2005年12月21日

トホホ映画『男たちの大和/YAMATO』に感動ですと!?

『男たちの大和/YAMATO』なして、こんな駄作に感動するの?

こんなんで感動して、そのまま徴兵されて、気がつけば死んでいたって事にならねばいいけどさ。苦笑

以下、ネット上の感想から…。

遠いところに存在する平和というよりも、もっと身近で人間くさい「1人の人間を愛すること」、「愛する人を守ること」の大切さが伝わってきた


遠くの平和より、近くの戦争ってか? 「愛する人を守ること」とは「自衛隊に入隊」することってことなの?

9条改悪のキャッチコピーかい?

「愛する人を守りたい」だから、自衛隊は軍隊に。「愛する人を守りたいから9条改正」

『男たちの大和/YAMATO』見て勘違いするアフォいると予想してたけどさ…だからさ、俺は思ったのよ。もっと、海軍伝統の陰湿な鉄拳制裁を、上官からのリンチを徹底的に描いてくれって。

戦争中、海軍の兵隊たちの間で、ひそかにつぎのような歌が歌われていたのよ。

鬼の「山城」、地獄の「比叡」

いっそ「金剛」で首吊ろか

ビンタ、バッタの雨が降る

天皇陛下に見せたいな

私刑と死刑、一字のちがい

うっかりすると間違えられて

あなたまかせのあの世いき

こんなこととは夢にも知らず

志願するような馬鹿もある


山城、比叡、金剛とは、日本海軍の戦艦名だ。事実、海に飛び込んで自殺する者もあったそうな。それぐらい、昔の日本軍のリンチは凄まじいものがあった。

海軍の伝統に「軍人精神注入棒」というものがある。映画でも軽く描かれていたが…。

夜、釣床(ハンモック)をおろし巡検がすむと、きまって「甲板整列」というリンチが毎晩のように始まるのである。それは「軍人精神注入棒」と称する1メートルほどの太い樫の棍棒を手にした下士官や古い兵長が、一人づつ部下の兵隊をたたきのめすのである。明治天皇による「陸海軍人に下し給える勅諭」の一節「上官の命を承ること実は直ちに朕が命を承る義なりと心得よ」をよりどころに、上官の命令は絶対的であった。「尻を出して、足を開け、手を上にあげろ!」と命ぜられると、兵隊はこの屈辱的な姿勢を拒むことができない。

戦艦「大和」の同型艦「武蔵」でそれはおこった。

「甲板整列」でひとりの少年兵が殴り殺されるという事件が起きた。役割の兵長が、酔って手元がくるって、尻にあてるつもりの棍棒が、まともに少年兵の背中をうちすえた。そのショックで心臓麻痺をおこしたのか、少年兵は担架で医務室に運ばれたときはすでに息をひきとってしまっていた。

事件はこれだけではおさまらなかった。事件の起きた戦艦武蔵は、当時、姉妹艦大和にかわって連合艦隊の旗艦になっていた。事実をありのまま司令部に報告するわけにはゆかないというのが副長を中心とするおもだった士官たちの意見であった。犯人の兵長は懲罰とか禁錮でなくて訓戒処分でおさめることにして、殺された少年兵は戦病死の扱いで水葬にふされることになったという。

連合艦隊司令長官 海軍大将山本五十六が戦死したのは、それからまもなくのことであった。山本長官の遺骨を内地に送還するため、戦艦武蔵は在泊艦隊とともに内地に向けて出航した。

まったく同じ軍人の死であっても、それはなんという違いなのか。あまりにも対照的な死だ。方やミッドウェー海戦大敗北の責任をとらず、その死は栄光につつまれたまま、遺骨は丁重に内地へ送られる。国葬にされ、軍神として崇められる。軍人としては最高の名誉だ。

