2011年01月29日

【安田好弘弁護士】大逆事件で検察が得た地位と利権

「大逆事件百年後の意味」院内集会に逝って来た。
参議院議員会館に入るのは初めてのことだったが、予想されたとおり恐ろしく金がかかっている建物だった。警備は厳重で、ゲートを通りID証をぶら下げていなければ入館できない。もちろん爆弾やピストルを持ち込むことはできなかった。

自民党、公明党、共産党以外の国会議員も参加し、多くの人たちのリレートークが話された。その中で、安田弁護士の話を紹介する。


1989年、国連で死刑廃止の採択が可決されました。それから23年経ちました。世界の2/3以上の国と地域で死刑が廃止されています。しかし日本では依然として死刑が続いています。たとえば1人の法務大臣がこの大逆事件で処刑された12人以上の人に死刑を執行している、というようなことが現在も行なわれています。裁判員裁判が始まってまだ2年も経たないのに、すでに3件もの死刑判決が出ているわけです。
日本では依然として死刑が続いています。その執行方法も、この大逆事件とまったく同じ方法で行なわれているのです。刑法というものをご覧になればわかると思うのですが、第2章の刑法第73条が完全に欠落しております。そこには大逆罪が書いてあったんです。

天皇、太皇太后、皇太后、皇后、皇太子又ハ皇太孫ニ対シ危害ヲ加ヘ又ハ加ヘントシタル者ハ死刑ニ処ス

死刑罪です。共謀も死刑となります。そしてこの大逆罪はいまの最高裁大審院しか裁判が行なわれませんでした。1回の裁判で死刑しかない裁判が適用されたんです。
じゃあなぜ日本で死刑が廃止されないのか。それは日本には他の国と違って、死刑廃止に反対する強力な政治的集団があるからなんです。その強力な政治集団とは何か、それは法務省の検察です。彼らは徹底して死刑廃止に反対する。じゃあなぜ彼らが死刑廃止に反対するのか。いろいろと言われております。ひとつは天皇制を維持するためだ。あるいは自白強要という手段を放棄しないためだと言われております。しかし、私はそのルーツはこの大逆事件にあると思っています。大逆事件をデッチ上げた下手人の1人が当時の検事総長だった松室致ともう1人が平沼騏一郎大審院次席検事だったわけです。この2人は大逆事件をデッチ上げることによって多大な報酬を得ました。枢密院の議長にもなりました。もちろん法務大臣にもなりましたし、日本大学や法政大学の総長にもなったわけです。
しかし彼ら個人だけが大逆事件によって報酬を得たわけではないんですね。実は検察庁はこれによって大変な報酬を得たわけです。大逆事件を契機として裁判所構成法という法律を変えるわけです。どのように変えたかというと、事務総長を司法大臣と大審院院長と同格に吊上げたわけなんです。それだけじゃない、検察の絶対的優位的な地位といわれているのですが、検察が司法行政を支配するようになったわけです。つまり彼らは大逆事件、死刑というものによって彼らの絶対的な地位を得たわけです。しかしその地位は、敗戦によって変わることはありませんでした。現在もなおその地位は生きているわけです。ご存じのとおり法務省ではキャリアと言われる国家公務員の試験を受けた人はせいぜい出世しても課長止まりなんです。それ以上はすべて検察官が独占しているというのが現状なんです。私の友人に言わせればNo11までが検察だといっています。法務検察行政は彼らの手の中に握られているわけです。彼らの現在の優位的地位利権というのは死刑、大逆事件での死刑を政治的プロパガンダに使いたかった、ということの成果として彼らの利権と地位があるわけです。彼らは政治に口を出します。国会議員を次々と恫喝しかつ逮捕して政治をひっくり返しようとまでしているわけです。ある特捜部長は「額に汗して働く人たちが優遇される社会を作るのが検察だ」としているわけです。しかし私たちは検察のような役割を与えたはずは無いわけです。
私はとにかく検察を政治の場から排除する、司法を法務行政から排除すること、検察は検察の仕事だけをする。これが死刑を廃止する流れに対応し、2度と大逆事件のような事件をおこさせない道だろうと思うわけです。私たちが本当に大逆事件の意味を理解するならば、いまの日本における検察の役割を根本的に見直すことだと思うわけです。
是非皆さん、いま検察改革と言われていますけれども、このようなまやかしの改革に終わってはならないと思うわけです。検察を政治の場から放逐すること、検察を法務司法行政から排除すること、これが是非実現されることが私達の民主的な司法が実現されることだと思っています。
タグ:検察
posted by 死ぬのはやつらだ at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪報道と死刑制度・裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

もういいかげんマクドナルドを喰うの止めようよ

R0011500.JPG
写真はミラノのマクドナルド。景観を損ねないように赤や黄色を使っていないことに注意。美食の国イタリアにもマック食べるアホがいるらしい。ジェノバ人が嘆いていたわ。
【マクドナルド 】は2011年1月5日、2010年12月の既存店売上がプラス11.6%となり、2010年における月次既存店売上の伸び率としては最高値を示したことを発表した。また、これに伴い2010年度(2010年1月〜12月)における累計「全店舗」売上高速報値は5427億円に達し、創業以来の最高記録を更新したことも明らかにしている。同期は約1割の店舗を「戦略的閉店」として閉店していたが、各種新商品の展開やキャンペーンが功を奏した形となった。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0106&f=column_0106_001.shtml

ところで、マックシェイクの原料、植物性ミルクって何だ?それとハンバーガーのバンズってパンじゃないことも誰も知らんべ。


続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 21:07| Comment(17) | TrackBack(1) | 派遣と乞食・企業責任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

