2010年05月23日

【官房機密費】国税でオンナを抱いていた大新聞

60年代、幕開けの60年安保では、まさに革命前夜の勢いの全学連がおり、日共はコミンテルン指揮下にあり、労組も賃金闘争よりも政治闘争に明け暮れたりと…社会主義革命の恐怖を政府自民党はもとより、絞首刑を恐れた昭和天皇、人民裁判を回避したかった財界、みな本気で共産主義革命を恐れていた。

日本を反共防波堤とみなしたCIAは讀賣・日本テレビに資金提供し、反共を恐れた政府財界はフジテレビ・ニッポン放送・ラジオ日本を設立。国民を反共にするための洗脳工作を仕掛けた。
野党の社会党には国会対策費と称して、カネを渡して裏では手を握っていた。

問題は権力を追及する立場のマスゴミ大新聞だ。政府自民党を批判する大新聞各社の本社には、国有地を提供する一方で、新聞記者にはカネとオンナで懐柔していった。
ペンで闘う新聞記者もオ○ンコには弱かったという情けないハナシである。

私が昭和40年から園田直衆院副議長の秘書をやっていた頃、園田さんの使いで官房副長官室に行くと竹下登さん(当時官房副長官)が報償費(官房機密費)を月々300万円くれたから、新聞記者相手にもかなりの額を使った。
番記者を集めて、都内の料亭で飲んでから銀座のクラブに連れて行く、クラブの料金には、「女」の値段も含まれていた。そのあと私は帰るが、記者連中は女とホテルに泊まる。A社の記者は行かなかったけれどね。それで翌朝、副議長公邸に集まった記者たちと朝食を食べる。そんなことを月に1、2回やっていた。いまの新聞社の上の世代、政治部長や編集委員ぐらいまでは、そういうことをしてきた。
それから自民党を離党した後、羽田孜政権のとき、熊谷弘官房長官と私と、現在も活躍するある政治評論家、名前はいえないけど、3人で食事することになった。ところが熊谷さんが行けなくなっちゃった。そこで、「これ渡しておいて」と預かった白い封筒を、その評論家に私が料理屋で渡した。彼は当然のように受け取ったよ。あれは間違いなく報償費だった。(週刊ポスト5/28号より)

A社とは朝日のこと。朝日の社員は断っていたらしい。

こういうのが表沙汰になるのも政権交代の成果なんだと国民は分っているのか?

小沢のコトなんぞどうだってよい問題。国民の税金が大新聞のオマンコ代に消えていたことの方が大問題だろ!!

ラベル:平野貞夫 自民党
posted by 死ぬのはやつらだ at 23:49| Comment(9) | TrackBack(0) | マスゴミ/メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

酒鬼薔薇事件にまつわる流言飛語!?

きのう、ある集まりで食事しながら雑談していると、話の流れは忘れたが、ある人が「酒鬼薔薇が地域にいるという回覧が姉の家に回ってきた」というトンデモナイ話ポロッとした。
その人は具体的な地名を挙げたが、ココでは伏せておく。

もし本当だとしたら、法務省関係者か警察関係者による意図的な情報リークということも考えられる。
事件当時も、『FOCUS』には、少年の犯行記録ノートや神戸市教育委員会の指導要録など、本来なら外部に流出するはずのない資料が次々と掲載されるなど、この事件は法務関係者による情報流出が以前より問題となっている。

また、そのような回覧が回ってきても、なんら疑問に思わない地域住民の民度の低さは救いようがない。
posted by 死ぬのはやつらだ at 21:19| Comment(5) | TrackBack(0) | 犯罪報道と死刑制度・裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

貧困とほのぼのとした犯罪地帯 都電荒川線三ノ輪橋駅

DSCF6543.JPG

まえから、都電荒川線に乗りたかった。懐かしい故郷の市電に母親と乗ってデパートにいった記憶がよみがえりそうなので。
この連休にやっと乗った都電は、爺さん婆さんで満員。恐ろしく混んでいたのだ。唖然とするのは、このギュウギュウ詰めの電車にベビーカーを乗せてくるバカママがいたこと。
一触即発の空気も読めないバカを乗せて、電車はトコトコと終点「三ノ輪橋」に到着。
そこには、現代に取り残された商店街と日本共産党の残党の入りまじる、ほのぼのとした貧困犯罪地帯が連なっていた。

続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 23:46| Comment(7) | TrackBack(0) | 新・日本紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

渋谷ナイキ公園反対デモ

昨日の天皇賞、1年半ぶりに馬券買ったら見事にハズレた。こりゃ陰謀に違いないわいw


渋谷JRAの帰りに、浮浪者と左翼過激派によるデモが行われていた。




http://minnanokouenn.blogspot.com/

早い話が、警察による浄化作戦ってこった。
DSCF6489.JPG

“for more communication”というのなら、浮浪者や乞食たちを排除するなんぞ、できないはずだ。
ラベル:貧困
posted by 死ぬのはやつらだ at 13:59| Comment(7) | TrackBack(1) | 派遣と乞食・企業責任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。