一方、殺された少年兵はどうだ。犬死にである。なにもかもうやむやにされ、挙句の果てに石ころのように海に捨てられてしまったのだ。

渡辺清著『海の城』より


渡辺清は1925年、静岡県の農家の次男に生まれた。15歳になって、志願資格となったとき、彼は受付の第一日目に願書を提出した。

「俺みたいな百姓の息子だって兵隊になりゃ偉くなれるんだ」

「国を守り天皇陛下に尽くせるのは兵隊だけなんだ。その兵隊で死ねば俺みたいなやつでも天皇陛下がお詣りしてくれる靖国神社の神様になれるんだ」という気持ちから、自発的に兵士に志願する。

海軍に志願した渡辺は、戦艦『武蔵』の水兵として乗船。武蔵の最後の航海、レイテ沖海戦にて露天甲板の機銃員として地獄の体験をした。わずかに砂嚢で囲まれているだけの裸同然のなか、襲い掛かる無数の米帝機に対し撃って撃ちまくった。

渡辺ら少年兵にシゴキを繰り返していた、銃長の倉岡兵曹は恐怖のあまり砂嚢の影にへばりついたママであった。

それにしても、おれたちはこれまで彼にどれほどしごかれてきたか。甲板整列で棍棒をふるうたびに彼は言ったものだ。「貴様ら、でれでれしやがって、そんなことで帝国海軍の水兵がつとまるか」そしておれたちは、そういう彼の陰険なおどしとののしりに耐えて今日まで一途にやってきたのだ。それが、真の勇気を要求される今になって、当の本人がこのざまだ。

渡辺清著『戦艦武蔵の最後』より


渡辺が戦艦武蔵で体験した実際の戦争は凄まじいもので、『男たちの大和/YAMATO』での描写なんぞ、「小学生の学芸会」のレベルでしかない軽いモノだ。

おれのすぐ眼のまえに、下士官が一人うつぶせに倒れていた。破片で後頭部をさかれ、そこからさっきまでものを考えていたうす赤いどろりとした脳液が、襟首をつたって甲板にくず粥のように流れていた。見ると耳たぶの下にも、砕けた瓦のような小さな破片が突きささっている。抜きとってやろうと思って、さわってみると、それは飛びあがるほど熱かった。
 おれは甲板の血のりに足を滑らせながら、できるだけ頭をさげて自分の配置のほうへ這うようにして進んでいった。ときおり足の裏にぐにゃりとくるのは、散らばっている肉のかけらだ。それは甲板だけではなかった。まわりの障壁や通風筒の鉄板にも、ちぎって投げすてた粘土のようにはりついていた。
 めくれあがった甲板のきわに、焼けただれた顔の片がわを、まるで甲板に頬ずりでもするようにうつむけて、若い兵隊が二人、全裸で倒れていた。一人はズボンの片方だけを足に残していたが、いずれもどっからか爆風で吹き飛ばされてきたものらしい。皮膚は、まともにうけた爆風で、ちょうど一皮むいた蛙の肌のようにくるりとむけて、うっすらと血を滲ませている。とっつきの高角砲座の下にも何人か転がっていたが、一人はひっくり返った銃身の下敷きになって、うわむきにねじった首を銃身でジリジリ焼いていた。
 そこから少し先へいくと、応急員のマークをつけた、まだいかにも子供っぽい面長の少年兵が、何かぶよぶよしたものを引きずりながら、横向きになってもがいていた。歯をくいしばって振っている顔は、すでに死相をうかせて土色だった。見ると、腹わたをひきずっているのだった。腹わたは血につかって彼の足元にもつれた縄のようにひろがっていた。うす桃色の、妙に水っぽいてらてらした色だった。少年兵は途方にくれながら、わなわなふるえる両手でそれをかきよせ、もう一度それをさけた下腹の中へ一生懸命押しこめようとしていたのだ。そうすれば、またもと通りになると思ってでもいるように・・・・・・。

砕かれた頭蓋骨、どろどろの脳液、吹っとんだ首、縄のようにもつれた腹わた、ちぎれた手足、そして床一面の血だ。血は折り重なった死骸の下をあらいながら、入り口のへしゃげた防水扉の隙間から通路がわへぴたぴたと流れ出た。天井やまわりの壁もはねた血でずっくり濡れ、ところどころ肉片が平たくはりついていて、そこからも血の滴りが雨だれのように垂れていた。

