2009年04月05日

WATCHMEN 監視者



映画「WATCHMEN」を荒唐無稽なアメコミ・ヒーロー映画と思いこみ、無視しないでほしい。
騙されたと思って、必ず観るように。
監督がバカだろうが、それだけ深い荒唐無稽の映画に観えてしまう。

映画の設定は原作の漫画に忠実に、この世に漫画のヒーローが実在していたらどうなるか……。

ケネディー暗殺やベトナム戦争に参加したアメコミ・ヒーローである「コメディアン」。彼は「アメリカの正義のためなら戦争も辞さない」ヒーローだ。自由と民主主義を守るために人殺しをするヒーロー!
そんな彼が、映画の冒頭で殺されてしまう。
誰が? 何のために?
時は1980年代、パラレルワールドの世界では、ニクソン大統領が、いまだ大統領をやっており、スーパーヒーローはキーン条例によって活動することが違法となっていた。
そんな時代、ソ連がアフガニスタンに侵攻、米ソ核戦争の危機が迫る。
スーパーヒーロー達(WATCHMEN)は核戦争危機を回避できるのか、彼らを殺そうとする者は?

とにかく面白い。
腕を斬られたり、ちょんまげのギャングが出たり、300万人を虐殺する映画初のデカチンヒーローが出たり、濃厚なセックスシーンもあったり……。
戦争とギャングと脱獄とSFとエロとバイオレンスがグチャグチャとなった世界。
ラストのオチも皮肉に満ちた辛口。

残念ながら中学生は鑑賞できないR15。
中学生の心をもつオトナたち必見の映画だ!




ラベル:映画 アメリカ
posted by 死ぬのはやつらだ at 22:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 映画/洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あぁこれはコミックの方が面白かったです。
アラン・ムーアはすばらしいですよ。
絶版になりましたけど「バットマン:キリングジョーク」もオススメです。
このコミックはティム・バートンのマイフェイバレットらしいです。
あと「V・フォーヴェンデッタ」も面白いですよ。
Posted by 田中スーザン at 2009年04月06日 18:13
小林源文先生の戦争マンガもCGアニメとして映画化されるそうで・・・

ところで、これは動物愛護団体にばかり気を使っているようで、人間についてはどうなんでしょう?

http://www.youtube.com/watch?v=Gr4QBZfjtqs
Posted by natunohi69 at 2009年04月07日 10:04
>あぁこれはコミックの方が面白かったです。
やっぱりそうですか。
でも日本語版は発売されていないですよね。残念です。

「V・フォーヴェンデッタ」の映画版は面白くなかった。漫画はまったく逆のエンディングらしいですね。

映画「フロムヘル」は、なかなか良かったです。
Posted by やつらだ@田中スーザン 殿 at 2009年04月07日 20:17
>小林源文先生

リアルなWW2マンガを描く人ですが、この作品だけは読んでいません。
動物ってのがひっかかっていて…。

ただ、トレイラーを見る限り興味がわきました。
Posted by やつらだ@natunohi69 殿 at 2009年04月07日 20:23
<「ウォッチメン」日本語版コミックの件>
について・・・

4月上旬に重版決定です!

変にプレミアついたものをかわなくてもいいと思います。

以下、メールでの問い合わせの返事

>小学館集英社プロダクションでございます。
このたびは弊社HPをご訪問くださり、
誠にありがとうございます。

お問合せの「ウォッチメン」日本語版コミックの件ですが、
このたび重版が決定いたしました。
4月上旬までには書店様へ搬入される予定でございますので、
もう少々お待ちいただければ幸いです。

今後とも弊社発行書籍をご愛顧いただけますよう、
何卒よろしくお願い申し上げます。

小学館集英社プロダクション (ShoPro)
販売制作事業部

ということですが、誰かもう、同じことを書きこんでいるかも知れませんが・・・
Posted by natunohi69 at 2009年04月07日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。