2009年10月21日

【訃報】 女優・南田洋子、死去


女優としての南田洋子は正直パッとした映画はないのだが、選ぶとしたらやっぱりこの映画でしょう。
長門裕之はじめての主演作品で、ヒロインだった南田洋子との出会いとなった作品。
石原裕次郎のデビュー作品として、近年のマスゴミでは紹介されることが多いが、あくまで彼はチョイ役の脇役にしか過ぎない。長門としては腹が立つことなんだろうとお察しする。
石原慎太郎の原作は読んだことがないが、映画としてはかなりイイ線いっていると思う。
1955(昭和30)年、終戦からわずか10年、大多数の国民が貧しかったこの頃に、葉山でヨットだクルマだと乱チキ騒ぎで過ごしていた石原兄弟がいかに浮世離れの生活を送っていたかが手に取るようにわかる。
ただ、若者によるやり場のない怒りが暴力とセックスに向かっていくという流れは世代を超えて普遍なものだということは確認できるだろうし、いつのまにかその時代の若者たちと同化してしまう怖さも混在している。
テーマ音楽の切なさは、こっけいな味わいも合わせながら、ラストのやりきれなさに繋がっていく。

長門裕之はたぶん長くはないだろうし、そうあって欲しいとも思う。
もし、彼が長生きして痴ほう症になれば、それはそれでマスゴミの餌食となり、奴らの格好のネタとして消費されてしまうからだ。


posted by 死ぬのはやつらだ at 17:52| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画/邦画・アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長門裕之氏の不幸は、「沢村アキオ」名義で8歳の時に出演した、阪妻版の『無法松の一生』が、あまりに名作で、以降、それを超える映画に出会えなかったことですかね。
Posted by natunohi69 at 2009年10月22日 04:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

南田洋子さんがお亡くなりになりました。76歳。 ご冥福をお祈り申し上げますm(_ _ )m
Excerpt: 数日前?、ご夫婦の姿をTVで 拝見したんですが。 訃報:南田洋子さん76歳=女優 多くの映画やテレビドラマで活躍し、 俳優の長門裕之さん(75)との “おしどり夫婦”で知られた女優の..
Weblog: 自分なりの判断のご紹介
Tracked: 2009-10-23 22:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。