2006年01月31日

米帝サンフランシスコ市 1月26日を創価学会の日に決定

アメリカ・サンフランシスコ市が1月26日を「SGIの日」に決定 (聖教2006/1/30) 12:58

サンフランシスコ文化会館の改装オープン記念式典が1月22日、隣接のサンフランシスコ池田講堂で約700人の地元メンバーが参加して行われた。その席上、スコット・オズワルド市長代理からアメリカSGIの代表に、1月26日を「SGIの日」とする宣言書が授与された。


シスコの市長、ドラッグで脳みそ流れ落ちたのか? いまに日本の祝日に池田大作の誕生日が制定される日も近い? 


posted by 死ぬのはやつらだ at 15:10| 東京 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 創価学会/公明党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WHITE TRASH WORLD

wtwbannerfugly.gif

映画ミリオンダラーベイビーに出てきたような、いわゆる、米国白人最底辺階級の文化を紹介しているサイトだ。

http://www.whitetrashworld.com/

White Trash World is a celebration of an American lifestyle.

Hard working, blue-collar people lovin' and livin' the American dream in their own way. Loud music, big engines, cold beer and hot chicks are a way of life. It's a culture filled with simple pleasures: jacked-up trucks, wine in boxes, pro-wresting, bikini contests and rock n' roll. Who cares what anybody else thinks as long as you're having a good time.


馬鹿顔の糞ネーチャンの写真や、危険なアニメ、恐ろしく健康に悪い料理の数々などなど、ブッシュを支援しているクズどもの生態がわかるよ。

posted by 死ぬのはやつらだ at 04:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人は餓鬼大将 支那人はまじめなる大人である

20051220s1.jpg

「日本人は人のいい子供で、餓鬼大将である。支那人はまじめなる大人である」

昭和20年7月11日(水)曇時々雨。山田風太郎の日記より続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 03:58| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

女系論争に乗じて維新革命を!

hirohitomed.jpg

民族派と極左暴力集団の諸君! 本気で革命を起こす気があるのなら、天皇につけ!

今月のサイゾーは面白い。
『日本一カゲキな皇室・女帝論』で鈴木邦男さんが噂の真相岡留と激論。

宮台真司も第2維新論をぶちまけた!続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 04:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | やんごとなき人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ついに浅草東宝閉館 オールナイト最後は喜八監督特集だ

浅草六区 封切館の灯消える
『東宝劇場』今月で閉館
 

 かつて「浅草六区」と呼ばれた、台東区浅草の六区ブロードウェイにある老舗映画館「浅草東宝劇場」が、設備の老朽化などを理由に今月いっぱいで閉館する。数年前、松竹と東映の映画館が相次いで撤退して以来、浅草で唯一の封切館だった。地元では運営する東京楽天地(本社・墨田区)に「もっと頑張ってほしかった」と、惜しむ声があがっている。残る映画館は、浅草中映劇場の五つのスクリーンのみとなる。 (丹治 早智子)

 「日本で最初に映画常設館が誕生したのは浅草六区。いわば映画発祥の地。その伝統が失われるようで、実に寂しい」。こう嘆くのは、元役者で「浅草がんばる会」の河野通夫会長(60)。

 明治から昭和三十年代末ごろまで、都内最大の繁華街としてにぎわった浅草六区。戦後の最盛期にはわずか三百メートルほどの通りに、映画館だけでも二十軒以上が軒を連ねていた。

 東宝が浅草に進出したのは戦後間もなく。戦災で焼失した浅草寺の復興資金に充てるため、埋め立てられたひょうたん池の一部を、東宝の創設者、故小林一三氏の意向を受け、楽天地が買い取り浅草宝塚劇場を開業。これを皮切りに映画館やスポーツランドなどを次々と建設、浅草娯楽街の拡大に拍車をかけた。

 浅草東宝劇場は一九六四年に開館。後にボウリング場とゲームセンターを併設。今では珍しい、70ミリフィルムが映写できる巨大スクリーンを持つ。

 同劇場の西尾真支配人は「今や“シネコン”が主流で、映画館のあり方も変わってきた。これも時代の流れ」と話す。閉館するのは映画館のみで、ボウリング場などはこれまで通り営業を続ける。

 浅草演芸ホールや東洋館などを運営する東洋興業の松倉由幸社長(42)は「今後は、町の人の意見を聞きながら、浅草六区にふさわしい跡地利用を楽天地に申し入れていきたい」という。

 同館では二十八日から最終日までの四日間、特別上映を実施する。開館以来、観客動員数が多かった「東京オリンピック」(市川崑監督、六五年公開)、「日本沈没」(森谷司郎監督、七三年公開)など十作品を選び、日替わりで上映する。入館料五百円。

 問い合わせは同劇場=電(3844)3141=へ。(中日新聞)