その死は一様に醜く無残だった。『勇ましい』ものでもなかった。『立派なもの』でもなかった。『美しい』ものでもなかった。みんな踏みつぶされたボロ布か虫けらのように死んでいった。

渡辺清著『戦艦武蔵の最後』より



レイテ沖海戦1944年10月24日の日没を過ぎ、「浮沈戦艦」武蔵は数発の雷撃機による魚雷を受け、沈もうとしていた。

突如「総員退去」の命令が下った。しかし、艦には救命艇は一切なかった。板切れ一枚もない。乗員を動かしているのは、もはや艦長ではなく、血も凍るような死の恐怖だった。

するとその時だ、ざわめいている後ろのほうから、

「御真影(天皇皇后の写真)だ、どけ、どけっ」

と、人をどかすのを当然と心得たような、居丈高な叫び声が、耳を刺すように聞こえた。

みんな先を競って飛び込んだが、なかには飛び込む決心がつかなくて、血相かえてそこらを狂ったように飛び廻っているものもいた。泳げない兵隊たちだった。

大抵まだ入団して日の浅い15,6歳の少年兵だった。戦局が逼迫していたので、彼らは海兵団でも泳法はほとんど教えてもらえなかった。ただ短期の速成教育をうけただけで、そのまま艦に送り込まれてきたのだ。そのうちの3,4人が、肩をくっつけ合って斜めに傾いた旗竿にしがみついて叫んでいる。

「お母あさーん、お母あさーん…」

おれは彼らのそばを駆け抜けたが、どうしてやることもできなかった。ひと声、声をかけてやることすらも…。俺は自分のことしか考えていなかった。自分のことだけで精一杯だった。

渡辺清著『戦艦武蔵の最後』より


大和が沈没したときも御真影が優先されたのだろうか。死を前にした彼らの恐怖の叫び声は、『男たちの大和/YAMATO』には描かれていなかった。少年たちの恐怖の叫び声は映画からは聞こえなかったのである。


posted by 死ぬのはやつらだ at 02:10| Comment(8) | TrackBack(6) | 大日本帝国と戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なぜこんな駄作に感動するのかと言うと、
転けそうな予感ビンビンなのに良く資金集められたなぁ・・というのと、
あれだけ凄いセットと模型作っておきながら、こんな映画しか取れないという驚き

から来るのでは・・

まあ、ミリタリ系雑誌などは大和特集号出せて潤ったんでしょうから、良しとしましょう。

戦闘シーンをリアルに撮りすぎると、恐らく映倫通りません・・
指定ビシバシじゃないですかね? ほぼ全画面ボカシ入りで公開とか?

虐めシゴキはどこの軍隊にもあれど、旧海軍のはちと異常かと。
国民体質的に現代日本人もやりそうなので、徴兵制復活しそうになったら、一般兵卒で獲られる前に、年齢的に間に合う人は士官候補生なっておこう(笑)年齢で駄目な人は軍需産業系で軍属かつ下士官待遇になれれば(こっちはもっと難しそう・・)

近代戦だと、指揮車とか指揮所先に攻撃されて、塹壕で泥まみれの一兵卒の方が生き残れるかもしれませんが(笑)
Posted by 小市民 at 2005年12月21日 17:47
やっぱり、脚本はクドカンにして欲しかった。どーせならですが。レノン暗殺ばかりの開戦記念日と演歌フォークの関係は。武蔵、外洋に出た途端に米艦載にボコにれて、対空機銃至るところに急造して安心したのも束の間でした。こんなんでどーすんだろと思いつつ作業したのが、テテ親でしたとさ。
Posted by よしこ at 2005年12月22日 05:41
管理人さん、はじめまして。
私は正直な話、この1年の日本映画の戦争映画づくめには辟易しています。昔の「トラトラトラ」や「八甲田山」や「2・26事件」など昔の映画の方が様々な視点から見た形で戦争を非難し、人の愚かさをテーマにし、その中での男達の生き様を描いています。
この頃の「戦国自衛隊」とか「YAMATO」とかアメリカ映画の「パールハーバー」とかのプロバカンダ映画よりも数倍面白いと思いますね。何故同じものが作れないのでしょうかね?人材不足?
私の近年のお勧めは「ブラックホークダウン」です。管理人さんはどうですか?
Posted by yoiti at 2005年12月23日 00:00
yoiti殿、

