2010年01月20日

【鈴木宗男】 東京地検特捜部は仕分け対象、取り調べ可視化法案を早急に可決せよ!

日曜日の日にサンプロを見たんですが、田原さんだからこそ、この問題を扱ったんだなと見ておったんですがね。
そこでみなさん、私も8年前、メディアスクラムといいますかバッシングでねスズキほど悪いやつはいない、と叩かれましたね(笑)。
私はこうして発信する機会があるからよいけれども、一般の人が狙われたら終わりですよ。狙われたらみなさんね、どうにもならないですよ。このことをもっと緊張感を持ってやって欲しいのです。
特に検察の暴走です。私のときだって、ムネオハウスで捕まると言われていたんですよ。あのとき、偽計業務妨害罪で捕まらないと言ったのは田原さんただひとりなんですよ。他のメディアは全部、検察のリークにのって偽計業務妨害罪で捕まると言っていたんです。
ただあの日には、三井環さんと云う人が(検察の)裏金問題を告発しようとして捕まったんです。
三井さん逮捕の話題を封じ込めるために、うちのミヤノという秘書を捕まえたんです。これは何も偽計業務妨害していないんですよ。
検察は自分たちの弱みがあれば、どこかで話題をそらす、という意図でやっていますね。


緊急シンポ!「『新選組』化する警察&検察&官僚がニッポンを滅ぼす!」にて、ムネオはマイクを通さずともハッキリ聞こえる大声で熱く語った。検察なにするものぞと。


今回、石川さんを捕まえた。16日の13時から石川さんは事情徴集の日程が入っていたんですよ。13、14と事情聴取を受けて、15日も事情聴取の予定が入っていたのだけれども、弁護士さんが「体調が悪いからこれは危険だ」ということで、「明日にしてくれ」ということで1日延ばしたんですよ。それが、夜8時に出頭命令、夜10時の逮捕ですよ。
私はこれは検察が、イケイケどんどんで、佐藤優さんじゃないけれど青年将校化して、「自分たちが正義だ、国会議員は国民から選ばれたと言うがその国民のレベルはどんなもんだ、国の正義エリートは俺たちだ、俺たちが国をリードし、俺たちが国を支配する」
という思い上がった、間違った検察官が1人2人いるだけでも変な方に誘導される、というふうに考えていますね。
それと皆さん、小沢さんに説明責任があると言いますけれど、党大会で通帳の番号も検察に全部知らせていますと云っている以上、あれ以上の説明責任はないと思いますよ。
これもおかしな話ですね。鳩山総理が「断固戦ってください」と云ったら、「行政のトップが不適切な発言ではないか」と言いますけれど、不適切なのはそれを書いているマスコミではありませんか(笑)。鳩山さんと小沢さんが一緒になって、歴史的な政権交代をしたんでしょう? じゃあ検察とどっちを信用します? 
小沢さんを信用するに決まっているんじゃありませんか。当たり前のことですよね。当たり前のことを否定するのはおかしいんじゃないかと思うんですね。
どうぞみなさん、このことをお分かり頂きたいと思います。

同時に、今回の件は小沢潰しじゃない、鳩山政権潰しだと思っているんです。
官僚政治打破といってきました。検察といえども官僚組織ですよ。鳩山政権が力を持って安定したならば、「自分たちの組織もどうなるかわからん」という間違った判断をした人がいるとするならば、「いまのうちに潰してしまえ、我々があくまで正義なんだ」と、こんな過剰な判断をされたら、たまったものじゃないですよ。

私は石川と云う男とは同郷です。
石川さんは15日の昼、涙声でね「私は水谷建設関係者と会ったことはありません。だから5千万なんて、見たことも無ければ、1円の金のやりとりもありません。これは先生信じてください」と云っていましたよ。
私はこの男のこの言葉を信じます。

