2008年02月28日

【イージス艦衝突事故】呼び出された航海長がイシバに語ったと予想される衝撃の真相

防衛省が海上保安庁に無断で事故当時の当直士官であった航海長を事情聴取していた問題が大きなこととなっている。

イシバの答弁が二転三転してメチャクチャ。とにかく不利な真相をなるべく隠したいという、「なだしお事故」にはじまる海上自衛隊の隠蔽体質が露骨に表れているわな。
こうした中、イシバの責任追及が野党から厳しく求められ、辞任を求める声が強まっている。

航海長をコッソリ呼んだイシバや海自幕僚幹部は何を聞き出し、口止めしたかったのか?

本日付けの日刊ゲンダイにて、海上自衛隊OBが明らかにされた状況から推測できる真相を語っている。

続きを読む
ラベル:石破茂 自衛隊
posted by 死ぬのはやつらだ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 防衛問題 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

【イージス艦衝突事件】しょこたんの発言が吹っ飛ぶほど酷いクライン孝子

カワイイしょこたんの発言が非難されているようだが…

騒げば良いというものでもなかんべぇ。

それよりも、こっちが酷いぞ。
「ゲス過ぎるぜ、クライン孝子たち」
http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20080226/1204016612

この記事によれば、クライン孝子が日記にて「イージス艦衝突事件」の漁協関係者を屈辱するメールを嬉々として取り上げている。
http://www2.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=119209&log=20080226

<<イージス艦問題の進展自体が納得いかないところが多々
あるように思います。
項目としてあげます,

(中略)

3. 漁協関係者をはじめ,漁師達がまったく自分たちの側の
責任を話題にも上げないこと。
彼ら自身がなんらかの回避行動をしたのか,
救命胴着は着用していたのか,

(中略)

5. 本日になって,あれだけ熱心に行方不明者の捜索に連日
出港していた漁船が,遺族側の申し入れ,と云うことで急に
捜索を中止したこと。

その収束の仕方も唐突で,あれだけ遺体確認に拘っていた
遺族及び漁業関係者が突然中止を申し出たこと。

6. そして,先生ご指摘の通り,遺体が発見できないこと。
これは,現場の海流のせいかもしれませんが,極端な想像を
すれば衝突した船には,衝突の時点で人が乗っていなかったか,
衝突後遺体が片付けられてしまったか不明です。
ミステリーの領域に入ってしまいますが。

7. 事件の進行と,マスコミ,漁業関係者の動きの早さが,
沖縄の諸事件と類似のパターンを描いていること。
バックに沖縄とおなじ団体なりが存在して,指揮を執っているの
ではないか,と思わせる統制ぶりです。

(中略)

いずれにしましても,先生が早くからご指摘なさったように
なんらかの介入があったのではないか,と考えざるを得ない
ところが多い事件だと思います.


これは酷すぎないか?
南京事件を無いこととするためにメチャクチャな論陣を張るネトウヨと同じ論法だし、「911陰謀論」を信じるバカ左翼とかわらないべや。
posted by 死ぬのはやつらだ at 23:05| Comment(2) | TrackBack(2) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1936年 2月26日 愛国心を持ったが故に若者が老人を殺害

DSCF0194.JPG
渋谷の国営放送の向かいにそれはある。

DSCF0192.JPG
そこは、彼らが銃殺刑にされた旧東京陸軍刑務所敷地跡である。

DSCF0193.JPG


家計を助けるために女郎屋に売られていった姉・妹の無念を晴らすために決起した気持ちは理解するし共感もあるが、勝手に軍隊を動かそうが、無抵抗の老人を殺そうが「国を愛する心さえあれば許される」と思った彼らは思い上がっていたといまは思う。


撮影したのは去年。渋谷の温泉施設が爆発した前日であった。
ラベル:二・二六事件
posted by 死ぬのはやつらだ at 21:36| Comment(8) | TrackBack(0) | 大日本帝国と戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

軍艦「あたご」艦長の謝罪はないのか?

