2009年11月28日

【事業仕分け】スパコン凍結を批判したノーベル賞・野依の正体!!


どうして、マスゴミは世論操作をしようとするのか?
本日発売のゲンダイに鋭い指摘があった。

「歴史の法廷に立つ覚悟はあるのか」と非難した野依のハゲ親父は、総額1154億円もの次世代スパコン開発を統括している、文科省所管の独立行政法人「理化学研究所」の理事長なのだ。

理事長の給料が月最大121万円。これはあくまで本給で、ほかに期末手当、地域手当、通勤手当など…年収は2000万円を超えているというのだから驚き。
ただ、だまって座っているだけで良いのだから、野依としては予算削減は困るのは当たり前だ。

テレビを見ていた一般大衆は、スパコンの理研の理事長だとは知らないで見ている。純粋に科学者の立場で野依が発言したと勘違いしているのだ。
冗談じゃない。野依は年収2000万円のカネ欲しさにパフォーマンスをやっているだけなのだ。将来の日本のためというなら、いままで散々稼いできたのだろうから無償で奉仕しろって。
記者会見では、江崎ヒトラー玲於奈も発言していたぞ。
http://mentai.2ch.net/soc/kako/980/980710771.html

それに、野依を含む役員8人のうちの4人が霞が関官僚OBというのだから唖然としてしまう。
常勤理事2名が科学技術庁出身。他は農林水産省出身、大蔵省OB、国立大教授、電機メーカー出身となっている。

元理化学研究所(理研)職員が批判している。
「理研の研究者は大学教授と比べると、至れり尽くせりです。学生に講義をしなくていいし、研究費は国が潤沢に出してくれる。給料もずっといい。官僚の天下りや出向組は課長クラスからいるが、研究員は「役所とのパイプが太くなる」と喜んでいた。派閥を気にしたり、役人の視察に右往左往したりと、まるで政治家みたいな動きをしている人もいます。金銭感覚もおかしくて、出張飛行機はビジネスクラス。半官半民なので、国民の監視の目が届かないのが問題です」(ゲンダイより)

このような体質なので、主任研究員による架空発注と横領事件も今年の9月に起きている。
元理研研究員、起訴内容認める=背任事件初公判−東京地裁

 独立行政法人「理化学研究所」(埼玉県和光市、理研)をめぐる物品架空発注事件で、背任罪に問われた元主任研究員和田達夫(53)、理化学器具開発販売会社「秋葉産業」社長の嘉藤悦男(76)両被告の初公判が27日、東京地裁(深野英一裁判官)であり、2人は起訴内容を認めた。
 検察側は冒頭陳述で、和田被告は1999年夏ごろから嘉藤被告に旅費の肩代わりを要求し、翌年からは領収書の付け回しも行うなど、今年6月までに少なくとも約5700万円の利益供与を受けたと指摘。物品の架空発注も、利益供与を受け続けるために和田被告が発案したとした。
 起訴状などによると、和田被告らは2004年11月ごろから昨年6月ごろまでの間、秋葉産業に特殊紙などの研究用物品を架空発注し、同社名義の口座に12回にわたって計約1100万円を振り込ませ、理研に損害を与えたとされる。(時事通信2009/11/27-17:30)


ゲンダイは、NEC、日立、富士通による闇カルテルと汚職の疑惑も報じている。
「理研は07年にスパコンの設計開発をNEC、日立、富士通の3社に共同発注しました。これが随意契約だったばかりか、スパコン開発のプロジェクトリーダーは文科省から理研に移った元NEC社員。総費用のうち800億円は、開発費としてメーカーに割り当てられているため、当初から疑問視されているのです」


スパコンには巨大ハコモノ付いてくる。200億円超を投じて神戸市に立てたスパコン設置施設だ。それにスパコンは維持費も大食いで、電気代だけで年間億単位といわれている。

posted by 死ぬのはやつらだ at 17:23| Comment(7) | TrackBack(2) | 日本の寄生虫公務員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

殺人マシン・トヨタ7 福澤幸雄に何が起きたのか?

DSCF1819.JPG

今年の3月に名古屋へ遊びに行ったさいに寄ったトヨタ博物館。
そこに誇らしげに展示されている「トヨタ7」。

福澤幸雄と川合稔、2人の若い命を奪ったレーシングカーである。

とくに福澤の事故に関しては、トヨタによる過失致死の疑いは晴れない。
その時、何がおこったのか?

