2010年03月31日

北朝鮮と同じ思考の拉致家族会w

北朝鮮・拉致問題:家族会方針に異議、蓮池透さんが退会

 北朝鮮による拉致被害者の家族会は28日、蓮池薫さん(52)の兄透さん(55)の退会を発表した。飯塚繁雄代表らが東京都内で会見し明らかにした。透さんは、北朝鮮への制裁などを巡る家族会の方針に異論を唱えていた。増元照明事務局長は「家族会の総意を無視した(透さんの)発言が誤解を招いている。会と無関係なことをはっきりさせた」と説明した。

 事実上の除名について、透さんは取材に「家族会の目的は被害者の救出であり、方法論が多少違ったとしても自由にものを言える多様性も必要ではないか。僕をやめさせることで少しでも進展すると判断されたのなら、甘んじて受けるしかない」と話した。【毎日新聞3/29】


なぜ私が変わったのか、いつがターニングポイントなのかということは一概には言えませんが、一つには救う会アレルギーみたいなものが出てきたんです。善意の裏に北朝鮮打倒という強い目的が見えたということでしょうか。ちょっと時間は前後しますが、兵本(達吉・元日共国会議員秘書)さんが佐藤(勝巳・元日共、在日帰国事業関係者)さんに訊いたらしいんです。「本当に拉致被害者が生きていると思っているのか?」と。そうしたら佐藤さんが、「死んだなんて言ったらあいつらついて来ないぞ」と答えたそうです。「なんだよ、それ。結局そういう発想なんだな」と思いました。最初からおかしいと思っていたこともあります。閣僚に会う場合も、官邸に呼ばれる場合も、必ず家族会と救う会が同列で呼ばれるんです。佐藤さんは先頭を切って入っていって、閣僚に一番近い席に座り「あんたね」って、偉そうに喋る。家族会と救う会の区別がついてない人もたくさんいらっしゃると思います。外からは分かりませんよね。救う会からすると、家族会は下部機関だと思っていたのではないでしょうか。そういう面が見えてきて、嫌になっていきました。

「拉致被害者が死んでいる」と考えているのは、田原総一郎だけではない。もと日共で在日朝鮮人を北に送り返した佐藤勝巳も「死んでいる」と本音では思っているのだ。でもそれを云ったら、彼らの飯のタネである「家族会」が逃げてしまうw

それと驚くのは、拉致被害者5人の一時帰国を「家族会」が容認していたことだ。

どういう因果かわかりませんが、弟たちが帰ってきたというのが大きいのは事実でした。我々は彼らを家族として迎えました。他の家族会の人たちは、歓迎はしてくれましたが、一時帰国という我々にとって信じられない事態を阻止することには協力してくれなかったという記憶があります。弟たちが北朝鮮当局から指示された重い使命を帯びて帰ってきたという事情を感じていたのかも知れません。弟たちを情報源として見てしまうというところもあった気がします。
(中略)
弟を日本に引き留めるのにはとても苦労しました。でも、誰も「戻ってはダメだ」とは言ってくれませんでした。中山恭子内閣官房参与(当時)が「5人は一時帰国で、ある一定期間が経てば北に戻る」と言っていましたから、皆そう思っていました。今は異論を言う人がいますが、我々は、ここで北に戻したら二度と日本に来ることができないという思いがありましたから、なんとか弟を引き留めようと努力をしたんです。そういう時に励ましてくださったのは、兵本さんや石高さん、要するに家族会の発起人だけだったんです。救う会の人も「戻ってはダメだ」とは言いませんでした。結局、親身になって協力してくれるのは家族と、友達や恩師、そういう自分の身近な関係者だけだという思いを強くしました。
弟を説得して、なんとか日本に留めることができました。約2年後には弟の子どもたちも帰国しました。そうしたら、事務局長をやめるのかどうかという話が出てきました。別に、長という立場に拘ってはいなかったので、「いいですよ、やめます」と言いました。でも、家族が戻ってきた人間がいくら救出を訴えてもまったく説得力がないというのが理由だったので、私の母も怒っていました。「いままでの活動はなんだったのですか?」と。


いまなら、嫉妬したのが増元照明事務局長だったことは明らかなことだ。反左翼であれば何でもよいというネトウヨレベルのオッサンが家族会の理事長…。
この人、飯のタネは家族会だけなんで、拉致事件が解決すれば失業となる身。
永久に解決してもらっては困るのだw
タグ:拉致問題
posted by 死ぬのはやつらだ at 18:25| Comment(7) | TrackBack(0) | 北の国から 韓国・北朝鮮・在日朝鮮人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

