2008年09月10日

渡辺監督が語る最新作『天皇伝説』の過激な内容とは!?

今朝発売の日本一汚れた週刊新潮に渡辺監督へのインタビューが掲載されてた。

新潮に取り上げられたということは、いよいよ大騒動に発展なのか?


『天皇伝説』は天皇家の血を巡る物語です。オレは10年以上前から、万世一系とは言うものの、実は天皇家は血がつながっていないのではないかと思っていました。それを確かめるべく旧皇族などに話を聞いてみたところ、やはり天皇家の血筋は続いてきたわけではない、という確信を得たのです。映画の組み立てとしてはあくまでもフィクションという形を取り、アクションシーンなどの娯楽要素も盛り込んでいます。


映画のあらすじ
主人公の渡辺は米軍で働いた経験のある男。内縁の妻を殺したとの濡れ衣を着せられて逮捕される。渡辺は脱獄し、無実を証明すべく、事件の真相を追究。そしてM資金と呼ばれる秘密資金の存在を突き止めた渡辺はそのルーツを探るため、天皇家の血脈の謎に迫る……

天皇家の問題は、映画の中で渡辺が明らかにした事実という形で挿入されています。その事実とはまず、明治天皇が16歳の時に別人にすり替えられていること。出来が悪かったため、騎兵隊の幼年兵として活躍していた大室寅之祐という青年と取り替えられてしまったのです。オレは寅之祐の生家周辺で聞き込みを行った。そして、子孫にあたるおばあさんから、寅之祐が幼少期に明治天皇になったと聞いたのです。おばあさんから唾液をもらってDNA鑑定したんですが、今の皇族のDNA配列に非常に似ていることが明らかになりました。


大室天皇についてはコチラがくわしい↓
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/html/history/honbun/nanboku4-1.html

大正天皇の4人の子は皆、貞明皇后の不倫の末に生まれた子です。まず、昭和天皇は貞明皇后と、西園寺公望の養子である毛利八郎との間に生まれた子。秩父宮、高松宮の父親が誰なのかは分かりませんが、大正天皇でないことは間違いない。三笠宮の父親はDNAで調べると、中川宮の第5皇子である多嘉王です。
昭和天皇もまた子種がありませんでした。平成天皇の父親は、三笠宮です。また、秋篠宮も平成天皇の子供ではありません。美智子皇后と入江相政・元侍従長の間の子なのです。つまり、秋篠宮には皇室の血は一切入っていないのです。

渡辺監督が饒舌に話すトンデモ内容であるが、もしホントウなら一部のトンデモ保守の間で騒がれている「悠仁」さまを天皇にすることで男系天皇の伝統を守る、というのは跡形もなく崩れ去る。なんせ秋篠宮家には皇室の血が一滴も入っていないのだから……。

また毛利八郎については、こんなの見つけた↓
鬼塚英昭は、昭和天皇の実父は西園寺八郎であるとする(母はもちろん貞明皇后)。ゾルゲ事件の尾崎秀実に情報を流していた西園寺公一は八郎の息子である。西園寺八郎は、もと毛利八郎で、西園寺公望の娘・新と結婚し婿入りした。大正天皇と同級。

もし、西園寺八郎が昭和天皇の実父だとすれば(わたしは確信しているが)、ゾルゲ事件で政府の秘密書類を盗み出し、尾崎秀実に渡していた公一と昭和天皇の父親は同じである。すなわち、秩父宮、高松宮、三笠宮よりは皇統に近い兄弟となる。(同前p423)

http://www.ne.jp/asahi/kibono/sumika/kibo/kinkyo0710.htm





さて、このような血湧き肉踊る娯楽作品「天皇伝説」の上映が決まっている。ノモンハンとの2本立てだ。
http://mkimpo.blog.shinobi.jp/Entry/547/

9/17(水) 9/19(金)
『ノモンハン』 10:00〜 14:00〜 18:00〜
『天皇伝説』 12:00〜 16:00〜 20:00〜
9/18(木)
『ノモンハン』 18:00〜
『天皇伝説』 20:00〜


場所:代々木八幡区民会館
交通:小田急線 代々木八幡駅 徒歩6分
交通:東京メトロ千代田線 代々木公園駅 徒歩6分

大きな地図で見る

今回も手書きのポスターがイカレテル。
http://www.imagerings.jp/fumiki_home.html

心配なのは、週刊新潮に出たことで、また右翼による妨害があるのではないか、区民会館はそれに恐れをなして上映が拒否されるのではないかということ。

一番可能性が高いのは、公安が「ここで行動しなければ右翼ではない」と右翼を煽ることだ。最悪の事態も考えられるぞ。

ラベル:天皇制
posted by 死ぬのはやつらだ at 10:47| Comment(6) | TrackBack(0) | やんごとなき人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明治天皇=大室寅之祐説は2ちゃんねるなんかでも電波扱いですね。
私は歴史は専門じゃありませんから何とも云えないところもありますが、さすがにその説はあり得ないだろうと思ってます。残念ながら。

その説を唱えた鹿島昇の弟子に当たる人の唱える虎ノ門事件の真相説、実は女をめぐる争いだった
の方が「説得力」ありかも。↓

http://www.infact-j.com/matsushige/hajimeni.htm
Posted by pulin at 2008年09月10日 18:25
今度こそ本当に上映されるか?何せこの国の臣民共はケツの穴小せぇからな。
週刊新潮が採り上げたからには上映されなきゃウソでしょ?
蛇足ながら岡林信康の歌、もう一度聴きてぇなぁ。
Posted by 亜凡怠夢 at 2008年09月10日 21:19
んー行けません。マジで残念です(笑)。やつらだ兄の以前の記事によれば、確か渡辺監督ってゲリラ的に全国で上映会やってるんでしたよね。次の機会を待つしかないのか、それとも次は無いのか・・・(笑)。

朝日の週刊新潮の広告は見たけど、アレがまさかこの映画のことだとは思いませんでした。明日にでも立ち読みしなくちゃ(笑)。
Posted by やきちゃん at 2008年09月10日 21:38
この人、月刊誌「創」に掲載されたインタビューが面白かったので、是非観たいと思っているのですが…
これまでの上映妨害も「靖国」の比じゃないですからね(再三の逮捕・拘留攻撃!)。「三島由紀夫」も撮り終えたようですが、いつの公開になるのかな。
Posted by 蒼ざめた鹿 at 2008年09月10日 23:48
なんとか、上映会にはいくつもりです。
この映画には映画に恋してやまない男の妄想がつまっているに違いありません。

フィクションとは壮大な事実の残りカスによって搾り出されるものです。哂
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2008年09月11日 11:14
渡辺文樹監督逮捕される

軽犯罪法違反:天皇家批判の映画ポスター張った監督逮捕 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080911k0000e040067000c.html
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1221107069/
Posted by リストマニア at 2008年09月11日 14:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。