2008年04月30日

孤高の親米右翼 赤尾敏



武者小路実篤 幸田露伴 大杉栄 徳田球一
すべて、赤尾さんが交流した人たち。

戦中は衆議院議員で東條英機首相を批判、除名されている。
昭和天皇の戦争責任を認めるなど、反体制を貫いた。
「今の右翼は口ばっかでね、いい加減なことばっかやってんだよ。民族主義なんて言葉だってそうだ。民族主義なんてものはいかんよ、君! そんなことで世界が平和になるか。キリストでも釈迦でも孔子でも、民族の道は説いていないよ。人類普遍の道を説いているんだ。共産主義も世界的だよ。民族を超えてるんだ。民族主義なんて、バカの言うことだ。日本民族だけがよければいいというのは、民族利己主義じゃないか。宇宙を支配する神の道があるんだ。天の理法は世界共通だから、それで平和をはからにゃいかん」
 −−しかし一般的に右翼は、民族派を自称してますが。
 「そんなもの問題にならんよ! 何もないじゃねえか。右翼という看板だけで。君たちは何も知らないんだよ、中身は何もありゃせんよ。三島由紀夫君が腹を切って死んだろ? あんなことが一番偉いと思ってんだ。何も偉くないっ! 腹切って死んで国が救えるか。そうでしょう。俺が腹切って死んだら、共産党が喜ぶだけだよ。生きて戦わなきゃいかんじゃないか。レーニンが腹切ったら、ロシアの革命は成功してないわ。あいつらはどんな苦労をしてでも、戦って、敵をつぶして、政権をとったんだ。その信念と執念がなくちゃ、成功しないよ。三島なんかバカだよ!」
http://www.hh.iij4u.or.jp/~iwakami/right1.htm


親米右翼ではあったが、権威主義と決裂し、我が道を突き進んだ、敬愛すべき日本人の1人だと思う。 
ラベル:右翼 大杉栄
posted by 死ぬのはやつらだ at 19:10| Comment(12) | TrackBack(0) | ネトウヨに負けるな右翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【山口補選】 あの死刑王子 本村洋氏が自民党の応援

今回の補選、民主党が2万票の大差で勝利した。ヨカッタ ヨカッタ
シンゾーのお膝元、明治維新の元凶、長州での勝利は、これすべて共産党のおかげです。共産党が負け戦を諦めてくれたおかげで勝利することができた。
岩国市長選で負けたが、今回の選挙で、その雪辱を果たしたのは本当によかった。

気になったのは、選挙区に光市が入っていたこと。

俺は、いつかは本村氏が、自民党で出馬すると思っていたら…
ブログ『解決不能』にこんな記事が。


死刑王子は、既に自民党政府とドッポリの仲だったのね。
http://www8.cao.go.jp/hanzai/suisin/senmon/gijiroku1.html

次回の参院選には目玉タレント議員となるでしょうな。



【5/2追記】
俺の嫌いな「オーム死刑、殺してしまえ」の江川ブログによれば、真相は次のようなものだという。
お昼休みに会社の近くで演説会があったので聞きに行った。誰から頼まれたわけでもなく、ましてや応援の依頼があったわけでもない。ところが、たまたまテレビ局の人が来ていて、本村さんを見つけて声をかけてきたので、「一市民としているだけなので、お構いなく」と言ったけれど、そのやりとりで周囲の聴衆も気が付いて囲まれるような形になってしまった。ということもあって、弁士が「今日は本村さんも来ておられるが、自民党は犯罪被害者対策にも力を入れ」云々と、演説の中で本村さんの名前に触れた。

http://www.egawashoko.com/c011/000260.html
彼女の文章によれば
本村さんは、自分が無防備に演説会に行ってしまったために、候補者を初めとする他の人たちに迷惑をかけてしまったのではないか、自分が色づけをされることで犯罪被害者の立場を向上させるための活動に何らかの影響が出るのではないか、と自分を責めていました。そのうえ判決の後の記者会見やら手記の執筆、その他いろいろな対応をした後とあって、とてもくたびれている様子でした。

イズレニシテモ、自民党支持だから、演説会に逝ったんだろうw

死刑でスッキリ、死刑王子w
posted by 死ぬのはやつらだ at 07:52| Comment(5) | TrackBack(1) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

【明治大学】 拷問博物館と絞首刑

DSCF0579.JPG
明治大学博物館に逝ってきた。

そこには……ギャーッ!!

