2008年03月31日

1970年3月31日 日本航空機よど号ハイジャック事件


田宮らが日本に翌年帰り、武装蜂起することはなかった。
そのかわり、北鮮より「ロレックス」と「ベンツ」が与えられた。
金日成に完全に懐柔されてしまったのだ……。
「国際根拠地」としての北鮮は、最悪の選択であった。


この事件、俺にとっては人事ではないのである。
この日、俺(8歳)とその家族は、ジイチャンとバアチャンと共に、お袋の実家である宮崎への大旅行を敢行していた(宮崎からの帰りには「大阪万国博覧会」に立ち寄っている)。
千歳から羽田空港で乗り換えたのだが、一便遅れていたなら、この日本航空351便「よど号」に乗っていたのである!
タッチの差で、ハイジャック事件を体験できなかった……。

宮崎のバアチャン家に着いたら、このニュースを見ながら、親父が話題にしていたことをいまでも鮮明に覚えている。
宮崎へのお土産として、新巻鮭とジンギスカンを専用鍋とともに持参。
九州の人たちにジンギスカンは、口にあっただろうか?

余談だが、このボーイング727型機ってのは、少年であった俺の心を捉えたヒコーキであり、機体尾部の引き込み式タラップから降りたことは(空港名は失念)、いまでも自慢に思っている。


【蛇足】

03:20頃に連赤ネタあり。
当無礼ログの常連ならおわかりだろうが、重信房子は「よど号事件」も「あさま山荘事件」も関わっていないことをお断りしておく。
タグ:北朝鮮 左翼
posted by 死ぬのはやつらだ at 14:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンバレ左翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

1968年3月30日 「巨人の星」放送開始


ドヤ街の一家に、家庭内暴力、父親の酒乱、父子家庭、土方の父親……
地上波では放送できない内容だ…

札幌の子どもたちの間では、「巨人軍」(野球なのに軍隊だった)の人気は圧倒的であった。俺もご多分に漏れず、このアニメ(当時はテレビマンガだった)を見ていた。

遊びといったら、野球ってのが当たり前の時代だった。

親にねだって野球のユニフォームを買ってもらったが、背番号は「16」にしてもらった。いま思うと恥ずかしい。

ここ最近は、野球がアニメになることはないが、もし作るならどこの球団が選ばれるのか?
楽天の野村が主人公ってのどうかなぁ?

いまじゃぁ、野球っての、まったく興味が無い、と言いながら北海道日本ハムファイターズが優勝したときは嬉しかったりする……
posted by 死ぬのはやつらだ at 08:31| Comment(4) | TrackBack(0) | オッサンの昭和回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

1978年3月26日 三里塚開港阻止決戦


この日、青年・学生共闘(第4インター)、BUND戦旗派(荒派)、青年先鋒隊(プロ青同)のいわゆる「赤ヘル突入三派」が、三里塚空港の「包囲・投入・占拠」を実行し、管制塔を破壊。福田政権の最重要内政課題であった「3.30開港」を粉砕した。

このニュースは、かなり興奮して見た記憶がある。
「ヤッター」という気持ちで「スカッと」したのだ。
2年後に、高校の同じクラスの女子から過激派(第4インター)へのオルグをされるとは、この時はまったく想像しなかった。
タグ:左翼
posted by 死ぬのはやつらだ at 05:00| Comment(7) | TrackBack(2) | ガンバレ左翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

ぶらっと西荻窪

DSCF0441.JPG
かなりの悪質な冗談ポスター見ながら、西荻窪に行ってきた。
カワイイ女性に会うためである。(半分はホントウだ)

続きを読む
タグ:東京
posted by 死ぬのはやつらだ at 21:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 新・日本紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

横須賀タクシー運転手刺殺事件 脱走中の米兵の所属艦の名前判明!

タクシー運転手殺人、車内に脱走米兵のクレジットカード

 神奈川県横須賀市の路上に停車中のタクシー車内で、東京都品川区東品川、運転手高橋正昭さん(61)が刺殺されていた事件で、車内から在日米海軍横須賀基地所属の米兵のクレジットカードが見つかっていたことがわかった。

米軍関係者によると、この米兵は事件前から行方がわからなくなっていた脱走兵。横須賀署の特別捜査本部はこの米兵が何らかの事情を知っている可能性があるとみて行方を追っている。

 調べでは、高橋さんは19日午後9時20分ごろ、タクシーの運転席で、刃渡り約20センチの包丁が首に刺さった状態で発見された。包丁は左首の後方から肺に達するほど深く刺さっており、強い力でひと突きにされたらしい。

 車内で見つかったカードに外国人の名前が記されていたため、県警が米軍側に照会したところ、同基地所属で行方がわからなくなっている米兵のものであることが判明した。

 同基地は、現場から約500メートルと近距離にあり、現場周辺には米兵が利用する店などがある。(読売新聞)


またもや横須賀で事件だ。どうやら米兵が関与しているらしいな。
報道では「在日米海軍横須賀基地所属の米兵」となっているが、所属している軍艦の名前は公表されていない。

しかしだ、当無礼ログで何度も取り上げている在日米軍兵と情交している日本人女性or日本人妻の掲示板にバッチリ艦名がカキコミされていた。
在日米軍情報の垂れ流しが多いから、役に立つなw


以下、「横須賀ミリタリーフレンズ掲示板」より
http://free1.principle.jp/cbbs/yokosuka/cbbs.cgi#0

続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 13:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 悪の帝国アメリカ・日米安保という虚構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

『実録・連合赤軍』 若松監督が岡本公三にDVDを見せていた!

