2009年08月19日

「みたままつり」に献灯した有名人

出鱈目愛国者の牙城「遊就館」の1階ロビーで、「みたままつり」に献灯した有名人の作品(?)が飾られていた。

DSCF3583.JPG
林家三平「どーもスイマセン」と参拝。

DSCF3584.JPG
森繁久彌「なんつぅかね」と参拝。


DSCF3585.JPG
棟方志功「わだはゴッホだぁ」と参拝。


DSCF3586.JPG
柳家金語楼「ジェスチャー」しながら参拝。


DSCF3587.JPG
宮城まり子「世界に通用する東京都知事は石原さんだけよね」と云いながら参拝。


DSCF3588.JPG
徳富蘇峰「国民を戦争に熱狂させておきながら」参拝。


DSCF3589.JPG
越路吹雪『ラストダンスは私に』参拝。


DSCF3590.JPG
東郷青児「洋菓子の包み紙」参拝。


DSCF3591.JPG
武者小路実篤「仲よき事は、美しき哉」参拝。


DSCF3592.JPG
水谷八重子 (初代)「新劇女優」でも参拝。


DSCF3593.JPG
小林桂樹「天皇陛下は兵隊の位にすると…」参拝。


DSCF3594.JPG
香川京子『悪い奴ほどよく眠る』も参拝。


DSCF3595.JPG
三船敏郎『男は黙って』参拝。


DSCF3596.JPG
岡田茉莉子「松竹の看板女優」も参拝。


DSCF3597.JPG
花菱アチャコ「滅茶苦茶でごじゃりまするがな」参拝。


DSCF3598.JPG
田河水泡「クリスチャン」でも参拝。


ほとんど昭和20〜30年代のもの。戦争の傷跡も生々しい時代、イデオロギーを意識しないものだったのだろう。

最近のものはコチラ↓
http://d.hatena.ne.jp/hagex/20060718
なんだか、昔と違って小者や雑魚ばかりになっちまったなぁ。

いつまでも「マンガ右翼・小林よしのり」でもないだろう。靖国神社よ、『小林よしのり』という悪夢から目覚めよ。


献灯のご案内

みたままつりの献灯は、英霊への感謝と平和な世の実現を願って掲げられるもので、どなたでも申し込むことができます。
大型献灯(1灯)  10,000円


大型献灯の永代献灯初穂料は
200,000円(1灯)となります。

小型献灯(1灯)   2,000円


小型献灯の永代献灯初穂料は
50,000円(1灯)となります。

お問い合わせ

靖国神社社務所(TEL:03-3261-8326)
ラベル:靖国神社
posted by 死ぬのはやつらだ at 14:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 戦争責任と靖国神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミフネの「男は黙って参拝」に笑ってしまいました。
リンク先のキンキンは意外です。靖国とか嫌ってそうなのに?
Posted by やきとり at 2009年08月19日 17:57
昨日と今日の記事が
昨年同様、削除要請されない事を、
切に願います(笑)
Posted by JUNK at 2009年08月19日 18:01
キンキンは俺と同様、思想変態なんだろうw
Posted by やつらだ at 2009年08月19日 20:06
マジ? キンキンは意外でした!
大橋巨泉氏は さすがに居ないだろうなあ・・・(苦笑)。永六輔さんも!

そして、やつらだ兄ちゃんのひとこと解説、わらった!傑作(笑)!
                
Posted by ちろ at 2009年08月19日 22:29
靖国参拝は、1978年のA級戦犯が合祀されてからの後と先とでは、其の持つ意味が大きく違っています。
何しろヒロヒト天皇も白鳥駐イタリア大使や松岡外務大臣などの日独伊三国同盟締結の責任者たちA級戦犯合祀に怒って以降は参拝していません。
今政治問題になっている首相の公式参拝も実は『天皇公式参拝』が出来なくなったので、靖国神社などが仕方なく考え出だした紛い物で、全くのインチキ臭い偽モノです。
あの神社は天皇公式参拝が有るから特別なのであり、今の様に天皇参拝が無いと、其の存在が全く意味を為さなくなるのです。
ですからA級合祀で天皇参拝が出来ない状態なので、尚更靖国神社としては代用品としての『首相公式参拝』に拘る訳です。
Posted by 逝きし世の面影 at 2009年08月20日 15:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。