2005年12月19日

萎えた『男たちのヤマト』

g704702t.jpg
結論から言えば、1000円!

傑作「新幹線大爆破」の佐藤純弥監督だからと、期待したのが大間違い。最初からわかっていたことだが、ナガブチ演歌の流れるエンディングで苦痛のニガワライ

タイタニックと同様に、沈没した大和を見せ、現代とからめて描かれたのが難あり。戦争中の劇に限定して欲しかった。現代のシーンが蛇足。夢から覚めてしまう。

映画を見てると、大和の巨大さが伝わらない。対空砲の火花がショボイ。死に方に悲壮感が足りない。

外国の戦争映画を多数観てきた俺には、かなり物足りないショボサだ。

もっと肉片やハラワタが飛び散り、足はもげ、脳みそが流れ落ちるようなリアルな戦闘シーンが展開しないのは、戦争映画ではない。被爆して死んだ女の子も、もっと酷いケロイド状態じゃないとね。

冒頭にでてくる自衛艦は、海上自衛隊からの要請なんだろう。インド洋で、米帝にタダで燃料を補給してきた国賊艦の帰還の様子が意味なく挿入されていた。やたらと「菊の御紋章」が強調されていたのは、監修が戦犯瀬島龍三だからか?

口ポカーンの一茂に訓辞タレラレテモな。これじゃ戦死者への冒涜だ。重厚感のある役者がほとんど出ていないのがツライ。渡哲也が出てくるが、劇中どう見ても、艦長なんだろうと思ったら違ったりする。伊藤長官役だったらしいが、せめて字幕説明がほしいところ。

そもそも、大和級戦艦がどのような経過で建艦されたのか? その歴史的背景から話が進められなければならなかったのではないか? 米軍側からの視点が無いのも寂しいね。

劇中よかったのは、精神注入棒によるリンチ制裁、ヤクザのサイコロ賭博で遊ぶシーン、出撃前に芸者に会って、逆に抱かれるシーン。

唯一の救いは、映画館に米兵がいなかった事。いつもなら、何人か米海軍のウスラバカがパンスケ連れてベタベタしながら映画観ているのだが。
posted by 死ぬのはやつらだ at 01:20| Comment(5) | TrackBack(3) | 映画/邦画・アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご愁傷さまですた。あちきは最初から観るつもりはありませんですたが。
口直しにロード・オブ・ウォーご一緒に如何?
Posted by 亜凡怠夢 at 2005年12月19日 22:29
復活おめでとうございます。そういえば「復活の日」という映画もありましたが、あれも角川春樹でしたね。
Posted by 珍風 at 2005年12月20日 12:53
DoXさんのところを経由してきました。
こんなところに隠れ家があったとは(^^)

映画館にも行かないし、レンタルもしないと思うけど、何年後かにCSでタダでやったら見てみます。
Posted by kamakazu at 2005年12月21日 01:03
亜凡怠夢さんと同じく題名からして…苦笑せざるを得ないセンス。「汚れたヒデオ」といいカドカワのセンスは私には理解不能です(笑)。
個人的に「男たちのダイワ」もしくは「ヲトコたちのダイワ」と読んでいます。

ロード・オブ・ウォーは、必見ですよ〜だって、監督がアンドリュー・ニコルですから。
Posted by miyau at 2005年12月23日 11:54
ヤマトと比較したら、初代戦国自衛隊の勝ち。
Posted by モト at 2006年11月19日 12:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブリキの愛国者
Excerpt: スペインテーヴェーのニュースで、首相サパテーロを「真面目腐ったお人よし」と批判した野党国民党の議員に対してアナウンサーが「国民が求めているのはブリキの愛国者より真面目腐ったお人よし」と皮肉っていたのが..
Weblog: 絵ロ具。
Tracked: 2005-12-21 00:12

男たちの大和
Excerpt:  DVDじゃなく、劇場映画である。三丁目もキングコングもSAYURIもやってるのに、なぜ「男たちの大和」かと言えば、あの「北京原人」の監督だから、ウパーな作品かもしれないと思ったから。。。。。じゃなく..
Weblog: pokoponにっき
Tracked: 2005-12-28 17:49

男たちの大和を見ずに(ぉぃ)思う
Excerpt: 殆どの場合、映画を映画館で見るような事はしない。 何故なら、高いからだ。 私は、映画館で映画を見る意義を、迫力の画像と音響…という以外に見出せないので、大概の場合は話題に乗り遅れる事になる。 ..
Weblog: 滑稽本
Tracked: 2006-02-05 11:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。