2008年08月03日

あーあ、赤塚先生

赤塚先生が亡くなった。
いま泣きながら書いています。
FJ15.jpg

数年前から意識不明であることを知りましたが、それでもズーット長生きされると思い込んでいただけに、なおさらショックです。
最近、NHKで特集番組がありましたが、いま思えば、良い追悼となりましたね。松雄スズキのアニメが泣ける内容でした。再放送もたぶんあるでしょう。

子供のころ、毎日が赤塚マンガでした。
ともだちと、マガジンとサンデーをかわりばんこで買って、「天才バカボン」と「モーレツ ア太郎」を読みふけっておりました。

ニャロメやケムンパスやベシを何度、ノートに書いたことやら…
もちろん、いまでもスラスラーと書けます。

そして、サンデー連載の「レッツラゴン」にいたると、シュールギャグの世界に突入、大人でも理解が難しい世界に突入した赤塚先生。

いま思うと、ホントウの「天才」であったと思いますね。



赤塚先生に見出されなかったら、いまの億万長者の生活はなかった腐れタモリ。どのようなコメントを出すのかタノシミです。

ラベル:赤塚不二夫
posted by 死ぬのはやつらだ at 00:45| Comment(35) | TrackBack(4) | 墓碑銘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やだあ〜〜〜〜!!!!!
<武居記者が赤塚不二夫のことを書いたのだ> を読んでたから、
知らなかった訳じゃ無いけど、心の準備出来て無いよ(涙)!
あたしもバカボン 大好き!
カラオケのレパアートリ−に入ってる。
あの人はきっと天国でも陽気に飲んでるだろう。
裸踊りだってしちゃうだろうね。
今頃、神様があきれてる。きっと・・・!
Posted by ちろ at 2008年08月03日 01:16
うわーん!!

なんで死んだんや。

いまごろ、手塚先生と昆布茶でも飲んでるでしょう。

イヤ、由利徹さんと一緒に、オネーチャンのオッパイ吸ってるんだろうなぁw

サミシーのココロ。ドボシテドボシテ、ハーポックン!
Posted by 死ぬのはやつらだ@ちろ at 2008年08月03日 05:16
> 赤塚先生に見出されなかったら、いまの億万長者の生活はなかった……

 タモリは腐ったのか!(w)
 そういえば「笑っていいとも」10年以上見てない。
 あ、思い出した。
 「今夜は最高!」黒澤の『用心棒』のパロディはあったけど、『七人の侍』のパロディはされたのだろうか。知ってる人、教えてキボン。
 赤塚キャラの決まりゼリフの一つ、「やるべし」が『七人の侍』からだってのは、『七人の侍』を見てない(???)やつらださんも知ってるよね?
Posted by 本間康二 at 2008年08月03日 12:04
今朝駅前のマクドナルドで珈琲飲んでたんですが、(新聞置いてあるんだよね。喫煙席もある。珈琲は100円だし。)朝日の一面は「内閣支持率、改造後も24%」がトップ、二番目が「赤塚不二夫さん死去」です。うちの辺の地方紙だと、なんと「赤塚死去」がトップでした。
政局なんてみんなウンザリで、赤塚のほうがインパクトあるってことかな?
「おそ松くん」が小学校低学年の頃だから、ずっとリアルタイムの世代です。個人的には「おぉ〜」と思ったのは「天才バカボン」と「レッツラゴン」でした。大衆的な影響力は全共闘運動なんかより大きかったかもです。(「比較するのがおかしい!」ってどっかのインテリさん達に言われそうですが。)
赤塚先生のご冥福をお祈りします。&長い闘病生活ご苦労様でした。
Posted by ふぉっくす at 2008年08月03日 12:54
◇ちばてつや師による赤塚師ご尊顔
お見舞いで|ちばてつやのブログ『ぐずてつ日記』
http://ameblo.jp/chibatetsu/entry-10075003955.html