続きを読む
タグ:トヨタ
posted by 死ぬのはやつらだ at 21:54| Comment(9) | TrackBack(1) | 派遣と乞食・企業責任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

トヨタが殺した福澤諭吉の曾孫

DSCF4585.JPG
福澤幸雄(1943〜1969)は、あの福澤諭吉の曾孫であり、父・福澤進太郎とギリシヤ人である母・福澤アクリヴィとの間にパリで生まれた。
ハーフであった幸雄は、そのエキゾチックな顔立ちでファッションモデルで大活躍。自らアパレルメーカー・エドワーズの取締役兼企画部長を勤めていたほどだ。
その時代の最先端の、クールな生活ぶりは、クレイジーケンバンドの名曲「ハンサムなプレイボーイ」でうかがい知れる。

そのカッコイイ、プレイボーイは、1969年2月12日に静岡県袋井市のヤマハテストコースでトヨタのレーシングカー、トヨタ7のテスト中に起きた事故により、レーシングドライバーとして更なる飛躍を期待されていた福澤幸雄は、この世を去ってしまう。享年25歳であった。


コース脇に設置されていた標識に激突炎上した幸雄のマシンは宙を舞い炎上した。
驚くべきことに、トヨタの関係者は消火活動をせずに、20分間も燃え盛る炎の中で幸雄が焼け死ぬのを黙って見ているだけであった。

いったいその時、何があったのか?

トヨタの対応に納得がいかない、父・福澤進太郎が、雑誌『話の特集』1969年4月号に残した談話を転載する。
続きを読む
タグ:トヨタ
posted by 死ぬのはやつらだ at 22:21| Comment(5) | TrackBack(0) | 派遣と乞食・企業責任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

俺が選ぶ「日本映画・オールタイム・ベスト・テン」

キネマ旬報社は20日、雑誌「キネマ旬報」創刊90周年(1919年創刊)を記念して「日本映画・外国映画オールタイム・ベスト・テン」を発表した。映画評論家や作家、文化人の投票を集計した。

<日本映画>

(1)東京物語
(2)七人の侍
(3)浮雲
(4)幕末太陽傳
(5)仁義なき戦い
(6)二十四の瞳
(7)羅生門、丹下左膳餘話 百萬兩の壺、太陽を盗んだ男
(10)家族ゲーム、野良犬、台風クラブ

(毎日新聞)


なんだかなぁ。
浮雲、仁義なき戦い、太陽を盗んだ男、なんてぇのは同意するが…ちょっと違うんだなぁ。
俺なりの今現在の心境から来るベストテンを選考してみたぞぃ。

<日本映画>

(1)仁義なき戦い
(2)江分利満氏の優雅な生活
(3)兵隊やくざ
(4)不知火検校
(5)太陽の墓場
(6)砂の器
(7)野獣の青春
(8)“エロ事師たち”より 人類学入門
(9)狂った果実
(10)実録・連合赤軍

20080627015211.jpg20061021031520.jpgimage005.jpgkajitu.jpgtdv-16048d.jpgYouth_of_the_Beast.jpg
タグ:映画
posted by 死ぬのはやつらだ at 20:44| Comment(11) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

絶対に逝かないと思った群馬にて作戦会議終了の巻w

例の件をどう料理するかについて、テ●ヤ、企業●弟…その他モロモロの前●者と群馬で合流、会議と洒落てきましたぜw

DSCF4537.JPG
高崎駅で待ち合わせしたんですが、改札口で警察が仁王立ちで困りましたわw

続きを読む
タグ:群馬
posted by 死ぬのはやつらだ at 23:02| Comment(8) | TrackBack(0) | 新・日本紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

祝 天皇陛下即位20年 しかし、エグザイルは不敬じゃないのか?