予備自衛官に登録しない在特会は中国・朝鮮に帰れーw

DSCF5741.JPG
外国人による祖国侵略の恐怖におびえる在特会の諸君!
君たちが活躍できる場が、「予備自衛官」だ。
国を愛する諸君なら当然、登録していることと思う。
口先だけならバカでも愛国者だ。行動で示そう! 我が国を愛する気概を!!
予備自衛官に登録しない在特会は日本から出ていけー!!
予備自衛官に登録しない在特会は中国・朝鮮に帰れー!!
まさか君たちは、予備自衛官に登録できない在日朝鮮人や不法入国の中国人ではないだろうねぇw
posted by 死ぬのはやつらだ at 20:56| Comment(13) | TrackBack(1) | 似非『愛国者』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

日共系護憲団体と共に陸上自衛隊広報センターに逝ったw

DSCF5725.JPG

朝霞にある陸上自衛隊広報センターに日共系護憲団体がツアーをするというので、やじ馬根性で逝ってきた。
ガイドは新日本婦人の会の女性で、基本的に「自衛隊はいらない」というスタンスで、いろいろ説明してくれたのだが、自衛隊=違憲で思考停止しているので、具体的に個々の兵器がいかに無駄なのか、こんな場所に基地は必要なのかなどという検証はない。
朝霞駐屯地は、もともと昭和5年に造られたゴルフ場を昭和15年に陸軍が接収した場所。
そのような歴史的経過も説明せずに、「広大な敷地」が強調され、自衛隊への反感を煽る説明となっていた。
敷地内の桜が一部、枝ごとちょん切られたのを「自衛隊って手荒なことするのねぇ」などと、なんでも自衛隊の所為にする車いすのオバサンがいたりして聞くに堪えないものであった。
これでは、何でも「憲法」や「日教組」の所為にするネトウヨや街宣右翼となんら変わらないではないか?

憲法を守るためには、自衛隊員を護憲の我々の味方につけることが必要だと俺は考えるが、ただ反感を煽るような言動ばかりでは何も変わらない。

車いすのオバサンは「陸上自衛隊広報センター」に入るや、大きな声で突然暴言を吐き始めた。
御巣鷹山の日航機を撃墜したのは自衛隊です! これをどう思いますか?
根拠もない陰謀論をどなりつけるように叫んだオバサンに対し、自衛隊職員は相手が障害者だったためだろうか、追い出すことはせず、冷静に対応していた。
隣の部屋では、陸上自衛隊音楽隊によるコンサートが行われており、聴きに来ていた人もビックリしたと同時に、護憲派って非常識なやつらだ、という認識をされて帰ったことと思う。
この車いすのオバサンは、週刊金曜日の読者と聞き、さもありなんと思った次第。

朝霞駐屯地と云えば、左翼過激派による自衛官殺害事件が起きた基地だと思うと複雑な気分となった。
タグ:左翼 共産党
posted by 死ぬのはやつらだ at 22:58| Comment(12) | TrackBack(2) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

在特会「桜井誠」が小沢一郎暗殺計画を認める

週刊金曜日3/12号に、「在日特権を許さない市民の会」会長、桜井誠へのインタビューが掲載されていた。
桜井さんごじしんは右翼ですか?
残念ながら私は、右翼とはとても呼べない。本物の右翼なら命なんか捨てて突っ込んでいかなきゃいけないけど、私は命が惜しい。臆病者だからね。
でも桜井さんは同じ集会で、「Xデーの時には、国会に1人でも乗りこんで行って、小沢一郎の首を取る。血みどろの闘いになる」とも。
仕方ないんじゃないですか。なぜ話し合う余地がないかと言ったらね。民主党が政権取っちゃった。この時点で終わっちゃっているわけですよ。
「首を取る」という言葉は、文字通り解釈していいんですか?
取れるかどうかは別問題ですけどね、その覚悟は持てと。実際は(建物の)中にも入れないでしょう。
実際のプランはすでに?
ある程度のプランは立ててますけど、これも人数次第でしょうね。(以下略)

堂々と小沢一郎暗殺計画を表明した桜井クン。

俺も「外国人参政権」には反対だが、君らとは共闘できないなぁ。
「外国人参政権」で我が国の領土が侵略されるなんてバカらしい戯言だしねぇ。
高校授業料無償化で朝鮮高校が「除外」ってのにも疑問があるしなぁ。

