2009年12月31日

関係者に感謝する

去年の12月に失業して以来、所謂「ハローワーク」なるものに通ったが、パソコンの端末からでてくる就職情報は、高度な技術系の派遣(!)か、介護かタクシー運転手ばかりだ。
よって、いまだ失業状態が続いている。

それでも、今年は例の「狼少女事件」によって出会った女性と結婚したので、「派遣村」には行かないですむ身分になった。
事件の発端となった自称女性には感謝している。ありがとう。

さて、来年のことだが、最近右翼論壇某氏と接触ができ、左翼の大物との鼎談をお誘いしたらオケということだったので、実現に向けて動こうと思う。
問題は、いまだに右翼は左翼論壇の大物翁に対し「殺意感情」を抱いているということなので、ボディガードをどうするのか、という問題を解決しなければならない。なんとか実現させたいものだ。

それでは、また来年(明日)。
posted by 死ぬのはやつらだ at 15:32| Comment(5) | TrackBack(1) | 戯言日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

【映画】 アバター



日本では「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督と紹介されているが、俺の中では「エイリアン2」のキャメロンなんだ。
そのキャメロンが12年ぶりの新作として出したこの映画。文句なく2度見たい映画だ。もちろん3Dでね!

上映前に3Dグラスが渡される。これはメガネの上からもかけられるようになっている。
最初は3Dに慣れる時間がいるが、すぐに慣れる。そこからが別世界。とにかく立体感というか、臨場感があって、架空の惑星パンドラに自分が立っているような錯覚におそわれる。
パンドラのジャングルの細かい設定が素晴らしく、生態系まで考えられているかのようだ。

ストーリーは、特に深いものはないが、資本主義の手先として海兵隊を送り込み先住民族を浄化する、というアメリカ合衆国の歴史が集約されているような物語だ。
これは、すべての小中学生に観せるべきだ。そのあとで徹底的に鬼畜米英の歴史を教え込むべきだろう。
posted by 死ぬのはやつらだ at 22:01| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画/洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

ホリエモン、民主党を訴えて和解!!

DSCF4681.JPG
ホリエモンが民主党と昨日和解した。例の「偽メール事件」で謝罪文と和解金を貰ったそうだ。
いまだ、堀江のブログでこのことをアップしていないので、この記事が最速になるかもw

昨日の新宿ロフトの『創』のイベントにて暴露していた。堀江は首なしデブに舞い戻っていたぞw
ローライズのジーパンはいて、パンツ見せていたw

堀江 ほんと怒り狂ったのが、なんで俺が武部の息子に3000万円渡さなきゃいけないんだよ。バカじゃねぇかって。

鈴木邦男 それで和解金が3000万?

堀江 3000万も貰えないっすよ。(笑) 民主党を訴えたんですけど、その民主党を訴えると云うのが、どうやら初めての事例らしくって。名誉棄損で政党を訴えると云うのがいままでなくって、党と云うのは法人ではないし、任意団体みたいなものじゃないですか、民主党の代表だった前原とか、死んだ永田議員とかが僕の名誉棄損情報を国会内で言ったんだけど、国会内の発言は免責があるんで、テレビ討論とかで話したことを引用して訴えたんですよ。普通は個人を訴えるんですよ、でも個人が故人になっちゃったから。(笑) まぁ前原ぐらいしかいないんですよ。でも前原も代表じゃないし、それなら民主党を訴えてみようと。ただ、民主党を訴えたとしても、党として所属議員の使用者責任があるかどうかは分からないけど、初めての事例だから面白いから訴えてみようと。そうしたら和解になっちゃった。政権とったからじゃないですかねぇ。
裁判所が、どうやっても負けるからと民主党に言って、向こうから和解してきた。

ホリエモンは、本当は「きっこのブログ」を名誉棄損で訴えたいと発言していた。しかし、「そもそも“きっこ”がどこに住んでいるかわからないし、そもそも“きっこ”って誰なのというところから始めなきゃいけないから」その膨大な時間と努力を考えるとバカラシイということらしい。
二階堂と島根の会計士と、その他モロモロも訴えたいのだけれど、もし裁判に勝ってもあいつらに支払い能力があるかどうか分からないので、裁判することが無駄なんだそうだ。