ついにというか、とうとうこの日が来てしまった。浅草東宝最後のオールナイトは、1周忌を祈念して『ラストナイトはフォービートで行こう! 〜岡本 喜八 傑作特集〜』であった。続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 02:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画/邦画・アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

大作が金でもらった184の名誉学位に偽装設計でお布施払った姉歯も貢献

姉歯からのお布施、とっとと返金したほうがいいんでないかい?続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 04:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 創価学会/公明党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

【映画秘宝】2005ベスト&トホホ10で選ばれた死んでほしい奴

hiho0603.gif

中学生感覚でベスト10を選ぶ映画雑誌 映画秘宝3月号に、恒例企画年間ベスト&トホホ10が発表されたぞい。続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 04:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

株はもともと怪しい人がするものですが……

素人が手を出しちゃいけませんな。

もともと株なんてものは、仕手筋などそのスジの人たちが儲けるためにあるもの。

30万人だかいる、ライブドアに踊らされた愚か者のブログがあります。当然ながらライブドアブログ。もともとは「株でもうすぐ1億円達成! 現在7000万円」という題がついていたのですが……

http://blog.livedoor.jp/easygame/

「見ていただければ私がどれだけすごいかがわかると思いますが、100万円の元手から始めて8ヶ月で7000万円! 達成しました」などとヘッドで自分もホリエモン気取りになっていたのですが……
posted by 死ぬのはやつらだ at 16:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

【堀江逮捕】ざまぁミロ 金満デブは血祭りに!

いまごろ、東京拘置所は消灯時間。金満デブ堀江は、株価もチェックできずに堀の中でセンズリでもこいてるんでしょうか? ククッ。

家賃220万円から、日も当たらない3畳足らずの独居房生活。腰縄巻かれ、呼び名は堀江社長から番号で呼ばれ、肛門に指入れられ点検! 便所掃除は当たり前、ウンコするにも刑務官の許可なしにはタレることもできない拘禁生活に耐えられるかな? おりしも、奈良の幼女殺害事件の容疑者も、精神鑑定で東京拘置所にいるというから、もしかしたら隣の房だったりして。

正月番組で、胡散臭い占いババァが歯の浮くようなホリエ賛美をしてたな。

証券取引法違反で家宅捜索されたライブドアの騒動は各界への波紋が広がるばかり。今も堀江貴文社長(33)のキナ臭い話が次から次に流れ、どこもかしこもパニック状態だ。それにしても、以前から“疑惑の宝庫”だったホリエモンがこうなることを予測できなかったのか。
 こんなホリエモンを占ったのが六星占術の細木数子(67)。細木は正月の特番に出まくり、ホリエモンとも共演している。果たして当たっているのか、外れているのか。1月6日放送の「幸せって何だっけ カズカズの宝話 新春緊急スペシャル」(フジテレビ)をチェックすると――。

 細木はまず「堀江貴文は日本を変える良い魂と腹を持っている」と絶賛して、経済界のふがいなさを嘆き、ホリエモンに「真の実を取った経済界をつくってほしい」「リーダーとしての資質をこれからつけていかなきゃいけない」と熱く語った

 また、細木はホリエモンの質問にこう答えた。「いつ世界一になれるか」という問いに、細木は「私の言うことを聞かないとなれない。十中八九なれる要素はあります」と回答。次に「06年は新規事業で一発ブチかまそうと思っているが、うまくいくか」という問いに、細木は「ブチかませる」と太鼓判を押した。

 さらに「再び選挙があった場合、立候補すべきか」という問いには「絶対出ちゃダメ」と大反対してみせた。

 ホリエモンは今後の捜査次第で逮捕される可能性もある。新規ビジネスをうんぬんする状況にまったくない。そんなホリエモンが選挙に担ぎ出されることも考えられない。要するに細木の予言はことごとく外れてしまったことになる。そもそもライブドアが危機的な状況になることを一切予言していないのだから、話にならない。

 視聴者も細木の占いなど「どうせ口からでまかせのおしゃべり」程度としかみていないだろう。ただ、ここまで外しまくると「オバサン、少しは反省したら……」と言いたくなる。(1/23日刊ゲンダイ)


まっ、こんなババァにおだてられた時点で金満デブの運気は急降下だったんだなぁ。

そういえば、年末には自家用ジェット機を購入した6頭身金満デブは、下着通販会社ピーチ・ジョンの女社長に、8頭身の吉川ひなのを紹介されパラオでモチョモチョしたらしい。

6頭身のガマガエルの気持ち悪さはさておき、なぜ東京地検はライブドアの強制捜査に踏み切ったのだろうか。



金満デブの凋落 続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 23:13| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(6) | 国賊・亡国の輩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

『神武天皇』はウソ『神武大王』が正解 トホホ殿下よ、国史をお勉強し直しなさいませ!

文春2月号記事『天皇さま その血の重み』での寛仁親王のトホホ発言。あまりにも無知なウメボシ殿下の暴言に苦言を少々。続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 22:11| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(1) | 日本とは何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。