映像見るとわかるが、普段身につけているデカイ指輪とかネックレスとかピアスとか、シャネル風のサングラスとか、どこに逝ったんだぁ?
ついでに、イレズミも消したってかぁw

この日のために、合成麻薬とか覚せい剤とか、1週間前から断ち切ったらしいぞ。ノリピーにも相談したんだとw


両陛下、寒かった今日の日に、長時間お立ちになられ、たいへんでございました。風などひかれませんよう、ニンニクのホイル焼きを食べて寝られることを…希望します。 御名御璽


あー、矢沢永吉が君が代を熱唱する日は来るのだろうか?
そっちの方を観たいぜw
タグ:天皇制
posted by 死ぬのはやつらだ at 23:41| Comment(51) | TrackBack(0) | やんごとなき人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

森繁病という困った病気

森繁久彌が亡くなった。
失礼ながら、長生きしすぎだったのでは、と思ったりする。

新聞では森繁の生前の代表作として、映画「社長シリーズ」が大きな見出しで紹介されていたが、正直、植木等の「無責任シリーズ」が現代の視点で見ても、ぶっ飛んだ内容であるにもかかわらず、森繁の「社長シリーズ」「駅前シリーズ」は笑えない内容であり、「三丁目の夕日」のような、懐かしい昭和を懐古する為の資料的価値ぐらいの内容だ。
映画なら、山崎豊子原作の映画『暖簾』(1958)の方が真っ当な作品だ。


森繁に関しては、小林信彦が興味深い説を書いているので紹介する。


続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 21:37| Comment(15) | TrackBack(0) | 芸能河原乞食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

【トヨタF1撤退】 F1とは文化的なスポーツであり、野蛮人は排除されるのだよ

日本ではF1に限らず、サッカーでもラグビーでも相撲でも、「今は盛り上がっている」とか「もう流行ってないです」みたいな言われ方をするけれども、イタリアでは新しいものはなかなか出てこないかわりに、F1でもサッカーでもヨットでもスキーでも、この手のスポーツは、日本的な言い方をすれば「ずっと流行ってます」。
(中略)
もうひとつ、日本と決定的に違うのは、モーター・スポーツの人気が若者だけじゃなくて、全世代にわたっていることです。これはスポーツ全般にいえることですが、どんな歳の人でも、男ならF1のことはディスカッションできるぐらいの知識を持っている。女性でも詳しいレギュレーションやメカのことは知らなくても、ドライバーの名前くらいは、さらりと10人はあげられるでしょうね。
(中略)
ヨーロッパ人というのは、愛国心が非常に強い人種で、特にイタリアはとびきり愛国心が強い。自分の国を誇りにしています。ヨーロッパというのは、互いに侵略しあってきた歴史を持っていますから、自分自身に誇りを持つ意味で、国が信用されるとか一目置かれるというのは、非常に大切なことなんです。
F1にしてもサッカーにしても、ヨットにしても、スポーツが栄えるというのは、ヨーロッパで国が信用されるひとつの手段なんですね。F1なら、常に参加国として認められ、サッカーならワールド・カップの常連である、ヨットならアメリカズ・カップで上位に入る。。。特にこの3つは、人間の知恵と技術と組織力のコンビネーションが問われるスポーツですから、非常に重要です。スポーツというより文化でといっていいですね。だから、こういうものについて、はっきりした自分の意見を持っていて、それを述べることができる、というのは紳士淑女の証なんです。
『内田盾男さんの名著「ラ・ミア・マッキナ」(ニ玄社)』より


今回のトヨタの撤退は、せっかくトヨタが時間をかけて築いたヨーロッパでの良いイメージを捨て去り、人々にトヨタの「儲けりゃ良いんだ」という文化の微塵もない企業体質を露呈させたということになるのでしょう。同じことは、先に撤退したホンダにも云える事です。
8年かけて一度も優勝することができなかったトヨタ。メインスポンサーがパナソニック(マネシタ電器)というのも皮肉が効いている。
世界の企業と云われながら、その中身は「三河の田舎商店」だったということです。
02年にミナルディのデザイナーを金にモノを言わせて引き抜いたり、03年にはフェラーリの新型マシンのデーターをスパイ(現在も係争中)したりと、トヨタの闇での活躍は有名だ。
だいたい、今回の撤退表明だって、トヨタは今年7月に2012年までのF1参戦継続を義務付けたコンコルド協定にサインしていることから、国際自動車連盟(FIA)はトヨタのこの決定に法的な問題がないかを改めて調査する意向を示しているほか、F1チームの連合体であるFOTA(Formula One Teams Association)もトヨタの決定に「失望」を表明している。
こんなメチャクチャなことでは、もう誰もトヨタを信用する者はF1界にはいないのだろうね。
ヤクザだったら、とっくに幹部が殺されていますぜ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BFF1
http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51585789.html


書いている途中で、気になる記事がでてきた。
トヨタの撤退は、北米での欠陥車騒動を事前に察知していたからでしょうか↓
トヨタ車の暴走事故件数、当局の発表上回る=米紙
2009年 11月 9日 14:04 JST