膨大な民事訴訟で敗訴しても1円も払わずに逃げ通している、2ちゃんの「ひろゆき」が悪い例なんだそうだw
ラベル:堀江貴文 民主党
posted by 死ぬのはやつらだ at 10:18| Comment(5) | TrackBack(0) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

【主権回復を目指す会】 横浜での国民糾弾行動w


俺は外国人参政権に反対だが、わざわざ「シナ人」とか云うのはどうかねぇ。そんなに差別したいのなら「チャンコロ」と云えないのはなぜか? 些細なことだが、「中途半端」なチキン集団だなw

「外国人犯罪者は出ていけ」と威勢が良いけど、日本の犯罪の大多数は日本国籍を有する日本人による犯罪。
それを云うなら、「犯罪者は日本から出ていけ〜」だろうが。

それとなぁ、「日本の主権を回復」などというのなら、「在日米軍基地」の前で抗議行動しろよ「似非愛国者」めがw
「日本列島は日本人が営々と築き上げ今日に至った繁栄国家である」としているが、歴史の事実は、「シナ人」から文化を導入し…天皇家は「朝鮮人」とのアイノコであり、「アイヌ人」を虐殺し「沖縄」の犠牲によって成り立った世界の列強と同等の略奪強姦国家じゃねぇか!

「ピースボート」と創価学会を罵倒しているところだけ評価してやるwww
ラベル:差別
posted by 死ぬのはやつらだ at 12:33| Comment(11) | TrackBack(0) | 似非『愛国者』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

勝間和代のオ○ンコと男

lifehacking.jpg
週刊文春12/31号にて、勝間の最初の夫が告白している。

3人の娘を持つワーキングマザーとして年収7000万を誇る勝間。その子育てはメチャクチャなものだったらしい。
勝間によれば、元東大の夫が子供のための定期預金を勝手に使い込んだことが離婚の原因だったというのだが、実態は勝間による不倫離婚だったのだ。

続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 21:08| Comment(17) | TrackBack(0) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

自衛隊を政治利用した自民党

朝日ニュースター「パックインジャーナル」で報道されていたが…。


(政治的行為の制限)
第六十一条  隊員は、政党又は政令で定める政治的目的のために、寄附金その他の利益を求め、若しくは受領し、又は何らの方法をもつてするを問わず、これらの行為に関与し、あるいは選挙権の行使を除くほか、政令で定める政治的行為をしてはならない。

これに自衛隊員が背くと、最悪懲役3年にもなる重大な違法行為だ。

小泉進次郎と行く「海上自衛隊横須賀基地見学ツアー」でホスト小泉は「自民党の再生」だと明確に演説。これに協力した横須賀海上自衛隊の幹部と護衛艦の艦長および乗組員は、自民党が画策した政治目的に協力したことは明白な事実である。

このような政治的行為に元防衛大臣の小池百合子までが同行していたことも問題だ。
ラベル:自衛隊 自民党
posted by 死ぬのはやつらだ at 01:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 防衛問題 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

死刑を望んで無差別殺人して死刑wwwww


被害者の遺族が「とりあえず死刑判決が出てほっとしている」と語っていた。
死刑になりたい者に死刑判決で望みをかなえてあげるとは…。

死刑制度さえ無かったら、今回の無差別殺人事件は起きなかった。それは事実だな。
ラベル:死刑
posted by 死ぬのはやつらだ at 19:26| Comment(10) | TrackBack(1) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

小沢に文句タレの宮内庁長官羽毛田信吾 ノーパンしゃぶしゃぶ疑惑w

ナサケナイ野党自民が「天皇の政治利用だ」と大騒ぎだが、天皇は存在自体が政治的なものだ。

今回のバカ騒ぎで注目をあびた羽毛田信吾とはどのような人物なのか?

