2008年09月29日

1945年9月29日 昭和天皇とマッカーサーが並ぶ写真を新聞各紙が掲載

postwar macarthur and hirohito 1.jpg
その2日前、昭和天皇はマッカーサーをはじめて訪問。

マッカーサーは、このときの天皇の発言を『回想記』に書き残し、その邦訳は朝日新聞(!)誌上で1964年に連載された。
その中の有名な一文。
「私は国民が戦争遂行にあたって政治、軍事両面で行ったすべての決定と行動に対する全責任を負う者として、私自身をあなたの代表する諸国の裁決にゆだねるためおたずねした」

この伝説は、保守系新聞により、
「一身はどうなっても…責任はすべて私に」(昭和天皇死去時の産経)
などと美化されて昭和天皇を賛美するものとなっている。

それならば、『天皇独白録』のこの記述はどうなるのか?
対英米蘭戦争の開始を決した1941年12月1日の御前会議について天皇は、
「閣僚と統帥部との合同の御前会議が開かれ、戦争に決定した。その時は反対しても無駄だと思ったから、一言も云わなかった」

「一身はどうなっても」と述べたものが、このような言い訳をわざわざ残すだろうか? どう考えても東京裁判での訴追を免れたいという言い訳にしか聞こえない。

ところで、この『マッカーサー回想記』が連載されていたときに雑誌『文芸春秋』は批判特集を組み、
「『回想記』とは自己弁明と自慢、自惚れの渦の中にある、ほんの一握りの真実……である。だから、功なり名とげたお年寄りの単なる自慢話ならば、黙って耳もかたむけよう。……だが、その老人の話の与える影響がかなり大きいとなれば、問題は自ら違ってくる。我々は、事実を知らなければならないからだ」
と指摘していた。
ところが、いつのまにかこの『回想記』が真実となってしまったのである。





ラベル:昭和天皇
posted by 死ぬのはやつらだ at 22:39| Comment(1) | TrackBack(0) | やんごとなき人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
麻生の「明治憲法以来約120年。」という感覚は、敗戦日本が昭和天皇を吊るして戦前と断絶することを選ばなかったことの表れ。
戦後憲法は制憲議会により制定されたのでなく、帝国議会の決議と天皇の裁可による明治憲法の全面改正であり、その母斑が付いて回らざるを得ない。

Wiki:日本国憲法:公布と施行
帝国議会(衆議院・貴族院)における審議を通過して、1946年10月12日、政府は「修正帝国憲法改正案」を枢密院に諮詢(19日と21日に審査委員会。)した。10月29日、枢密院の本会議は、天皇臨席の下で、「修正帝国憲法改正案」を全会一致で可決した(美濃部・顧問官など2名は欠席。)。同日、天皇は、憲法改正を裁可した。1947年(昭和22年)5月3日に、日本国憲法は施行された。
Posted by リストマニア at 2008年10月01日 21:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。