金曜日に掲載された君の写真を見ると、右襟に「拉致家族会に巣食う会」のバッジをつけている。
こんな人間に支援されている家族会の運動って、支持されるわけないよなぁw

誰か云ってやれ、テロって予告してやるものじゃないぞってw
posted by 死ぬのはやつらだ at 14:24| Comment(56) | TrackBack(0) | 似非『愛国者』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

検察バカの立花隆w

東京新聞に掲載されたコラム読んでみてくれ。
小沢氏の問題定義 斎藤学

小沢一郎について語る際には「私もこの人物を好きではないが」という枕ことばを付けなければならないようだ。が、それは原稿でたべている人たちに課せられた規定らしいので私は気にしない。この人が図らずも(当人は語らない)提起している2つの問題(1.米国との距離の再検討2.戦後天皇制の再検討)は旧帝国憲法の残滓に注目するという点で回避不可能なことだと思う。
既に公刊されているように戦後日本は岸信介氏のようなCIAのエージェント(金で雇われたスパイ)によって作られた「米国に貢献する社会」である(CIA秘録上巻、171〜184頁)。この暫定的体制が、もくろんだ人たちさえ驚くような長期間の効果を示したのは、日本人の「おかみ(天皇・官僚)信仰」が並々ならぬものだったからだろう。戦後体制作りの埒外にいた田中角栄が市民的嗅覚からこの偏りの修正を試みると、米国は直ちに反応し、その意を受けた検察によってつぶされた。
今回の小沢氏の一件も、この流れの中で生じた。彼は生き残らなければならない。今週の『週刊朝日』にある「知の巨人 立花隆氏に問う」という記事に共感する。血の臭いに吸い寄せられる鮫のように検察の刃で傷ついた者たちを一方的に批判してきた体制擁護の人は何故、「知の巨人」に祭り上げられたのだろう。(精神科医)


今週の『週刊朝日』にある「知の巨人 立花隆氏に問う」という記事で知ったが、立花は上杉隆の書いたスクープ「暴走検察子ども人質≠ノ女性秘書『恫喝』10時間」という記事を「バカバカしい批判」と決めつけているのだ。
検察憎しの立場に立つ一部マスコミにバカバカしい批判――たとえば、つい最近起きたと伝えられる(検察は事実無根と抗議)、子供を持つ石川の女性秘書を一〇時間も無理な取り調べをして保育園に通う子供を迎えにいけなくしたなど――を許してしまうことになる。

立花は検察性善説に立って、検察がそのような卑劣なことをするわけがないとしている。
小沢の民主党内での権力に比べれば、検察は日本の最高権力だ。皇族以外のあらゆる国民を強制捜査し逮捕し拘留し起訴することができる。しかも冤罪を起こしても国家公務員法に保護されて責任を負うことはない。
そんな検察を擁護する「ジャーナリスト立花隆」ってなんだ?

上杉隆と週刊朝日が問題視した「G2」ウェブ版の記事は消されており、グーグルのキャッシュが残るだけだ。
http://74.125.153.132/search?q=cache:0S8gkyewxi8J:g2.kodansha.co.jp/%3Fp%3D3545+%E7%AB%8B%E8%8A%B1%E9%9A%86%E3%80%80G2&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&client=firefox-a

東京地検の次席検事谷川恒太は週刊朝日に抗議書を送りつけている。
doc_large.gif
おまけに抗議するので地検に来いと言ってきたそうだw
普通の人間なら文句があるのなら自分がその場に行くのがスジだろうよ。まさに自分らが日本の最高権力だと自負している証拠ではないかw


週刊朝日3/12の記事によれば、立花隆は民主党や小沢事務所に一切取材せずに記事を書いていることがわかっている。
つまり、立花は俺のようなブログと同様の「便所の落書きレベル」で飯を食っているということだ。
問題は、取材をしないのに取材したフリをし、その嘘がバレないように現場で苦労している若いジャーナリストたちを攻撃し、さらに彼らの成長の芽を摘もうとする前近代的な言論人の姿勢である。まさしく立花隆氏こそ、その旧体制の象徴である。最後に立花氏に次の言葉を贈ろう。
〈「評論家」立花隆は死んだ。いま「二十歳の若者」から見れば、立花隆など過去の遺物に過ぎない〉と。
立花氏には、その偉大な足跡を穢す前に、小沢氏と同様、自ら進んで退くことを心から祈る。(週刊朝日記事より)
posted by 死ぬのはやつらだ at 12:07| Comment(2) | TrackBack(2) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。