というものがあるのである。





続きを読む
ラベル:死刑
posted by 死ぬのはやつらだ at 22:31| Comment(7) | TrackBack(0) | 犯罪報道と死刑制度・裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

世の中に無数にいるネトウヨより勘違いな人たち

最近、トンデモナイ人に出くわしたり、「えっ」というようなブログを読んだ。

そうとうに腹が立ち、唖然とした。


それが、左翼関係だからガッカリする……


続きを読む
ラベル:左翼 少年犯罪
posted by 死ぬのはやつらだ at 21:17| Comment(38) | TrackBack(2) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

冷戦時代のソ連脅威論はまったくのウソであった【防衛省OB太田述正・元仙台防 衛施設局長】

太田述正さんがいわゆる冷戦時代の「ソ連の脅威」に関する重要な証言を皮肉たっぷりにしている。

太田さんとは、昨年末に防衛利権の国会議員による口利きを実名で暴露した人だ。
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_11/t2007112033_all.html



以下、先月末に行われたASAGAYA/LOFT Aでのイベント。
「三菱重工の正体と自衛隊の本質」より。



続きを読む
ラベル:日米安保 自衛隊
posted by 死ぬのはやつらだ at 02:16| Comment(8) | TrackBack(2) | 防衛問題 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

死刑確定囚に外部交通権がないことは明らかに法律違反である

あの死刑判決後、あまりにもイヤーな気分が続いている。




我々は(死刑賛成派も反対派も)、あまりにも日本での死刑について知らないことが多すぎるのではないか?
いま俺は、森達也の「死刑」を読んでいるが、「エッ、そうなのか?」の連続だ。



あの連合赤軍の「総括」で同士を殺した左翼の植垣さんが、右翼の蜷川さんと鼎談しているなかで、死刑確定囚の外部交通権を取り上げている。





続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 20:49| Comment(3) | TrackBack(2) | 犯罪報道と死刑制度・裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

光母子殺害、死刑判決とテレビ

昨日の「死刑」判決。

大半の日本人は「当たり前の判決」と思ったのだろうが…




この光市母子殺人事件ほど、テレビとの関係が深い裁判もなかったのではと思う。


続きを読む
ラベル:死刑 テレビ
posted by 死ぬのはやつらだ at 23:20| Comment(23) | TrackBack(3) | 犯罪報道と死刑制度・裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

【裁判員制度と死刑判決】 おめでとう 本村さん あなたの望む死刑判決が出ました 


せっかく、司法があなたの望む「死刑」と判決したのに、過去の法廷において、あなたを睨みつけたと(あなた以外は誰も見ていないようですが)いう被告は、卑怯にも上告しました。

さぁ、こんどは、この残虐非道な被告人と、彼を弁護した者たちを、どのような方法で復讐するのか?

あなたの応援団が、はやく死刑私刑をしたくてウズウズしていますよ…
この朝日の記者って。

最低だな。
2chあたりで、そろそろ出自や卒業アルバムなんかが挙げられるだろうね。

まっ、法に触れない範囲でやってみてください。


ニート人口が64万人、派遣社員が約1480万人。
みな、他人の不幸で憂さを晴らすのが、楽しみの一つです。
その意味では、来年からはじまる裁判員制度ってのは、ニートや派遣社員が「死刑」を連発できるチャンスが到来します。
これは、国民が合法的に「殺人」を犯す権利を、国家が認める制度だという見方もできます。
自分が罪に問われることなく、見ず知らずの他人を「死刑判決」で殺すことができるからです。
「誰でもいいから殺したかった」と供述した若者が、つい最近いましたが、彼も、裁判員制度で選ばれていたら、包丁なんぞ使わなくても、人を殺すことができたはずです……「死刑」と判断するだけでね……

今回の事件は、どうやら、自分たちを見捨てている社会に復讐したり、憂さを晴らしたい彼らが、「死刑判決」を安易に下す後押しになることになりそうな気がしてしまいます。



ところで、あなたの顔が、だんだん「ウラミ魔太郎」に似てきているような気がするのは、気のせいでしょうか?

コノ ウラミ ウラミ ハラサズニ オクベキカ

日本国民として恥ずかしくないように生きていきたいと思います
と、あなたは記者会見でおっしゃりました。
さて、どのような生き方が「日本国民として恥ずかしくない生き方」なのでしょうか?

俺は、楽しみにしています。「日本国民として恥ずかしくないよう」、
あなたが次にどのような「正義」の鉄槌を下すのかを……
あなたのご活躍を期待しております。
posted by 死ぬのはやつらだ at 21:46| Comment(15) | TrackBack(6) | 犯罪報道と死刑制度・裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TVタックルがまともに見えるほど酷い番組


「ポスト福田は誰がいい?」
4:35ぐらいに鈴木邦男さんが発言しています。
ラベル:テレビ 鈴木邦男
posted by 死ぬのはやつらだ at 19:38| Comment(12) | TrackBack(0) | マスゴミ/メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。