「ブラックホークダウン」は、映画館に5回も観に逝きました。

女子供が出ず、余計な横道なし、全編戦闘シーンのこの映画、ボンクラの俺には痺れましたネ。まあソマリアの人達にとっては目眩クラクラする映画ですが。
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2006年01月01日 16:08
「男たちの大和 駄作」で検索して、僕のブログへ来た人がいたので、チェックしたらここに来ました(笑)。

僕は見てませんが、日本の戦争映画は、「誰も悪者にできない」のがダメなところですね。

みど

Posted by みどりのくつした at 2006年01月29日 15:03
この映画は無論見ていません.でも私には完璧に想像ができます.きっと名曲『群青』の世界なんでしょう.はらわたが千切れて飛び出した世界を描くのではなく「美しい海の青と心」を描くのでしょう.
Posted by アルバイシンの丘 at 2006年09月23日 10:51
 TBありがとうございました。大和・・以前に下のサイトが必見に思います。
http://www.aa.cyberhome.ne.jp/~museum/index.htm
Posted by じゅん at 2006年09月23日 22:08
本当に駄作ですね。この映画。
演出、音楽、脚本などの関係者は
業界から足を洗うべきだと思います。
センスが無いにも甚だしい。
クサいクサい、本当にひどい。
クリントイーストウッドにひれ伏して、
一から映画の作り方を教えてもらうべきだ。
こんなやつらでも、現場では偉そうにしてるから情けない。
演技は反町が得に下手。
あれで、生き残れるのだから、
日本人はどこまでおかしくなってしまったのか。

Posted by ほやじ at 2007年01月30日 01:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

戦争に反対した人にはどんな人がいたのか
Excerpt: 戦争に反対した人にはどんな人がいたのか   『男たちの大和/YAMATO』という映画が公開中らしい。    あまり関心なかったのだが、新天地で活動を再開した反米嫌日戦線「狼」(美は乱調にあり)さんが ..
Weblog: 独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう
Tracked: 2005-12-23 01:08

映画『男たちの大和 YAMATO』 佐藤純彌
Excerpt: <戦後60周年記念作品>と銘打たれた戦争巨編!! 嗚呼、日本男児たるもの、これを観ずにいられましょうか!!! ということで観てきました。うーむ、困ったな。なぜ困ったのかというと、まったくグッと..
Weblog: ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録
Tracked: 2005-12-28 01:05

激しく胸打つ「男たちの大和/YAMATO」
Excerpt:  戦争映画は好きではない。血なまぐさいのもダメだし、戦艦や武器へのマニアックな視点=軍事マニアも大嫌い。ださいタイトルもなあ。だから「男たちの大和/YAMATO」は観るのに、軽いためらいがあった。世評..
Weblog: 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
Tracked: 2005-12-31 13:57

「男たちの大和」観た
Excerpt: ↑拙作です↑1. 「男たちの大和」観た 本日は1日で、映画の日。 1000円で映画を観ることができるということで映画館に向かったが、観たいのがなかなかない。 そんな訳で、観たのが男たちの大和 全体的に..
Weblog: メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記
Tracked: 2006-01-04 09:12

男たちの大和
Excerpt:  戦艦大和の最期、そしてその乗組員の生き様・死に様を描いた大作。 本作の制作をきっかけに、日本は「大和ブーム」になったという。粗筋 2005年。 九州を一人の女性が漁村を訪れ、太平洋のある海域にまで連..
Weblog: 非常に適当な本と映画のページ
Tracked: 2006-01-04 09:12

『美しい国』?へっ
Excerpt:  テレビから安倍晋三の政権キーワード『美しい国.日本』というのが流れてきて,それをたまたま妻が耳にした.妻は『○○○の証人』なので,普段,世俗の政治には無関心を装っている.しかし,つい掟を破って世俗事..
Weblog: アルバイシンの丘
Tracked: 2006-09-23 10:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。