2009年01月30日

そろそろ中曽根○弘のホモ話でもしようじゃないかw

あと3年以内に死ぬだろうから、そろそろ本人からバラシテモいいんじゃないかなw

■1918年生まれ。政治家。
■政界一の真性ゲイと称される。特に若い美青年が好き。



以下、鹿砦社『ゲイ能人 勝手にカミングアウト』より


続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 20:44| Comment(19) | TrackBack(0) | エロばなとジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

ただの自殺じゃないだろうw

関空署課長、庁舎屋上から飛び降り自殺か

配信元:産経新聞

2009/01/28 14:18更新


 28日午前9時半ごろ、大阪府田尻町泉州空港中の関西空港署庁舎西側の駐車場で、同署会計課の課長(50)が倒れているのを署員が見つけた。課長は病院に搬送されたが、全身を強く打っており約30分後に死亡した。同署は飛び降り自殺とみて調べている。

記事本文の続き 調べでは、課長は高さ約25メートルの庁舎屋上から飛び降りたらしい。屋上には高さ約130センチのコンクリート製のフェンスがあったが、乗り越えたとみられる靴の跡があった。遺書は見つかっていない。課長は同日午前8時半ごろ、普段と変わりなく出勤していた。


映画『ポチ告白』でも描かれているとおり、警察の裏金づくりは組織的なものだ。そして、組織の掟を破った者は社会的に抹殺される。
今回自殺したのは会計課の課長だ
裏金の要である会計課の課長の自殺。
何かミスをしでかしたのか、掟を破ったのに違いないw
ラベル:警察
posted by 死ぬのはやつらだ at 22:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 警察・検察 日本最大の犯罪集団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1986年1月28日 チャレンジャー号爆発事故


学校の先生だったChrista McAuliffe(37)は、NASAによる民間人宇宙飛行士の応募に当選し、1986年1月28日の発射直後の爆発事故により死亡する。(正確には離脱した乗員室が海上に激突したことによる)

彼女の両親が娘の死をその場で目撃するという悲劇が世界中に報道されたことは有名な話だ。
教え子たちは教室のテレビで発射の生中継を見物していた。先生は宇宙から授業を行う予定であった、しかし生徒たちが見たのは先生の死の瞬間であった…。

事故に関するレーガン大統領のスピーチ↓
http://public-domain-archive.com/speech/file/17.mp3

ラベル:アメリカ YouTube
posted by 死ぬのはやつらだ at 17:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 悪の帝国アメリカ・日米安保という虚構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

オバマと空飛ぶ円盤w



CNNの映像から。


希望の星のように日本では報道されているが、すでにオバマは殺されており、2032年の地球から送り込まれたターミネーターの新型GNW-003型がオバマのふりを装っているだけである。遅かれ早かれ彼はアフガニスタンでスカイネットを始動することだろう。
そのことも知らずに、日本のass-hole首相は自衛隊のアフガン参戦を閣議決定で指示。
機械人間の為の国際貢献に自衛隊が巻き込まれるのを許していいのかw
ラベル:アメリカ
posted by 死ぬのはやつらだ at 07:45| Comment(0) | TrackBack(2) | 悪の帝国アメリカ・日米安保という虚構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画『ポチの告白』 初日舞台あいさつ

DSCF1625.JPG
さる1/24(土)、ついに『ポチの告白』が上映された。
http://pochi-movie.com/

舞台あいさつには、読売新聞を除く各新聞社が来ていたようだw





ネタバレの続きを読む
ラベル:映画 警察
posted by 死ぬのはやつらだ at 00:06| Comment(7) | TrackBack(0) | 映画/邦画・アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

毎日のように京都伏見署をイジメていた宮崎学

lincolnmark4.jpg
写真のクルマはリンカーンコンチネンタルのマークWっていう、アメ車らしい馬鹿デカイクルマです。
これに乗っていた宮崎おやぶんが、京都伏見署の覆面パトカーを踏み切りで後ろから押したって話ですw

