀬中佐は戦前軍神として広く国民に知られていた。この銅像は秋葉原の旧鉄道博物館の前にあった。敗戦後占領軍が撤去したという話があるが、実際には日本人が自ら撤去・破壊したらしいw


DSCF5291.JPG
震災記念堂
大正十二年の大震災朝鮮人虐殺をきねんするお堂です。まいとし九月一日は大ぜいの人が おまヰりします。
ラベル:東京 天皇制
posted by 死ぬのはやつらだ at 19:16| Comment(10) | TrackBack(1) | 大日本帝国と戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その当時の東京名所は参拝するところは多くても
遊ぶところが少ないですね。そんな時代じゃないんでしょうけど。
Posted by pulin at 2010年02月10日 20:59
おおっ!
兄ちゃんの本? すごいや!
すごい、発色がキレイ!
マボロシ、デッドストックだったのかなあ?
それとも復刻版?

ちょいとフクザツなキモチになるけど、旧式建造物大好きだし、
旧い風俗(ホントの意味での風俗だからね!ショーバイのほうぢゃないからっ!)も
知りたいし、好きだもんなあ・・・。現物(えほん)、読みたい気がムラムラと・・・(笑)!

そして、兄ちゃんの解説文に、わらかされた(笑)。
傑作だなあ・・・!
                 
Posted by ちろ at 2010年02月10日 21:05
ほ〜、右翼の街宣車って、8ナンバー取ってるんですね。それにしても、デコトラチックなバンパーには握り棒?なんかEF58みたいなwww
Posted by bronks at 2010年02月10日 21:18
「あの辺は下谷区でしょ」と言いだすうちの母親は大正生まれ。

 板橋区、蒲田区があるから、東京が35区あった時代の本ですね。(その前は15区で、板橋・練馬の辺は北豊島郡かな)
Posted by kuroneko at 2010年02月11日 00:03
>こくみんは だまって したがえばよいのです。

近衛兵たちの姿が、大名行列と被ってきた。

>廣瀬中佐銅像

「大東亜戦争」下でも、戦意高揚のシンボル的存在であった。

http://www.sakuramo.to/kuuseki/kuuseki.html

なんと、こんなものもつくられていた。

http://www.sakuramo.to/kuuseki/images/2008/0810_18_b.jpg

Posted by ストライカーボルト at 2010年02月11日 00:30
廣瀬中佐の銅像があってしかも自らの手で破壊したとは知りませんですた。では何で中佐の歌が未だに文部省唱歌のままなんだろー。不思議だ。
Posted by 亜凡怠夢 at 2010年02月11日 04:44
僕は昔、抗議行動中に機動隊員に袋叩きに会って負傷したうえに、公務執行妨害で逮捕、本庁に拘留されました。後に検事の取調べの際に、「若しも、君が何も騒がないで無かったことにしえくれたら、今すぐ釈放してあげる」と言われた。当然、子供や仕事があった僕には都合が良かった。その場で、釈放されて、後の警察官による不当な暴行に対しては約束の通り訴えることもなく。通常の社会生活をしていた。

しかし、日本の検察は「卑劣」だった。
というのも、友人の公務執行妨害の公判で、証人喚問に立ったときに、あの検察側は当時の僕の公務執行妨害での逮捕の経歴を述べて、裁判官を含めてのその場にいた全ての人に対する心象に傷をつけて、友人への公務執行妨害に対する証人としての発言の正当性を破壊した。

このことは、一事が万事であろうと思う。

あの時、検事の発言「無かったことに」に騙された。

今でも、紳士的ではない猿芝居の検察の対応に対して残念に思っている。

日記の内容とは違いますが失礼しました。
Posted by KIWI at 2010年02月12日 11:29
これはどう見ても地上の楽園ですね。
21世紀の太陽である偉大な将軍様は現在、内戦の真っ只中だそうでお悔やみ申し上げます。
Posted by cb at 2010年02月12日 20:01
地方の民を飢餓に追いやっておいて、輝かしい首都の姿を見せる写真集を出版してるそうです―地上の楽園。

今の日本も本質的にはあまり変わらないかと思いますが。

Posted by 阿保屋 at 2010年02月23日 00:08
街宣右翼の写真で思い出した。
昔、友人二人とドライブしていて
ある車のケツに付いたら停車を余儀なくされた。
なんか怒鳴りながらおっさんが降車して車のドアを開けようとしやがった。
無理な追い越しで車間距離が詰まったのは
アンタのせいだっての。
ロックしておいて良かったぜ。

後で判明したのだが、そいつ、右翼の事務所のおっさんだったんだよな。
ド田舎にも右翼が居たんだな。ってか、まんまヤクザだぞ。
都会ではあんなのがゴロゴロしてるのか?
あぶねーあぶねー。w
Posted by 巡洋戦艦 at 2010年03月27日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

週刊朝日、読んだ! ハラ立った! 大手メディアと検察に。
Excerpt: えっと、タイトル通りでし!あたしが、目ん玉つながりのおまわりさん(バカボンのホンカンさん)だったら、銃弾、全部使い果たすまでブッぱなしたくなる!ちろだから、理路整然とした政治ばなし社会ばなしぢゃ無いよ..
Weblog: ちろの はねっかえりブログ
Tracked: 2010-02-13 19:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。