2009年01月12日

ググッたら恵比寿のミスタークラフト倒産してたのね

今日、何か新型500グッズでもあるかなぁと、自動車関連模型やグッズで有名な恵比寿の『ミスタークラフト』検索したら、去年倒産していたんだねぇガッカリ。
http://www.shibukei.com/headline/5580/

昨年、IPGと恵比寿で待ち合わせしたとき、店のビルが見つからなかったので、かなり儲けてるから移転したのかなと思っていたのだが……。
タミヤのプラモの国内販売の20%を売っていると云われていた『ミスタークラフト』だったんだがなぁ……。

俺も、東京に寄った際は必ずといってよいほど出かけた店だった。
クルマキチガイにとっては夢のような店でしたよ。
最後に行ったのは、5年くらい前かなぁ……。

一方で、正月に行ったイタリア自動車雑貨店は店舗が大きくなっていたのにびっくり。
栄枯盛衰は世の常と、実感いたしました。


posted by 死ぬのはやつらだ at 11:42| Comment(4) | TrackBack(0) | クルマっす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ああ、やっぱり・・・。
昨年末上京の際、あるはずの場所に、何故か見当たらないミスタークラフト。私も、「移転したのかなぁ」位に楽観的に考えてました・・・。栄枯盛衰、合掌。
Posted by bronks at 2009年01月13日 21:43
おっ!
bronksさんもクルマキチガイでしたかw

俺はラテン系が好きです。特にフランス車。
運転が楽しいのがイイ!
Posted by やつらだ@ bronks殿 at 2009年01月14日 00:28
まあ、ワタシの場合、どちらかというとプラモデル方面がメインだったりします。1960年代のイタ車の艶かしさが好きだったりします(単なるエロオヤジ?)。
ちなみに公共交通がもの凄く貧弱な地方に住んでおり、クルマが無いと生活できません。現在はデミオを所有しておりますが、ワタシもラテン系の小さいのは気になります。やっぱりキビキビ走ってこそでしょう、クルマは。
Posted by bronks at 2009年01月14日 21:14
>1960年代のイタ車の艶かしさ

フム。
アバルト美術館ってのが以前は開館していて、ピニンデザインの建物の中で鑑賞できたのですが、現在は一般公開を止めているようです。
14年位前かなぁ。先輩と観にいったら、この世のモノとは思えないコレクションがズラーっと。
なかでも、アルファロメオのTipo33ストラダーレがヨダレモノでした。
F40なんぞ、隅っこでゴミ扱いでしたねw
館長だった元イセタンモータースの山口さんはお元気でしょうかね。
Posted by やつらだ@ bronks殿 at 2009年01月15日 08:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック