2009年09月30日

日の丸を穢す在特会に天誅を!


国旗を使い、人をドツクとは何たることか。
在特会は、中共が裏で操っているに違いないw

日本国民は、絶対に在特会を許さないぞ〜。
在特会は日本から出て行けぇ〜。
posted by 死ぬのはやつらだ at 23:59| Comment(11) | TrackBack(2) | 叛差別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

在特会が集団で暴行

在特会がアキバでデモをやったらしい。



当無礼ログの古い記事のアクセスがアクセスランキングに登場していたので、リンク元をたどったら…。
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51512691.html

外国人参政権断固反対!東京デモが9月27日午後、秋葉原で行われ、500名が参加しました。
デモ中、歩道に目をやると、「排外主義断固反対」のプラカードを持った左翼の男が1名、突っ立っておりました。
これにほぼ同時に気づいた私と西村修平氏が左翼からプラカードをもぎ取り、あとは動画の通り参加者の皆さんが左翼をフルボッコにいたしま した。




この映像見る限り、在特会は傷害罪で訴えられても仕方ない。警察も面倒なので暴行した容疑者を逮捕していない。

笑えるのが在特会、いつもなら自分らの武勇伝を誇示するように、YouTubeにアップしているのだが、さすがにこの映像はヤバイと思ったらしいなw
暴力左翼を逮捕しろなどと、キチガイ蝶ネクタイはいつも叫んでいたと思うがねw
ラベル:在特会 ネトウヨ
posted by 死ぬのはやつらだ at 22:11| Comment(27) | TrackBack(3) | 叛差別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

八ツ場ダム 隠された住民への巨額保証金

群馬のスバラシイ民度が試されている「八ツ場ダム」問題。
自民党政権の復帰を願うマスゴミどもは民主党へのネガティブ・キャンペーンとして利用しているが、今日発売のゲンダイが闇の保証金をスクープした。
あれだけ激しい反対闘争をしてきた住民たちが手のひらを返したように賛成しているのには理由があった。

まずは、山村部落特有の「村八分」制度があげられる。お上に支配されるのは仕方がないという群馬の気風がそうさせているのだろう。
あからさまに反対すれば、何をされるかわかったものではない、というのが長野原町という閉鎖的で陰湿なコミュニティーの実態なのだろう。

そして、問題なのは、道路建設や地元対策で、すでに3200億円もの血税が保証金として投下されていたというのだ。

最高10億円、平均で800万円という補償金に関しては、すでに80年代から個別に交渉され支払われているというのだ。
この事に関しては、地元住民は口を閉ざしている。
地元住民にとっては、せっかく貰った補償金をダム中止で返さなくてはならないことが怖い、というのが本音だということなのだ。

マスゴミ報道では、もう7割が完成しているというが、今日の東京新聞での報道では、「現地を歩いてみても、7割どころか工事の先はまだ長いと感じた」としている。
だいたい計画があまりにもずさんなのが八ツ場ダム工事の特徴となっている。すでに3回も計画が見直されており、04年の第2回変更では、事業費が当初の2100億円から4600億円に倍増されている。
いかにずさんな計画なのかわかるというものだ。
地滑り対策で追加工事が長引く可能性が大きいと指摘。東電への保証金も事業費に含まれていないことも問題だ。
「中止したら自治体に負担金を返すなど、継続よりも高くつく」という声もあるが、国の金が都県に渡るわけで、税負担は増えないということらしい。無駄なコンクリートの壁を作るよりも、自治体で生きたカネとして有効に使われれば損害や無駄にならないはずだと主張している。
ラベル:群馬 国交省
posted by 死ぬのはやつらだ at 19:52| Comment(2) | TrackBack(2) | 日本の寄生虫公務員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

【八ツ場ダム】群馬県民よ、そんなにダムが必要なら県ごとダムにして水没しろってw

群馬のゴミどもが騒ぐまで、「八ツ場ダム」って「ヤツバダム」と読むと思ってたぞ。
さて、そんな「八ツ場ダム」を中止しろと町役場に抗議が殺到しているようだ。
〒377−1392
群馬県吾妻郡長野原町大字長野原66-3
電話0279-82-2244(代表)
FAX0279-82-3115

http://www.town.naganohara.gunma.jp/

八ツ場ダムで抗議電話が殺到 長野原町に

 前原誠司国土交通相の八ツ場ダム(群馬県長野原町)建設中止方針に対し、高山欣也町長や地元住民が強く反対していることをめぐり、同町役場に「推進なんておかしい」など抗議の電話が殺到していることが24日、分かった。

