2008年08月01日

やる気のない全盛期のドリフターズw


「ドリフの大爆笑」…オープニングもエンディングも、メンバー自身の疲れきった表情に注意。
特に志村が、まったくやる気がなく、「早く終わらねーか」ってのが顔にでているなw
posted by 死ぬのはやつらだ at 23:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 芸能河原乞食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オープニング。初期は「月月火水木金金」で、後期は「隣組」の替え歌ですよね。フジテレビだから?(笑)
それにしても「大爆笑」のオープニングの変なテンションは、子供心にも不審に思ったものでした。
2時間まとめてドリフが見られるという魅力は確かにあったけど、やっぱり何と言っても「全員集合!」です。
Posted by やきとり at 2008年08月02日 00:35
>オープニング。初期は「月月火水木金金」で、後期は「隣組」の替え歌ですよね。

よく気がついたね。さすがサントラの鬼w フジテレビならではの選曲っしょ。

「大爆笑」は大人向けコントで笑わせ、「全員集合!」はなんといっても生放送による緊張感とアドリブの妙。

ギャグが使えなくなるまで使い倒す。ある意味プロでんなぁ。

お笑いをガキの物としてしまった罪も大きいけどね。
Posted by 死ぬのはやつらだ@やきとり同志 at 2008年08月02日 01:05
高木ブーちゃんとは会ったことあるよん。
ズボンのチャック全開で現れたんだわさ。
何をやってもっていうか、何もやってなくても可笑しい人だったわん。本当は音楽ももっとやりたかったみたい。
長さんの悪口の時は生き生きしてた。
Posted by loveminus0 at 2008年08月02日 22:03
スゲー会ったんですねぇ!

>長さんの悪口の時は生き生きしてた。

ブーさんのギャラがドリフのなかで一番安かったのは有名な話ですよね。
Posted by 死ぬのはやつらだ@loveminus0 殿 at 2008年08月03日 04:58
いかりや氏は、サザンが売り出したころ、高木ブーを首にして、桑田佳祐を、メンバーに加えようと交渉したということですが。ホントかいな。
ところで、新旧ドリフのメンバーは相当豪華ですね。
山下敬二郎、井上ひろし、坂本九、寺内タケシ、小野ヤスシ、ジャイアント吉田、猪熊虎五郎等々。
バンドの名前はアメリカ本家のドリフターズからとったとか?あちらも、クライド・マクファターをはじめ、「スタンド・バイ・ミー」で有名なベン・E・キングなど、何人も著名なメンバーがいて、歴代のメンバーの内、9人もが「ロックの殿堂」入りしているとか。
では、本家の「ラストダンスは私に」を・・・
http://jp.youtube.com/watch?v=XjBOCft7Nbc&feature=related
Posted by natunohi69 at 2008年08月08日 16:39
オリジナルのドリフにジャイアント吉田がいたのが驚きです!

いまの人は知らないだろうなぁ。
ジャイアントと言っても、とても背が小さい人ですよね。
Posted by 死ぬのはやつらだ@natunohi69 殿 at 2008年08月08日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104015718
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。