みなさん、検察には手足がないのです。だからリークをして、世論の動向を見るんですよ。同時に社会部の記者もリークをされたものを書かなければ、次のリークはきませんよ。書かないとまた他社に後れを取って、逆に出世コースから外れてしまうのですから。ですから検察のリークと云うのは裏付けが取れない、それを良いことに好き勝手をやっていると私は思います。
あわせて、マスコミの皆さんが検察に都合の悪いことを書くと、出入り禁止ですよ。いま皆さん、総理官邸も外務省も金融省もフリーランスを入れてオープンにしようとする流れの中で、検察の記者会見にテレビが入っていますか? どうですみなさん、これだけでもおかしいんじゃないですか。時代に逆行しているんじゃないでしょうか。
どうか、ひとつひとつチェックしてみてください。検察の思い上がり、間違った意識が先行してしまうと大変なことになるということ。
それとみなさん。特捜部が検察のエリート出世コースの1つだという意識がありますね。それでは特捜部って、何のためにできたんですか? 昭和22年、隠退蔵物資事件のためにできたのが特捜部ですよ。今の時代に合っていますかみなさん。
(会場から、仕分け対象だ、との声)
仕分け対象ですよ本当に(笑)。
特捜部はエリートだ、ここを通らなければ出世しない、なんて間違ったらいけませんよ。
各役所では事務次官がトップです。法務省だけは事務次官は4番目です。ここはみなさん冷静に考えてください。私は政治家がいままでダラシなかったからだと思います。
内閣総理大臣が法務大臣にどれだけの人物を指名しているかということを見てください。戦後の法務大臣で、派閥の親分だとか、あるいは大きな影響力を持った法務大臣と云うのはいませんから。そうですね。
ちょっと力のある人がなったと思ったら梶山静六さん。白黒発言で内部告発されて辞めてしまったんじゃないですか。あるいは警察改革をしようと思った中村正三郎さん、シュワルツネッガーのサインを持っていたというだけでヤラレテしまったんじゃないですか(笑)。後藤田正晴さんは、それなりの政治家だったのだけれど、元官僚中の官僚ですから、検察の掌の中でしか動いていなかったとしか私には見えませんね。
どうかみなさん考えてください。取り調べの完全可視化という法律をいままで参議院で2回成立させて通過させているんですよ。それを今の法務大臣が、可視化に関して何をやっているのかというと勉強会だと言うのですよ。おこさまランチですよ(笑)。
大臣、副大臣、政務官で1年間勉強するんだというんですよ。千葉法務大臣、あなたたちが参議院で採決して可決したのは何だったんですかと云ったんですよ。その程度なんです皆さん。
私は危ういと思う。もっともっと鳩山首相には丹念にやってもらいたい。小沢さんには堂々とガンバッテもらいたい。(会場からヨシの声あり)
どうかみなさんね。間違った報道で裏付けのない報道で判断しないでください。世論調査、内閣支持率、共同通信では逆転しました。政党支持では10%高いんですよ。しかし内閣支持率は逆転しました。では国民はどうして逆転したかと言いますとみなさん、間違ったリーク報道で「鳩山は決断力ないだとか、小沢さんは説明が足りない」とか検察の尻馬に乗った報道ばかりでは、国民もそうなるんではないですか。それも8年前、私が経験していますから。8年前、国民の9割がスズキが悪いですから(笑)。支持は1割しかいなかたんですから。しかし、私は1割いればいい。フラフラしたのが9割いるよりも鈴木宗男と死ぬまで一緒だと思う人が1割いれば、まだ負けてたまるかと思ってやってこれたですよ。

これまでの巡りあわせで、いま小沢さんをやっている東京地検の次席が谷川さんという人ですよ。私を調べた時の東京地検の特捜副部長ですよ。この人のやり方わかるんです。いまごろ石川さん言われていると思うんです。
「おい石川、民主党はお前を面倒見ないぞ(大笑)。小沢さんはお前を守らんぞ。お前が使えていて、一番わかっているんじゃないか? だから、こっちにのれ」
悪魔のささやきをされているんだと思いますよ(笑)。私はこれを一番心配しているんです。そうだったら密室の中での取り調べですから、精神的にまいってしまうんですよ。
(佐藤優るが「それだから可視化すれば、それが出来無くなるんですよね」)
そうなんです。可視化が大事なんです。被疑者はもちろんですが、参考人、証人になる人、裁判で調書で採用される人の可視化は絶対必要なんです。これ、どうかみなさん、国民運動として協力してください。我々も動きますから是非ともお願いしたいと思います(拍手)。