 同町は電話の本数について明らかにしていないが、職員は「いつも鳴りっぱなしの状態」と疲れ切った表情だ。

 17日未明に前原国交相がダム中止を明言してから連日、「ダムは中止すべきだ」などの電話があるという。中には「このまま進めた方がいい」という意見もあるが、中止に反対する職員の発言を紹介した新聞報道に関し「一職員がどうこう言うのはおかしい」と1時間以上抗議する人も。

 ある職員は「新政権に住民が逆行しているように見えるのか。いろいろな意見があるのはわかるが、地元対国ではなく、下流が水を必要としているのに」と困惑していた。
2009/09/24 20:36 【共同通信】

「下流が水を必要としているのに」という町職員の発言は50年も前のダム建設理由をオウム返ししているにすぎない。月曜日にでもその真偽を電話してみようではないか。

群馬と云えば、民度が低いことで有名。その象徴が、政策もなく世襲で政治家となっている自民党の掃き溜めたちだ。
過去にも中曽根、福田、福田のバカ息子、オブツ、オブツのウンコと最悪の面子がそろっている。
前原を批判している町長、県議、知事はオール自民湯だ。
地元では創価学会までグルにして無駄なダムを作らせたいらしい。
http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009092201000396.html

国交省の職員が(八ツ場)ダム建設を落札している企業37社に52人も天下りしているのだ。さらに7つの公益法人に25人。随意契約業者へもワンサカ天下っていて、こちらは57社に99人。合計176人がダムを食い物にしてきたのである。(ゲンダイ9/26)

DSCF3967.JPG

群馬にわざわざ行くことは死ぬまでないと思うが、こんなことが書いてあったぞい。
※小学校での運動会の組分けは「赤城」「榛名」「妙義」である。人数が多いと「浅間」が追加される。
※公営ギャンブル(競輪・競馬・競艇・オートレース)が全て揃っている数少ない県。
※上下ジャージにサンダルという「ヤンキーファッション」の女性が平然と街を歩いている。
※大泉町出身者をブラジル人扱いする。
※「群馬県民手帳」というものが存在する。
※公務員とヤクザ以外は負け組、長者番付のトップはパチンコ屋。
※群馬で飲み会を開こうとすると飲み会2日前から車の手配が始まりソワソワする(公共交通が発達していないため)。
※口と商売がうまく、なんだかんだと観光客から金を引き出す術に長けている

http://wiki.chakuriki.net/index.php/%E7%BE%A4%E9%A6%AC
ラベル:群馬 自民党
posted by 死ぬのはやつらだ at 19:14| Comment(15) | TrackBack(0) | 日本の寄生虫公務員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

昭和性風俗史 昭和3年(1928)

2.20 普通選挙制による初の衆議院議員選挙

3.15 3.15事件 共産党員の大量検挙が始まる

4.20 第2次山東出兵を決定

5.3 済南事件 日本軍と蒋介石率いる国民党軍の間で戦闘が開始

5.7 第3次山東出兵を決定

6.4 張作霖爆殺事件 奉天に引き揚げ途中の張作霖を乗せた特別列車が関東軍参謀・河本大作大佐らによって爆破

6.29 治安維持法改正公布

11.10 昭和天皇即位大礼式(京都御所紫宸殿)迪宮裕仁(つぐのみやひろひと)親王(27)、第124代天皇に

12.20 日本大衆党結成


さてさて、治安維持法が改悪され、治安を乱すと権力が恐れたエロも取り締まりが強化。
中国での戦火が続く中、大阪では若い女性にイレズミが大流行、全国で売春関連で働く女性が23万人、乱れに乱れ切った大日本帝国の秘め事やいかに、とくとご覧あれ。


続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 18:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 大日本帝国と戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