文句タレいろはカルタ2011

い いつまでもトヨタのためにエコ減税
ろ 論より感情の在特会
は 花より就職
に 憎まれっ子 小沢の何が悪い
ほ ほんとうに辞めて欲しいのはカン
へ 平気で「立ちあがれ日本」に声かけるカン
と 都知事選 都民の民度が試される 石原VS東国原VS蓮舫?
ち 地球温暖化に便乗して原発推進
り 離婚する手続き皇室典範になし
ぬ ヌルヌルに挿入するのは気持ちいいこと草食系に教えてもムダ
る 類が類を呼ぶ在特会
を 老いては年金を振り込め
わ 和解する兆しまったく無し原水協と原水禁の痴話喧嘩
か 韓国が先に砲撃演習したことを伝えない日本のマスゴミ
よ 酔っ払い河原乞食の醜態をトップで流す国営放送
た 立ち上がれ日本、勃起しない老人の醜態
れ 蓮舫が都知事になるのがまだマシか
そ 総理と言われるのが嬉しいだけのカン
つ ツイッターしている鳩山の方がまだマシ
ね 年金まともに貰えるのなら消費税増税してもいいのに
な なんでもかんでも南京事件に絡める「はてなサヨク」
ら ラーメンのスープのダシは味の素ゲゲッ
む 無理難題押し付けたのは50年間の自民党政権
う 宇宙開発に予算付ける前に失業者の貧困対策をどうにかしろって
ゐ イライラする自分の不甲斐無さを中国人朝鮮人差別で憂さ晴らし
の 脳なしの左翼の典型 元法務大臣千葉景子
お お前に言われたくない 裁判員制度の死刑判決
く 国想い 自決する覚悟なしの在特会
や ヤメ検ばかりがTVに出て検察不祥事弁護する
ま マリファナを麻薬と混同大騒ぎ ニコチン中毒になるタバコも麻薬だろうが
け ゲイ人織田裕二も偽装結婚
ふ フリチンの強さ小沢一郎
こ 国連の組織とは無関係まぎらわしい日本ユニセフ協会
え 穢多非人の差別は存在しないと言い張る日本共産党の差別体質
て 天皇陛下が率先して憲法を順守していることを認めない化石左翼
あ 愛してると宣言する恥ずかしい愛国心
さ 左翼ヅラしている「はてなサヨク」リアルで活動するだけ在特会の方がマシ
き 聞くだけ聞いて貧困は所詮他人事のサヨク
ゆ YouTubeで国家機密漏らしてネトウヨの英雄
め 面倒だから 家族会には適当に話す外務省
み みんなの党 残念だけど主導権握るのは創価学会の公明党
し 失言の追及ばかりで肝心の予算の審議は後回しの自民党
ゑ 冤罪で死刑判決下す日がくる裁判員制度
ひ 貧困問題は忘却の彼方
も もういいかげん 自民党候補を当選させる沖縄に同情することないべ
せ 世界一中国さまのお通りだ
す 好き嫌い 仕方ないが御隣にいる中国とは付き合うしかない日本
ん んーっと気張って出た 共産党の屁のような国会質疑

posted by 死ぬのはやつらだ at 21:43| Comment(4) | TrackBack(1) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

謹賀新年 この国に民主主義はいらない

昨年はブログの更新が極端に減った。
いろいろ原因はあるのだが、一番は政治への失望だ。あれほど鳩山さんのもとで行なわれた憲政史上初の投票による政権交代。その感動は投票日前日の池袋で行なわれた最終演説に感動した自分にとって、その後の「政治とカネ」というマスゴミの餌に踊らされた愚民が反民主に流された現状は酷いものだった。とても政治にコメントする気も起きなかった、というのが本音だ。

R0013361.JPG

今日、近所の神社に参拝したら置いてあったチラシ。
皇紀2671年とある。これが何を意味するのか、ほとんどの人は知らないで受け取っていたようだ。

明治神宮至誠館館長 荒谷卓氏が昨年11月の三島事件の鎮魂祭「憂国忌」での講演で次のように語っている。
http://www.meijijingu.or.jp/shiseikan/index.html
特に重大な問題は、この憲法前文にて「憲法の原理に反する一切の詔勅を排除する」ということでしょう。我が国体で、天皇陛下の詔勅を排除するという理論があるはずはない。天皇陛下の詔勅とは天照大神の神勅を起源として、歴代天皇、皇祖皇宗の大御心として、天皇陛下より賜るものです。それが憲法によって封印されてしまうというのは、我が国の歴史を遡ってもありえない行為です。


これを反動的と断罪することは簡単だが、いまの日本の現状を見るにつけ、そんなに素晴らしい国民が民主主義を行なっているのか、という大きな疑問が持ち上がるのだ。

大衆とは、よい意味でも悪い意味でも、自分自身に特殊な価値を認めようとはせず、自分は「すべての人」と同じであると感じ、そのことに苦痛を覚えるどころか、他の人々と同一であると感ずることに喜びを見出しているすべての人のことである。とホセ・オルテガ・イ・ガセトが『大衆の反逆』で述べているが、まさにその通りで、新聞による「小沢悪人報道」や「自民党復権報道」や「中国を一方的に批判する報道」に対し、何も疑問を感じず同意してしまうのが日本の大衆であり、それに対しNOという者に対しては、共存を望まず、大多数の意見に対し同意しない者に対して、死んでも死に切れないほどの憎悪を抱いているのだ。
そんな低俗な大衆に投票権を与える民主主義は、果たして日本に必要なのだろうか?

大いに疑問があるのだがどうだろう。
posted by 死ぬのはやつらだ at 20:58| Comment(7) | TrackBack(0) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。