自国漁船に体当たり攻撃をした軍艦「あたご」の艦長は、

船渡健

「船渡」、まさに船乗りが天性の職といわんばかりの良い名前じゃないか。防衛大卒のエリートさんだ。

素朴な疑問だが、なぜ最高責任者「イシバ」と共に、被害者家族のもとに出向き、頭を下げないのか?

新聞の記事では「見張りの見逃し」などと、部下の失態ばかりが書かれているが、「あたご」は、あんたの船だ。

たぶん、艦長さんは事故当時に寝ていたんだろう。午前4時だもんね、ぐっすりとね。そして、事故の状況を把握せずにいたのではないか?

海上自衛隊としても、そのような艦長をマスゴミにさらけ出す事を躊躇しているのだろうと思うよ。

内輪で固まり、社会の目を意識できなくなった組織が武装しているのなら言語道断だ。イージス艦って「キチガイに刃物」じゃないの?

東郷平八郎元帥は、草葉の陰で憤っているはずだ!
ラベル:自衛隊 海軍
posted by 死ぬのはやつらだ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 防衛問題 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三浦和義は残念なやつだったな(康芳夫)

三浦和義容疑者を逮捕 妻の一美さん殺害容疑
2008年2月24日 01時31分

 【ロサンゼルス23日共同】米ロサンゼルス市警は23日、1981年11月にロサンゼルスで起きた銃撃事件で妻を殺害したとして、殺人と共謀の容疑で会社役員三浦和義容疑者(60)が米国自治領のサイパン島の空港で22日午後、事件から約27年後に逮捕されたと発表した。米紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)は23日、ロサンゼルスで裁判を受ける可能性があると伝えた。日本の政府関係者と捜査当局も逮捕を確認した。

 日本の捜査当局によると、米国の捜査当局は「新証拠が見つかり、逮捕に踏み切った」と話したという。

 米国の法律では殺人罪に時効はない。ロサンゼルス市警によると、長期未解決事件の捜査班は、同容疑者がサイパン島を訪れるとみてサイパン当局と捜査協力していた。

 市警などはサイパン当局に同容疑者の身柄引き渡しを求めているが、発表によると、移送手続きは未定。


ロス疑惑の三浦が逮捕されたのは寝耳に水の出来事。国営放送もトップニュースで扱っていたな。「米国の法律では殺人罪に時効はない」ってのは日本の司法制度も見習って良いと思うけどね。

ところでロス疑惑の最中に、週刊プレイボーイで『三浦和義のアナーキー人生相談』って箆棒な連載があったのを覚えているかい?
それを企画したのが、サルと人間のアイノコ「オリバー君」とか「猪木・アリ戦」の仕掛け人、自称「虚業家」の康芳夫(こうよしお)氏だ。

続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 06:32| Comment(19) | TrackBack(7) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

在沖縄米軍の外出禁止令は既に破られている!

外出禁止25日解除 在沖米軍

在沖米軍は、米兵女子中学生暴行事件とその後の米海兵隊員の事件続発を受け、20日朝から実施している全米軍関係者を対象とした外出禁止令を、週明け25日から解除する方針であることが20日、分かった。米軍基地関係者や政府関係者が明らかにした。
20日未明の発表で米軍は禁止期間を「無期限」としていたが、わずか5日間の短期間の禁足令にとどまることになる。20日の再発防止策で「反省の日」と設定した22日に米空軍嘉手納基地で滑走路修復訓練を設定するなど、米軍側の再発防止に臨む姿勢があらためて問われることになりそうだ。(2/21 9:34 琉球新報)

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-31529-storytopic-1.html

まったくふざけた「ウジ虫」どもだ。

そして、既に「外出禁止令」を無視している米兵も存在し、「全米軍関係者を対象とした外出禁止令」なので、その日本人妻も同様に「外出禁止」であるにもかかわらず、やつら「パンパン」は「米兵だけに適用じゃないの?」と騒ぎ、「沖縄のミリタリーフレンズ掲示板」に書き込んでいることがわかった。
http://free1.principle.jp/cbbs/military/cbbs.cgi#1