【ムネオ外務委員長】 アカ日共が外務省官僚の利権を死守しようとしている

DSCF3959.JPG


どこが建設的野党なんだかw
鈴木宗男氏が外務委員長
日本共産党は反対

 衆院本会議で18日、すでに決まっている議院運営委員長を除く16の常任委員会委員長が選任されました。民主会派の外務委員長候補、鈴木宗男氏については、採決のうえ、民主党、社民党、国民新党の与党などの賛成多数で、その他については議長指名の形で決まりました。

 鈴木氏は、2002年6月にあっせん収賄罪で逮捕され、直後に衆院で議員辞職勧告決議が全会一致で可決されました。一審、二審で有罪となり、年内にも最高裁判決が下される見込みです。

 民主は同日、衆院本会議に先立つ議院運営委員会理事会で、16人の委員長候補を一括で議長指名とするよう要求しました。これに対し、日本共産党、自民党、公明党が、鈴木氏を切り離して採決するよう主張して紛糾しましたが、結局、議長判断により本会議で分離採決となりました。

 日本共産党の佐々木憲昭議員は、議運委で鈴木氏選出に反対を表明。「同氏の一連の利権疑惑にかかわって本院がとってきた立場、およびそれらにかかわる刑事裁判が係争中であることなどを考慮すれば、同氏を委員長に選出することはまったく不適切である」「委員会を代表し、円滑かつ公平な運営にたずさわる役職につけることはやめるべきである」と述べました。
9/19「赤旗」


小泉政権のとき内閣官房副長官だったムネオが、北方領土利権疑惑で日共の「佐々木憲昭」に叩かれ、「ムネオハウス」などという言葉も流行語となった。社民党の辻元なんぞ調子に乗って「疑惑の総合商社」などという暴言を吐いたほどだ。
俺も奴らの陰謀に乗せられ、その扇動に騙されてしまった情けない国民の1人だった。いまではムネオ無しの国政は有り得ないし北海道の誇りと考えている。

外務省や検察筋からの意図的なリークによってムネオ叩きに奔走し、検察の国策捜査に協力した日共の佐々木憲昭、その負い目があるから今回のムネオ選出反対に対し自公と協力したのだろうか?

日共が自公と組んで問題とする、鈴木宗男にかかわる一連の事件とはなんだったのか、もう一度検証する必要がある。

続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 18:16| Comment(12) | TrackBack(1) | お笑い日本共産党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

映画『精神』


映画『選挙』(07)の想田和弘監督映画第2弾!
前回同様にBGMも説明もなく、淡々と取材映像が流れていく。
最初に重々しい患者と医者のやり取りがあったが、笑いもあったりして…でもやっぱり泣ける映画だった。
患者の中には天才すぎる人がいたり、「何をするかわからない」自分に困っている人、生活保護を受けて子どもと別居している人、子供を虐待死させて幻聴に困っている人…。
果てしない絶望に悩み苦しんでいる患者に向き合う老医師。

岡山の精神病院とその患者を通して映し出す「健常者」とは何かという命題。


衝撃のラストには唖然としてしまった。たぶん生涯で一番衝撃的な終わり方だったと思う。
機会があったら是非観て欲しい。
ラベル:映画
posted by 死ぬのはやつらだ at 20:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画/邦画・アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

民主党これだけは知っておきたい 党内グループ

本日、鳩山政権がスタートした。
まずは素直に新政権の誕生を喜びたい。


人事は極秘組閣と云われるほど慎重に決められたようだが、民主党内部にはどのような権力構造があるのだろうか?
マスゴミは小沢の二重権力などというデマを垂れ流しているが、民主党内部はそんな単純なものではない。


自民党は派閥力学でかつては動いていたが、民主党にも自民党の派閥ような党内グループがある。
自民党の派閥と違うのは、複数のグループに属している議員が多くいること。自民党の派閥と違い、まとまった行動もとらないゆるいグループだということ。
それと、選挙の際に軍資金を配るなどというカネの繋がりはナイということが大きな違いだ。

上杉隆著「民主党政権は日本をどう変えるのか」(飛鳥新社)によれば主な8グループと孤高の1人が民主党内にはある。

※各グループの人数は衆院選前のもの。

続きを読む
ラベル:民主党
posted by 死ぬのはやつらだ at 20:12| Comment(4) | TrackBack(2) | 民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

【高速道路無料化】 イシハラ腰巾着の猪瀬直樹よオマエに云われたくないわ



高速道路無料化で税収は6000億以上増収するという結果を国交省は隠していた。そのことを猪瀬や古館は無視して財源財源と大騒ぎしている。

オマエラ、今回の選挙でどの党に投票したのか明らかにしてからテレビで発言しろよ!