[ロサンゼルス 8日 ロイター] ロサンゼルスタイムズは8日、高級車ブランド「レクサス」を含むトヨタ自動車(7203.T: 株価, ニュース, レポート)の自動車による暴走事故が、2001年以来1000件以上報告されていると報じた。

同紙は、これらの暴走事故による死者数は19人にのぼるとしている。

米高速道路交通安全局(NHTSA)のこれまでの発表によると、暴走の報告件数は100件。このうち交通事故につながったのは17件。死者数は5人としている。

トヨタは今年9月、運転席のフロアマットがアクセルペダルの操作を阻害する不具合があるとして、米国で約380万台をリコール(自主回収)すると発表した。リコール対象には人気のハイブリッド車「プリウス」も含まれ、トヨタ車のリコール規模としては過去最大になる可能性がある。
タグ:トヨタ
posted by 死ぬのはやつらだ at 15:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 派遣と乞食・企業責任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

【米軍基地乱射事件】 なんだか矛盾しているんじゃないの?

基地乱射事件、容疑者は軍少佐 アパートを家宅捜索

米テキサス州フォートフッド(CNN) 米テキサス州のフォートフッド陸軍基地で5日発生した銃乱射事件で、警察は同日夜、陸軍少佐のニダル・マリク・ハサン容疑者(39)が住んでいた同基地近くのアパートを家宅捜索した。同容疑者はヨルダン系米国人で、事件当日の朝、アラブの伝統衣装姿でコンビニエンスストアに立ち寄っていたことなども判明した。

乱射事件では兵士ら12人が死亡、31人が負傷した。ハサン容疑者は現場で警官から複数の銃撃を受けて拘束された。基地に近い町キリーンの自宅アパートでは、機動隊員のチームが、米基地内では史上最悪とされる乱射事件の手がかりを求めて捜索作業にあたった。

基地内にあるコンビニの店長によると、ハサン容疑者はほぼ毎朝、コーヒーとポテトを買いに訪れていた。店内の防犯カメラが当日とらえた映像には、事件の約7時間前、同容疑者とみられる人物がアラブ式の服装で、飲み物を手にレジの前に立つ姿が残っていた。2日前の映像には病院用の白衣姿で映っていたが、店長は「事件の朝も特に変わった様子はなかった」と話している。

ハサン容疑者はバージニア工科大を卒業し、97年に陸軍に入隊した。連邦当局者によると、家族はヨルダン出身だが、同容疑者自身はバージニア州生まれで、これまで国外へ派遣されたことはない。同基地に配置される前は首都ワシントンの軍病院に勤務し、精神科医として心的外傷後ストレス障害(PTSD)などを抱える兵士らの治療を担当してきた。同容疑者の患者の1人は、「本気で心配してくれる先生だった」と話す一方、「イラクやアフガニスタンからの帰還兵から恐ろしい話ばかりを聞くことが、大きな負担になっていたのだろうか」と語った。

容疑者の親族を代表して声明を出したいとこのネイダー・ハサン氏は、「衝撃を受け、悲しみに沈んでいる」と述べ、「われわれ一族は米国を愛している」と強調した。


なんだか、複雑な話で興味深い。

そもそも、人殺しをしなければならなかった人間が事前に、その罪を犯さないで済んだと云う見方もできよう。
容疑者は、戦場に行けば人殺しをしなければならなかった。それを事前にやったまで、という見方もできよう。
戦場で罪を犯す前に未然に防いだ、という見方もできるはずだ。

かなりの確率で人殺しの可能性がある人間が、かなりの確率で人殺しをするであろう人間を殺した。

容疑者は第1級殺人で裁かれるようだが、人殺しを仕事とする人間を殺したという事実は変わらないわな。
posted by 死ぬのはやつらだ at 19:39| Comment(3) | TrackBack(1) | 悪の帝国アメリカ・日米安保という虚構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

映画「沈まぬ太陽」


過去、山崎豊子原作X日共シンパの山本薩夫監督の映画を観てきた。
「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」
どれも傑作であった。

そして、今回の「沈まぬ太陽」も全国民必見の映画だった。
渡辺謙演じる恩地元は実在の人物である故小倉寛太郎氏がモデルだ。

続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 23:09| Comment(9) | TrackBack(1) | 映画/邦画・アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。