続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 15:11| Comment(12) | TrackBack(1) | 悪の帝国アメリカ・日米安保という虚構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ウジ虫」からスタートする米海兵隊員

沖縄の米海兵隊員による不祥事が「少女暴行事件」後も続いている。

2/17沖縄米海兵隊員酒飲み運転で逮捕

2/18沖縄米海兵隊員、住居不法侵入で逮捕

2/19在沖縄米海兵隊員、偽ドル偽造容疑で書類送検

過酷な訓練を経て、一人前の「殺し屋」となった海兵隊員よ、初心に戻れ。
貴様らは、パパの精液がシーツのシミになり、ママの割れ目に残ったカスであったはずだ。

続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 07:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 悪の帝国アメリカ・日米安保という虚構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

1965年2月21日-プリンス自動車工業、スカイライン2000GTを発売

プリンスはこのスカイライン2000GTを第2回日本グランプリに出場させる。ドライバーは生沢徹。プリンスは勝利を確信していた。
ところが式場壮吉はポルシェ904カレラGTSで出場する。性能は天と地の差で、ポルシェ904にとってスカイラインなんぞ、走るシケインでしかなかった。
レース開始前にプリンス陣営は勝利の夢をもぎ取られることとなる。
ところが1週だけ、スカイラインがポルシェを抜くこととなる。

所謂「スカイライン伝説」は、ここからはじまったのだが、プリンスのスカイラインは販売不振で経営が悪化。通産省のお膳立てで、プリンスは日産に吸収されることとなる。
以降、旧プリンスの技術者と日産技術者の確執は続き、碌なクルマを出せずにホンダの後塵を浴びる万年3位のメーカーになりましたとさ。

なお、式場壮吉の妻は欧陽菲菲である。
posted by 死ぬのはやつらだ at 15:04| Comment(5) | TrackBack(0) | クルマっす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1965年2月21日 偉大なるマルコムX 暗殺される


映像は1965年2月21日、ニューヨークはマンハッタンのオードゥボン舞踊場での演説会でマルコムXが暗殺された直後の映像である。
彼は至近距離からショットガンで撃たれた後、ピストルで発射された15発の弾を受け死亡した。
posted by 死ぬのはやつらだ at 08:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 悪の帝国アメリカ・日米安保という虚構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

米兵と結婚した日本人妻が日本人男性に聞かれること

またまた「沖縄のミリタリーフレンズ」からのネタ。
http://free1.principle.jp/cbbs/military/cbbs.cgi#1
一番嫌な思いしたのは、黒か白かと聞かれたり、驚かれたりすることじゃなく、アメリカ人と結婚してると言ったら、「やっぱりチン0大きいの?」とか「日本人のチン0では、満足できないんだ・・」と日本人男性(大体職場の上司)に言われることですね。(日本各地にて。。)
若い頃は「そんなことないです・・」で済ましてましたが、
30過ぎた今はっきり「はいそうですね!日本人のチン0は小さすぎて相手にならない」と言ってやったり、開きなおったり。(なんて私意地悪なんでしょ)
チン0の大きさで結婚相手を見つける人がこの世にいるんでしょか??
私と似たようなこと言われた人いませんか??

ありますあります。私は以前アフロアメリカンの方とおつきあいして
いましたが、まず必ず「さそがし大きいんだろうねぇ。。。」とか
いろいろ言われました。はっきり言って大きさなんて日本人でも
「うそー、無理!」って位大きい方もいらっしゃいますし、アフロアメリカンでも「うそー、マジで?」って位お粗末な方もいらっしゃると
思うのですが、アフロアメリカン=大きいと皆さん思われるんですよねぇ。
なぜかしら?

これは、チンコが外に露出しているから、どうしても大きさが気になるのからかもしれんな。
オ○ンコは股開かない限り、何もわからんし……。
まっ、オトコの哀しい習性やから、許してやったって!

俺が以前付き合っていた女性、小学生の息子がいたんだが、何か息子が弱音をはくと、「チンコついているんでしょ」って言ってた。

チンコがついているだけで、オトコって女性に煽てられて生きるしかないのかも。
posted by 死ぬのはやつらだ at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。