氏ねばいいのにw
posted by 死ぬのはやつらだ at 18:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

高速道路無料化でCO2排出量は減る

高速無料化の経済効果 国交省、一転試算認める

 高速道路を無料化した場合の経済効果について国土交通省が2年前に試算を行っていたことが明らかになった。一般道の渋滞が解消されることなどから、直接の経済効果を2.7兆円と見込んでいる。これまで政府は「試算は存在しない」として隠してきた。民主党の公約に有利な結果だったため、公表しなかった可能性がある。

 試算は07年度に国交省の国土技術政策総合研究所が実施した。政府が08年度以降に検討していた高速料金値下げの影響を調べるためだった。だが、政府は国会答弁や質問主意書への答弁書などで高速道路無料化の経済効果に関する試算について「国交省が取りまとめたものは存在しない」などと存在を否定してきた。

 朝日新聞の取材に対し、同省道路局は試算の存在をこれまで認めてこなかった理由について、「『検討段階』だったため」と説明している。

 朝日新聞が入手した資料によると、「3割引き」「5割引き」「10割引き(無料)」の3パターンについて経済効果や渋滞予想区間を詳細に調べている。無料の試算は、首都高速、阪神高速を除く高速道を無料化した場合のもので、民主党公約と一致する。

 経済効果は、(1)走行時間の短縮(2)燃費など走行経費の減少(3)交通事故の減少、の三つの効果を、国交省の基準に基づき金額に換算した。

 高速道自体の経済効果は、渋滞増加などで年間マイナス2.1兆円となるが、車が流れやすくなる一般道が4.8兆円のプラスとなり、差し引きで「2.7兆円の効果が生じる」とした。利用者の料金負担の軽減分などを加味した別の計算方法では、経済効果は7.8兆円に達した。 (9/5朝日新聞)

国交省はこれまでこの調査データーをひた隠ししてきたが、政権交代によって渋々認めた形だ。
無料化になれば国交省天下り先が管理しているETCは必要なくなるのと自民党のご機嫌伺いで公表できなかったのだろう
この調査には6000万円もの税金が投入されているのに「調査は無い」とした国交省の責任は追及されるべきだし、国交大臣が知っていたのかどうかも調査されるべきだろう。このようなことが自民党長期政権の中で多数あったはずだ。民主党にはこれらの責任追及も期待したいところだ。


国交省が調査を依頼したのは1960年に設立された財団法人「軽量計画研究所」。交通のコンピューター解析における日本の頭脳と呼ばれている機関だ。

報道では経済効果ばかりが強調されているが、「高速無料化」によってどこが渋滞するか、CO2排出量がどうなるかも調査されている。

クルマの排気ガスは停車アイドリング時に一番CO2排出量が多くなる。つまり、渋滞が多くなるとCO2排出量が多くなる。
「軽量計画研究所」の調査によれば、一般道の渋滞が緩和されることにより、年間310万トンものCO2が削減されるという結果が出ていると民主党の馬淵議員は答えている(清水草一著「高速道路の謎」)。
この数値は京都議定書で運輸部門に割り当てられた1300万トンの約4分の1に達する量だ
自民党の1000円乗り放題で渋滞は増えているし、CO2の排出量も増えているが、それは土日休日に限定しているから、交通量が集中してしまうからだ。完全無料化になれば交通量は平準化されるようになる。

社民や共産支持者に「高速無料化」でCO2排出量が増えるのでは、と心配されている方が多いようだが、考えすぎってわけだ。
ラベル:民主党
posted by 死ぬのはやつらだ at 20:08| Comment(10) | TrackBack(2) | ECOのウソと原発と環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。