2011年02月19日

勝間和代は世に害毒しか流さない。即刻執筆活動を止めろ!!

ケーブルテレビで朝日ニュースターの毎週土曜日による佐高信と西部邁の学問のすすめ2を楽しみにしている。この番組での西部は相当に魅力的な人物に映る。
昨年、放送された番組で勝間のことをトコトン批判していて大いに溜飲が下がった回を咀嚼してお送りしよう。

====================



経済評論家 勝間和代著『断る力』2009年刊
日本人は出る杭を恐れて、どうしても人に遠慮しがち。「断ること」こそ生産性を上げる力だとしている。自分の軸をもち生産的な提言や交渉を行なう好循環を作る、というものだ。

佐高 腐りかけの生ものという感じもしますけど、今日は勝間和代を…。私は『タレント文化人筆頭両断』という連載をやっていまして、その中でやむを得ず読んだんですけど、西部さんがどう読まれたか非常に興味あるところなんですが。

西部 のっけから罵詈讒謗と言われると困るから、静かなところから言うと、この場に来て、ふと思い出したのは、30台のお終い頃、イギリスのバークレイ大学に家族連れて行っていて、子どもたちが小学校1、2年かな、その時、南アフリカから英語のAも喋れない少年がいて、家の息子も喋れないから2人で仲良くなった。その黒人の少年が、朝から晩まで“No No No”と教室でも踊り、道端でも踊っているね、もの凄い「断る力」をもっていた。石原慎太郎さんを巻き添えにすれば、「Noとよべる日本」というのがあったけど。アフリカの少年を見ていて、学者さんの息子さんだったけど、言葉を喋れない人に限って、NO NO と言うのだと。大人になって生きている以上ね、そう簡単にNo Noと言いまくるもんじゃありませんと、老人らしく一言苦言を申したい(笑)。

佐高 読みとおせましたか?

西部 (声を荒げて)ハッキリ言うけど、1ページ読むのが、ものすごい苦労した。僕、何度かね、例えば自分のカミサンが病院に入ったときなんかね、集団の部屋で女性たちの井戸端会議っていうの、妹も4人もいるからそういうの聞いてきたけど、得てしてね、俺には付き合いきれない、1ページはおろか、半ページも主旨が変わったりボケたりね、井戸端会議としてはボケたほうが面白いのでしょうけど、僕は女性の井戸端会議には付き合いきれないと。

続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 00:15| Comment(2) | TrackBack(1) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

映画「フード・インク」マクドナルドなどのファスト・フードが引き起こしていること



アメリカの農場が、今日のような家畜をギュウギュウ詰めにして不衛生な環境で育てる工場式農場となったのは、急速に発展したファスト・フード産業のためであることを、この映画は如実に語っている。
そして、巨大な食品産業がアメリカ政府を操作し、彼らに有利な法律を施行させ、批判する者に対しては容赦なく高額の賠償裁判で叩き潰す。
エジプトのムバラク独裁政権が非難されているが、アメリカを支配する食品産業の実態は、まさに悪の帝国を見るようだった。

巨大なファスト・フード産業は、安価な牛肉や鶏肉を大量に安く欲しがる。その要求を満たすために、工場式農場では家畜の成長を促し、生産コスト全体をを低く抑えるために、恐ろしい悪魔の実験が消費者をモルモットして行なわれている。
続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 派遣と乞食・企業責任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。