2004年04月27日

テレビ・新聞が報じない「イラク人質家族」吊るし上げ会見!!

『週刊現代』vol.46 (No.19) 2004/05/8・15合併号より

-----------------------------------------------------------

[pp.274-277] 全日本人必読 この剥き出しの敵意は何なのか
テレビ・新聞が報じない「人質家族」吊るし上げ会見!!
空港に「自業自得」のプラカード 「ヤク中のくせに」と罵倒されて

「帰国後の信条としては1%の安堵と99%の不安を感じる」と高藤修一さんは言う. 自己責任をめぐる議論は過熱する一方だ. しかし, この3人へのバッシングは, 政府の「自己の責任を他者に転嫁する」姿勢が発端だ. そもそもの原因は人質にはない. 本当に責任を取るべきは誰なのか---. そのことを冷静に考えてみよう.続きを読む
ラベル:イラク マスコミ
posted by 死ぬのはやつらだ at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月25日

師団長勘違い発言 イラクの状況を家族に説明「悪影響を及ぼす勢力をいかに押さえるかが課題だ」

師団長殿「悪影響を及ぼす勢力」とは、どう考えても「米軍」ではないのか?それと「押さえる」とはどういう意味なのか?自衛隊は「悪影響を及ぼす勢力」の掃討作戦を行うということなのか?続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 防衛問題 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月23日

「自己責任」を振り回すヤツが、自分の発言に「自己責任」を取るのか?

「週刊ダイヤモンド」Webサイト「続・憂国呆談」浅田彰氏

<「イラク人質問題をめぐる緊急発言」update版>より

それにしても、この一週間、「2ちゃんねる」を中心に荒れ狂った3人の人質や家族へのバッシングは醜悪そのものだったね。

自分があたかも政府高官かなんかになったかのような誇大妄想に駆られて、やたらと「国益」なんかを論じたがるやつが多い。

そもそも国家が国民を保護するってとき、それがどういう人間かなんて関係ない、すべての国民を保護する義務があるんだから。しかも部分的であれ救出費用を請求するなんて、政府は民間警備会社かっての。続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「自己責任」はどうした!「自国の歴史に誇りをもとう」という輩に限って、不埒者が多い矛盾

<国民年金>中川経産相ら3閣僚が保険料を未払い

年金不払い国会議員問題に取り組む

「年金不払い国会議員を知ったとき、この政治家では日本を誇りに思う子供は育たないと危機感を持った」年金不払い国会議員問題に取り組むことになったきっかけを昭一議員はそう振り返ります。昭一議員は、超党派の国会議員で組織した「年金不払い国会議員を考える超党派の会」の会長を務めました。
 昭一議員の立場は一貫しています。「日本のためにがんばろうという健全な精神を養う政治家を」「年金未払い議員に年金改革を叫ぶ資格なし」ということです。
 日本の未来を託す子供たちには、年金の歴史に誇りと愛情を抱くようになってほしい。そうした願いから昭一議員は今後も活動を続ける気持ちを固めています。
続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アホ ブッシュよあまりにも気軽に神様という言葉を使うな

ちょっと古いが月刊プレイボーイに載った、
最高のアメリカ人の一人、
マイケル・ムーアのインタビュー。
意外と思われるかもしれないが、彼は敬虔な「カトリック教徒」なのである。

カトリック信者の立場から、キリスト教原理主義者であるブッシュを痛烈に批判する。
続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 悪の帝国アメリカ・日米安保という虚構 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

崇仁親王 兄貴と違ってあんたは偉い

NHKラジオ「ラジオ深夜便」にて
三笠宮(88)が「大正、昭和から平成へ」という題で大いに語った。
内容は「よしりん派」諸君が信ずる内容とは大違いで、自ら陸軍参謀として従軍した経験から、日本軍を的確に「批判」。在日にも思いをはせ、プライベートなこともあからさまに答えている、大変興味深いものである。
続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | やんごとなき人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月21日

イラク人質の渡辺さん帰国で、外務省が親子の対話を阻止

今朝のテレ朝「ワイドショー」で流れた映像はなんだ。

昨日の渡辺さんの帰国で、空港での騒乱が凄かったな。渡辺さんは「ファルージャでの悲劇を伝えないと」とイラク再入国を示唆する発言。方や親御さんは「泣きながら」やめなさいと。続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月10日

「政治は非情」って安易に逝ってくれた久間幹事長代理

自民党防衛族議員の久間章生幹事長代理が人質家族にスバラシイ言葉を発した。
曰く「政治は非情」と、
ところがこの偽善者には数々の疑惑があり、ある意味ムネオより凄まじい悪行の限りをつくしている。続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

圧力団体拉致家族会支持者の嫉妬

拉致家族会を名乗る圧力団体支持者の嫉妬勝谷誠彦が、妄想で「拉致家族」と「イラク人質家族」を比べて怒っている。
勝谷誠彦がweb日記で、今回の「イラク邦人人質」事件に関し、次のように書いている。


続きを読む
posted by 死ぬのはやつらだ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | この国のスバラシイ国民と社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拉致家族会を名乗る圧力団体支持者の嫉妬

勝谷誠彦が、妄想で「拉致家族」と「イラク人質家族」を比べて怒っている。続きを読む
ラベル:勝谷誠彦 イラク
posted by 死ぬのはやつらだ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国賊・亡国の輩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。