◇<武居記者が赤塚不二夫のことを書いたのだ>関連
http://www.getsitaya.com/gets/sugie_kakolog/sugie15.html
Posted by リストマニア at 2008年08月03日 19:19
ちばてつや氏が、今年の2月に赤塚氏をお見舞いした時の似顔絵がちば先生のブログにあります。両先生は旧満州育ち同士で仲がよかったみたいですね。
http://ameblo.jp/chibatetsu/entry-10075003955.html
そういえば、滝沢解原作、赤塚不二夫画で、『狂犬トロツキー』なんて怪作もありましたね。
Posted by natunohi69 at 2008年08月03日 21:55
「赤塚不二夫氏、死去」というニュースを最初に聞いた時、正直「あぁ、やっぱりあかんかったか」と。
『赤塚不二夫全盛期』を知っていてアニメの無印版『天才バカボン』も見ていた者としては、何とか意識を取り戻して元気になり100歳まで現役で、常識のセンが1本も2本もキレた漫画を描き続けてほしかったものですが。
Posted by o2 at 2008年08月03日 22:44
連投大変失礼します。
先程のコメで書く前に送信ボタンを押してしまいまして…。では、改めまして。
赤塚不二夫先生のご冥福を、心よりお祈り致します。天国で、手塚先生や先に逝かれたトキワ荘時代のお仲間達と、今頃は再会されているのでしょうね。
Posted by o2 at 2008年08月03日 22:53
やつらだ兄もコレ購入されていましたか。ところで渋谷の飲み屋で件の「赤塚特集」の話を聞いてから、見てえなあとか思っていたところ突然の訃報でしたね。
それと明日の「いいとも」で、タモリが何らかのコメント出すかどうかが気になりますな。(本間さん同様、「いいとも」は私もずーっと見てませんが)
Posted by やきとり at 2008年08月03日 22:53
「笑っていいとも」辞めたら、タモリを見直しますw

『七人の侍』は、本間さんが『太陽』を認めてくれたら観ますw



Posted by 死ぬのはやつらだ@本間さん at 2008年08月03日 23:06
俺も、最初の記憶は「おそ松くん」ですが、なんせ5歳だったもんで、「シェー」しか記憶にありません。ただし、アニメの主題歌はいまでもソラで歌えますw

この頃の写真では、「シェー」かウルトラマンのスペシウム光線のポーズばかりで写真に写ってましたねぇwww
Posted by 死ぬのはやつらだ@ふぉっくす 殿 at 2008年08月03日 23:11
ご紹介いただいた、ちばてつや氏のブログによれば、赤塚先生の前妻が先生の2日前に亡くなっていたんだって。

きっと、奥さんが「一緒にいこうよ」って誘ったんだなぁ。

ウワーン…。
Posted by 死ぬのはやつらだ@リストマニア 殿 at 2008年08月03日 23:15
『狂犬トロツキー』
これも廃刊ですね。

うぇーん!!!
Posted by 死ぬのはやつらだ@natunohi69 殿 at 2008年08月03日 23:16
突然書けない体になったので、最後に何か書いてくれたらなぁと思ってました。

うわーん!!!
Posted by 死ぬのはやつらだ@ o2さま at 2008年08月03日 23:18
>タモリが何らかのコメント出すかどうかが気になりますな

俺も注目したいね!
Posted by 死ぬのはやつらだ@やきとり同志 at 2008年08月03日 23:19
>赤塚先生の前妻が先生の2日前に亡くなっていたんだって。
知っていましたが、お涙ちょうだい話になるので、あえて書きませんでした。
>きっと、奥さんが「一緒にいこうよ」って誘ったんだなぁ。
葬儀の場で遺族・知人が慰めあう時にするこういうのを因縁話ともいうのかな。
Posted by リストマニア at 2008年08月04日 02:04
真面目に故人を偲んで追悼しようと思えば思う程、バカなシーンが頭に浮かんで、笑っちゃうのよねん。

今朝にはソルジェニーツィンの訃報も聞きましたが、不謹慎ながら、21世紀まで生きてたんだ〜ってことでビックリ。
Posted by loveminus0 at 2008年08月04日 12:17
大人向けエロの「天才バカボンのおやじ」を憶えている・・・
Posted by pulin at 2008年08月04日 16:21
実は、俺の亡き父、祖父が死んだ翌日に亡くなっております。
葬儀は親子一緒に行いましたよ。
Posted by 死ぬのはやつらだ@リストマニア 殿 at 2008年08月04日 22:32
>今朝にはソルジェニーツィンの訃報も

ウギャッ!
これ、テレビできちんと報道してた?