略歴

* 山口県立萩高等学校を経て京都大学法学部卒業
* 1964年9月24日 国家公務員採用上級甲種試験(区分:法律)合格
* 1965年 厚生省入省。同期入省に山口剛彦、田中健次(環境事務次官、厚生省薬務局長)など。
* 北海道企業局経営管理課長
* 1976年7月31日 北海道水産部水産経済課長
* 環境庁長官官房秘書課課長補佐
* 1980年7月21日 内閣官房内閣参事官室内閣参事官
* 1983年9月10日 厚生省医務局管理課長
* 1984年7月1日 厚生省保健医療局管理課長
* 1985年8月27日 厚生省保健医療局老人保健部計画課長
* 1986年6月13日 厚生省保健医療局企画課長
* 1987年9月25日 厚生省保険局企画課長
* 1988年6月7日 厚生省大臣官房総務課長
* 1990年6月29日 厚生省大臣官房審議官(内閣官房内閣内政審議室内閣審議官併任)
* 1992年1月28日 内閣官房内閣参事官室首席内閣参事官(内閣総理大臣官房総務課長併任)
* 1995年7月7日 厚生省老人保健福祉局長
* 1998年7月7日 厚生省保険局長
* 1999年8月31日 厚生事務次官
* 2001年
o 1月5日 依願退職
o 4月2日 宮内庁次長
* 2005年4月1日 宮内庁長官

この華麗な経歴でわかるように、典型的な天下り官僚であることがわかる。
今日のゲンダイによれば、生涯賃金が8億円と云われているらしい。
宮内庁長官とし、現在の待遇は月額145万円。年収は3千万円なんですと…。

小沢が激怒して「辞めろ」と記者会見で発言したことに対し、
「天皇陛下のお務めのあり方を守ると云うのが私の立場。辞めるつもりはない」と答えたそうだが、嘘を言うな。

年収3千万の生活がウハウハで辞められません


というのが本音だろうがw

【重要な追記】
このハゲ長官だが、96年に岡光序治元次官らとともに、飲食接待問題で処分を受けているが、これってノーパンしゃぶしゃぶだよなぁ。このハゲが接待されていたんじゃねぇのかい?

ハゲ親父が老人保健福祉局長の時に、しっかりノーパン接待のリストに載ってるぞw(情報提供「通りすがり」さん)
http://www.rondan.co.jp/html/news/roran/

posted by 死ぬのはやつらだ at 21:16| Comment(10) | TrackBack(1) | 日本の寄生虫公務員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

師走らしい風景


タクシーの1日の売上なんぞ、たかが知れたものだぞ。
posted by 死ぬのはやつらだ at 04:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 犯罪報道と死刑制度・裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

禁断の恋 美輪明宏と赤木圭一郎

トニーと呼ばれた、赤木圭一郎という日活のアクションスターがいた。そのバタ臭い風貌にファンは熱狂し、人気絶頂の時に事故で死んだ(1961年2月14日)。享年21歳。

日活撮影所食堂係の証言→…はじめは、妙にノロノロ走っていたのに…それが、本当にアッというまに、何十キロだかのスピードになって、赤木圭一郎は、コンクリート壁へモロに衝突したゴーカートから放り出されて…去年1年間に12本のシャシンにでたって、今さっき隅のテーブルで話していたのに…


美輪明宏はトニーの恋人だった。

1975年「話の特集」5月号、黒柳徹子が美輪明宏にインタビューしている。美輪さんがスピリチュアルに傾倒していった理由が、赤木圭一郎との悲しい別れにあるのかもしれない、と云うことがうかがえるはずだ。

黒柳 赤木さんとは、最初どこで会ったの?
美輪 『メケメケ』でデビューして、歌とか演技力じゃなくて、全くの風俗として捉えられて、「神武景気のあだ花」だと言われて、来る仕事もそれにちなんだようなのばかりだから、段々嫌気がさして、だから仕事も来なくなっちゃって…。デビューから3年後ぐらいの昭和35(1960)年ぐらいからおかしくなってた。
黒柳 その頃、どういう暮らしをしてたの?
美輪 父が莫大な借金をかかえて破産して、一家がバラバラになって、父と兄はサナトリウムに同時に入っちゃったし、弟2人を高校と大学に通わせなきゃいけないでしょ。
黒柳 財政的な面倒を全部見てたの?
続きを読む
ラベル:美輪明宏
posted by 死ぬのはやつらだ at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸能河原乞食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。