たぶん検察は、石川議員に対し、政治資金規正法虚偽記載だけ認めれば保釈してやる、と囁いているに違いない。
しかし、石川議員は否認するだろう。何しろ民主党は石川議員を全面的に支援する体制となっている。弁護団は、あのオウム麻原弁護で有名な安田弁護士を起用。さっそく、取り調べの完全可視化を要求している。そして陣頭指揮をしているのが小沢の懐刀の平野貞夫だ。

ガンバレ石川代議士。足寄や帯広の選挙民は君を応援しているぞ!!


posted by 死ぬのはやつらだ at 22:01| Comment(3) | TrackBack(2) | 警察・検察 日本最大の犯罪集団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この国はやはり戦前と何も変わってなかった
って事に愕然とした。
「安保で国民の牙を官憲の手で無理やり恐怖政治で引っこ抜いた岸信介」の時代と全く同じことを官憲とナベツネ率いるマスゴミ共がやっている。
軍部が検察で太鼓持ちがマスゴミだが、また「戦争」させたいのかね?
Posted by neko at 2010年01月21日 21:35
左派ブロガーいわく
マスコミの捏造は陰謀論にすぎない。
だから検察とマスコミは常に正しく
マスコミが戦争を煽ったら無条件に従うべき。


実は現場というのは索漠としていて,そんなに興奮する要素は少なく,興奮しているのは記者だけなのではないかと感じることも多いです。
そういう記者の小さな嘘や思い込み,優越感が積み重なり,ネットの登場などで事実と報道の乖離が見破られてきているのではないでしょうか。

言わば演劇なんですよ。事件や現場という舞台があって,大衆はそこに観客として参加し,記者はその舞台装置の中で正義の味方のような役割で報道しなければならない意識がある。
だから,その演劇のシナリオにそぐわない話は報道しないのです。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20081009/316554/?ST=ittrend&P=2
Posted by cb at 2010年02月01日 00:13
鈴木宗男は激憤しながらも、リークを絶対認めてはいけないとは言っていない。
俺はそう勝手に宗男の思いを斟酌する。
裏づけ、すなわち裏が取れないリークは報道に値しない。
そんなものを認めてはいけないと言っていると思う。
検察、東京地検特捜部は記者会見にテレビも入れず記者クラブの連中を集め自分たちの都合のいい情報だけを伝え、マスコミは取り調べの様子を検事伝聞で聞くだけだから裏を取れない。
そりゃそうだろう、石川議員は逮捕拘留されており、弁護士は一日30分の接見しか許されていない中でどうやって確かめられる?
そういうわけなので、今この報道と呼ばれるものは報道じゃなくて発表という。
マスコミはただの発表を報道と称し垂れ流しているだけ。
鈴木宗男はそれに怒っている。
政治家は公人だからマスコミに書かれてナンボだ。
誤解もされれば怪文書も飛び交う生臭い世界だ。
だが尾ひれ足ひれも週刊誌のゴシップ程度ならいいが、現実に人が巻き込まれておりシャレですまなくなっているのにマスゴミは何一つ目覚めていない。
永久に目覚めないならそのまま埋めてしまえばいい。
記者クラブの箱に詰めて。
Posted by 無産者 at 2010年02月01日 15:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

水谷建設5000万円の怪
Excerpt:  石川容疑者、5000万円口座へ  水谷建設から「裏献金」の3日後  1/17 産経新聞 一連の4億円土地取引問題の検察の動き、 マスコ...
Weblog: extremely simple
Tracked: 2010-01-21 00:15

【犬察ファッショ】「取調べ可視化」を全面導入し痴犬特騒部を解体すべきだ!【反動勢力】
Excerpt:  とかく惨経など翼賛マスゴミがミスリードするお陰で誤解している人が多いが、 犬察組織は行政府の一組織であり、法務大臣の指揮下にある組織 である。故に、惨経などが喚き散らす「司法権の独立」とは全くの無関..
Weblog: ステイメンの雑記帖 
Tracked: 2010-01-21 22:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。