大昔、反体制の騎士と持ち上げられたけど、結局は権力が好きなだけだったのが暴露されたよね。
Posted by 死ぬのはやつらだ@loveminus0 殿 at 2008年08月04日 22:35
>大人向けエロ

ムム、すぐに反応しますwww
Posted by 死ぬのはやつらだ@pulin殿 at 2008年08月04日 22:36
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/080804/tnr0808041945003-n1.htm
ケッ、白々しいコメントだこと。
死ねばいいのに!
Posted by タモリ死ねばいいのに at 2008年08月04日 22:52
なるほど、ご自身が身につまされる廻り合せだったのですね。心中をお察し申し上げます。

さて、赤塚師の葬儀委員長を務める藤子不二雄(A)師はトキワ荘とスタジオ・ゼロの盟友とその前妻の死にかなりショックを受けていらっしゃるようで、何か「呼ばれそう」な雰囲気がありますね。

かつてのトキワ荘の住人漫画家は何人生き残っているのでしょうか?

それから、トキワ荘のような内廊下(土足禁止)・共同炊事場(当然ですが風呂なし)のアパートも東京にどれくらい残っているのでしょうか?
Posted by リストマニア@死ぬのはやつらだ殿 at 2008年08月05日 01:58
>かつてのトキワ荘の住人漫画家は何人生き残っているのでしょうか?

藤子Aは別格として・・・
水野英子は、元気なようですね。この初夏に川崎市民ミュージアムに少女マンガの展覧会を見に行った時にルーペを使いながら、相変わらず精密な画を書いている様子をVTRで流していましたね。
彼女は、マンガ界で初めてマンガ家のユニオンを作ろうとして失敗、業界からほされたんですよね。雷句が、少年サンデーの編集者を訴えた件で、水野先生のかつての行動を見直す動きもあったようです。
Posted by natunohi69 at 2008年08月05日 11:10
ちなみに、ラーメン好きな「小池さん」のモデルでもあった、トキワ荘の元住人、鈴木伸一氏はWIKIPEDIAによれば、今や世界的に著名なアニメーターとして健在のようです。
しかし、赤塚氏の葬儀、中野の宝仙寺でやるっていうけれど、あの広さで人が入りきるかしら。
Posted by natunohi69 at 2008年08月05日 11:19
いかりや長介が死んだとき以来の衝撃。

だんだんとエンタメから「ホンモノ」が居なくなりますな。

残るのはニセモノばかりなり。
Posted by 葦原屋 at 2008年08月05日 13:03
>かつてのトキワ荘の住人漫画家

これで思い出したのだけど、20年以上前の「NHK特集」でトキワ荘出身の漫画家その後みたいなのやってた。
みなさんが巨匠になったわけじゃなくて、時代に取り残された人もいたんだよね。
名前忘れたけど、素朴な少女漫画というか童話みたいなマンガ書いていた人、工員で貧しい生活しながら集英社に原稿持ち込んで、全部ボツになってたな。
赤塚先生たちと飲むシーンがあるけど、可哀想で痛々しかった。

ジャンプで赤塚賞ってのあるでしょう。それを受賞したばかりの若者が飲んでいる赤塚先生のところに挨拶にいったら、
「きみ、誰だっけ?」って先生。
そりゃねーだろう、って思ったが、赤塚先生たちも、ライバルに蹴落とされる恐怖と闘っていたんだよねぇ。
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2008年08月05日 21:58
赤塚さんの作品は子どもの頃リニューアル版おそ松やバカボン、ア太郎(テーマソングが紳助!)で楽しんでました。実家に飾ってあるウナギ犬フィギアが泣いていると思います。
また子ども文化の一時代を築いた方が亡くなっていくなんて・・・。
>タモリ
いいともに出てるよりもタモリ倶楽部でウンチク語ったり4ヶ国語麻雀やってるほうがましです。故ナンシー関さんたちに喝破されてるけど。今のタモリはタモリじゃないといいます。
図書館で拝見した大日本帝国の地図(復刻版)で面白いコメントしてたのが印象的でした。
Posted by 死神 at 2008年08月06日 18:51
> 赤塚先生たちも、ライバルに蹴落とされる恐怖と闘っていたんだよねぇ。