前回の記事のつづき
http://anarchist.seesaa.net/article/112905471.html





続きを読む
ラベル:宮崎学 警察 京都
posted by 死ぬのはやつらだ at 17:06| Comment(1) | TrackBack(3) | 警察・検察 日本最大の犯罪集団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1984年1月22日 - 米アップルコンピュータがマッキントッシュを発表


いまの人には理解できないかもしれないが、マックの登場というのは衝撃だったんだよね。
一番凄かったのは、パソコンが苦手な人でもわかりやすいインターフェイス。たぶんこうだろうと操作すれば、だいたい動く。
それに本体の洒落たデザイン。
iMacでスケスケカラーが流行り、USBだって普及させた。
そしてiPodの登場は、それまでCDを買うという行為からネットでダウンロードして持ち運ぶという、音楽を買って聞くということを革命的に変えてしまった。
常に時代の最先端にいる。

なんてことを書いている俺はiPodを使ってはいるが、金がなくてWindows機を使っているがねw
ラベル:アメリカ
posted by 死ぬのはやつらだ at 10:42| Comment(3) | TrackBack(0) | バカばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

【宮崎学】 元警察庁長官漆間巌が内閣官房副長官になったわけ


きのう行われた阿佐ヶ谷ロフトのイベント。
不祥事ではない、これは犯罪だ! 知らないではすまされない 警察犯罪の真実『ポチの告白』

昨今多発する日本の警察犯罪事件の数々の実例を基に、良識ある巡査が警察の犯罪機構に巻き込まれながら悪徳に染まり、やがて自滅するまでを描いた社会派エンターテインメント映画『ポチの告白』が、いよいよ1月24日から公開される。公開に先駆け、日本警察の隠された真実をゲストを交え徹底討論する。

【出演】
PANTA(頭脳警察)
宮崎学(作家)
寺澤有(警察問題ジャーナリスト)
高橋玄(映画「ポチの告白」監督)


宮崎親分のトークを紹介しよう。
続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 19:06| Comment(3) | TrackBack(1) | 警察・検察 日本最大の犯罪集団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

【若松孝二】 映画を撮る人は政府をいつも監視する立場にいなければならない

またまた映画館トリウッドで行われた若松監督のトークショーより。


トークの中で、監督はイスラエルによるベイルートのパレスチナ難民キャンプ虐殺のことに触れているけど、このことを日本人のほとんどが忘れているか、知らないだろう。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/1123/annex/sharon/1_a.html
この虐殺事件に加担したのが、後にイスラエル首相(01〜06年)となるアリエル・シャロン。
戦犯岸を首相とした日本と似ているなw。




続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 14:08| Comment(32) | TrackBack(1) | 映画/邦画・アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

映画『戦場のレクイエム』


中国内戦を描いた戦争大作!
http://requiem-movie.jp/

冒頭から、「プライベート・ライアン」をほうふつさせるリアルな戦闘シーンで血沸き肉踊らされ、残酷な結末にドカーンと爆破される。
それぐらい素晴らしい戦場描写だ。
この映画は韓国の名作「ブラザーフッド」のスタッフが協力していると知り納得した。
劇中、米軍のM26パーシング重戦車が再現されており活躍(?)するのが戦争マニアとしては嬉しい。その一方でM4シャーマンはハリボテ以下の出来でガッカリだったが…。


日本映画がいままで描けなかったほどの映像は、すでに中国映画が1億光年かなたまで我々を抜き去ったことを意味するだろう。

後半は、主人公が男の美学をとことんまで追求する。静かな時の中で。

中華人民共和国が成立するまでには、この映画で描かれているような悲劇が数多くあったに違いない。

今年は中華人民共和国が成立して60年。長い年月を経て、やっと人民解放軍を批判する映画が作られるようになった。記念すべき映画であるとも云える。

それと、邦題のセンスはどうにかならないものか?
原題は「集結號」、ラッパの集合合図(映画では重要な意味となっている)という意味だが、それがどうして「戦場のレクイエム」なのか?
ラベル:映画 中国 戦争
posted by 死ぬのはやつらだ at 18:43| Comment(6) | TrackBack(3) | 映画/邦画・アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。