週刊朝日3/28号の若松監督インタビュー。

監督は、ベルリン映画祭の後に、ベイルートとレバノンに旅立っている。

目的は坂東國男と岡本公三に会うためだ。




続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 10:57| Comment(12) | TrackBack(2) | ガンバレ左翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

『3時のあなた』に出演した重信房子


『若松孝二 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』に掲載された重信の特別寄稿によれば…
72年3月、PFLP事務局に日本からの国際電話がかかった。
「『3時のあなた』の山口淑子と申します。赤軍派(正確には連合赤軍)が仲間を殺したのを御存知ですか。山田孝さんご存知ですか。この方が殺されました。あなたの御意見を聴かせてください」
重信房子は、連合赤軍による粛清リンチ事件を、日帝の手先であるフジテレビによって知らされたという。重信はその場でしゃがみ込み泣き続けた。
すぐに親友の遠山も殺されたことを知ることとなる。
夫の奥平は、号泣し、長征の一節を繰り返し読み続けたという…。

雪の降る日に巡る思いはあの時に
     なぜ我でなく君だったのか

『ジャスミンを銃口に 重信房子歌集』より

posted by 死ぬのはやつらだ at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバレ左翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

映画『実録・連合赤軍』を観ておいおいと泣く

32024766.JPG

夜中に家に帰ったが、いまだに映画から受けた衝撃は酷く、後遺症になりそうだ。

一言で言えば、連合赤軍幹部の残虐な行為に「ハラワタが煮えくり返る」内容だった。

何度、「このバカヤロー!」とスクリーンに向かって絶叫したかったことか……。







ネタバレ注意の続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 04:24| Comment(56) | TrackBack(17) | 映画/邦画・アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

映画『実録・連合赤軍』をあした観に行くぜ


とうとう待望の映画『実録・連合赤軍』が完成した。

俺は、明日、職場の若いのと一緒に観に行くことにした。こいつは、若いのに骨があるやつで、パンクロックとガンダムが俺との共通点だ。
今年は、酒、オンナ、博打と3点セットでこいつと楽しめそうだ。

さて、昨日発売の週刊金曜日に、若松監督の激白が載っていた。
DVDの版売権を1億円で譲渡してくれって人が現れた。だけどその条件が「加藤登紀子の音楽を使うこと」だと。丁重にお断りしたよ。そういうことを言う人は、ストーリーや配役にまで口を挟んでくるからね。

加藤登紀子の音楽なんぞ使ったら…最悪だったな。

さぁ、明日が楽しみだぁ。クソして寝よっとzzz
タグ:左翼 映画
posted by 死ぬのはやつらだ at 22:35| Comment(10) | TrackBack(0) | 映画/邦画・アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

1973年3月13日 国鉄高崎線上尾駅で集団暴動事件発生!


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%B0%BE%E4%BA%8B%E4%BB%B6

埼玉県人って気骨あったね。

これぐらい怒らないとだめだぁ。


【3/14追記】
この暴動に関しては、右翼団体「一水会」による大衆への扇動行動があったことを代表鈴木邦男が認めている。
「よし、暴動を起こそう!」「ストに怒っている人民を煽動し、労組を襲うのだ!」と決意した。そして計画し、実行した。背広にネクタイをして、バラバラに人民の間に入り、怒りの声をあげ、人民を煽動した。組合員を糾弾し、襲わせた。上尾暴動はこの時に起こった。いや、それを見て、思いついたのかもしれない。ともかく、〈暴動〉のいくつかは僕らが起こした。 それと共に、スプレーをもって電車内に入り、「スト反対!」「国労、動労のストを許すな!」とそこら中に大書した。窓や、ドアや、床に書きまくった。「ザマー見ろ!」と思った。電車の外側には労組員が「要求貫徹!」とか、いろんな政治的スローガンを書いている。だったら俺らもやっていいだろうと思った。面白いもので、乗客は誰も止めない。こっちが集団でドドドーッと乗り込み、黒のスプレーで、あたり中に書きまくるのだ。乗客は恐怖で竦み上がり、下を向いている。目を合わせては大変だと思っている。ニューヨークの地下鉄で暴れる不良どもと同じだった。実に気分がいい。何でも出来る。オレはスーパーマンだと思った。悪の魅力に酔った。いや、もともと、左翼の労組員が違法なストをやり、電車に落書きするのが悪いのだ。こっちはそれに反対して、「正当防衛」としてやってるだけだと思った。どこが正当防衛か分からないが、なに、捕まったっていいと思い、堂々と暴れた。でも乗客は誰も文句いわないし、乗務員に通報しようともしない。乗務員だって怖がって近よらない。 落書きするだけでなく、電車の中で演説した。「不法ストに対し立ち上がれ!」「暴動を起こせ!」とアジった。乗客は皆、ジーッと下を向いている。いらいらして、「なぜ立ち上がらないのだ!」「お前らは共産主義者の同調者か!」と怒鳴った。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/22
タグ:労組 暴動
posted by 死ぬのはやつらだ at 04:54| Comment(7) | TrackBack(1) | オッサンの昭和回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。