全盛期は時代の寵児ってことで調子に乗ってて当然なんだけど、アーティストが本当に面白くなって存在価値が出てくるのは、自分の才能が枯れてきて、若いライバルに追われ追い越され、時代が自分に味方しなくなってきてからなのよねん。そういう逆境の時に試されるのが総合的な人間力っていうのかなあ。
Posted by loveminus0 at 2008年08月06日 18:58
赤塚不二夫氏の逝去を悼みます。
70年前後中核派の隊列にいたと赤塚氏は『狂犬トロツキー』のあとがきに書いていましたが、
何でよりによって(全共闘的発想と親和性のあった)ブントでなく、ゴリゴリ教条主義の中核派だったのか、また、日本共産党候補の推薦人にも何度かなっていた記憶ですが、この辺、私には謎です。
しかしいずれにしても赤塚氏が天才的な根っからの左翼漫画家であったことは否定しようがありません。
バカボンパパには過激に批評的で詩的な忘れがたい場面がたくさんあります。
七味唐辛子工場の味試し係(?)に就職したバカボンパパの頭がいかれてしまう話はチャップリン、モダンタイムズのパロディでしょう。
俗物が友達とつるんで仲間はずれの犠牲者にミミズのスパゲッティに醤油のコーラを振る舞い「人を呪わば穴二つ」となる話は永遠の批評性を持つでしょう。
文学シーンでこれらに匹敵しうる笑い飛ばしのエネルギーを60年代末に持ち得たのは野坂昭如『騒動師たち』のみ。
今この時代そんな天才はいないのか・・
Posted by てなもんや六道遊行 at 2008年08月07日 02:57
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080807-00000908-san-soci
こんな空虚な言葉に感動するバカどもは全員爆発しろって感じですよ。
みんなもそう思いますよね!?
Posted by タモリまじで死ねばいいのに at 2008年08月07日 18:02
俺も「笑っていいとも」の司会をやることでタモリの毒は抜かれたと思っています。もっとメチャクチャやれって。
Posted by 死ぬのはやつらだ@死神 殿 at 2008年08月07日 22:21
>自分の才能が枯れてきて、若いライバルに追われ追い越され、時代が自分に味方しなくなってきてからなのよねん

俺もそう思います。

芸術家って、「俺が一番だぁ」ってのを貫き続けなくちゃね。
手塚先生なんかムキニなって書いてましたね。
岡本太郎なんか時代を超越して、先の先突っ走っていたもんなぁ。マイルスもそんな気がします。
Posted by 死ぬのはやつらだ@loveminus0 殿 at 2008年08月07日 22:26
ニャロメが学生運動のノンセクトラジカルのヘルメットに描かれてましたね。

基本的にニャロメは群れることを嫌う反逆児でした。
Posted by 死ぬのはやつらだ@てなもんや六道遊行 殿 at 2008年08月07日 22:29
今日のタモリの弔辞。不覚にも、最後の部分で涙ぐんでしまったことを自己批判します!
Posted by やきとり at 2008年08月07日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

騎士団関係者のみなさまへ  3
Excerpt: 4)追記1 3)は8/1までに記したものなのですが、8/2のたんぽぽさんの「業務連絡その後」コメント欄のjabberさんの書き込みを見て考えが変わり...
Weblog: 陸の上より海がいい
Tracked: 2008-08-03 18:00

騎士団関係者のみなさまへ  2
Excerpt: 2)そいつは帽子だ「排除(追記有り)」内コメント欄の「筋トレ発言」 について --------------------上記サイトより---------------------- 私として...
Weblog: 陸の上より海がいい
Tracked: 2008-08-03 18:01

騎士団関係者のみなさまへ 1
Excerpt: 実生活が多忙なのであまり文面を考えて作成する時間がありませんでしたので読みづらい部分もあると思います。取り急ぎで申し訳ありません。 ...
Weblog: 陸の上より海がいい
Tracked: 2008-08-03 18:02

皆さんに紹介致します。ちろ国宝ANIMAです。1度目は、是非 眼をつぶって聴いて下さいね。映像を観るのは2回目にしてね。
Excerpt: こんにちは! すっかり長文が書けなくて 今回も短文ネタです。でも、とって置き!知ってる人はとっくのとうにご存じとは思いま
Weblog: ちろの はねっかえりブログ
Tracked: 2008-08-07 13:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。